Home> なんとなくレジン > | 歯内療法日記 > レジン治療後に歯髄炎

レジン治療後に歯髄炎

こんな「動画」を作りました。

http://www.youtube.com/watch?v=1oZrxLgFs0I&feature=feedu

 

虫歯の治療後、1年経過して「痛い」と言われ来院された方のケースです。

1 術前.jpg

 銀歯の下に虫歯があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 白くレジンで治療を行いました。

 

 

 しかし、 

 1年後「痛い」と来院 

2 術前.jpg

レジン充填直後 1年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気歯髄診断などを行うと、神経の反応は非常に弱く神経を取る必要が出てきました。。。

 

 

3 術中.jpg

4mmの穴を開けて根管治療 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 根充後

aaaaaaa.JPG 

 

 

レントゲン

図2.jpg

 

 

 

 

 

 4本綺麗に根管充填終了!! (^∀^ )

 

 

4 術後.jpg

4mmの穴をレジン充填 

 

 1色目:ビルドイット(オペーシャス・ホワイト)

 2色目:マジェスティーLV(OA3)

 3色目:プレミス(クリアー)

 

 以上

3色で充填を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 動画:【4mmの穴から行う根管治療 抜髄】

エンド レジン.jpg 

動画:http://www.youtube.com/watch?v=1oZrxLgFs0I

 

 

 

 神経はできる限り残したいですね (>人<;)

ただ、治療直後は痛みがなくても、稀にしばらく経過してからこのようなことが起こってしまうことがあります。

 

 

神経の治療にもこのタイミングでという所があります、

神経を取るのが嫌だということで放置しておくと・・・

 

今度は抜歯のリスクが大きくなってしまいます (。-`ω-)ンー

歯の神経を残されたい方へ注意事項  ←神経を残したい方は是非!!

 

 

 これまた特殊なケースをあげましたが、現代の器具を用いればこんなことは可能ですφ(ゝc_,・*)

 

 (スタンダードな所をベースにした特殊な治療、アプローチが好きなもので(。`・ω・)) 

関連エントリー

Index of all entries

Home> なんとなくレジン > | 歯内療法日記 > レジン治療後に歯髄炎

購読
Powerd By

Return to page top