Home> 井野セミナー 案内アーカイブ

井野セミナー 案内の最近のブログ記事

第10回「顕微鏡レジンハンズオン」 無事終了!

2018年から始めた顕微鏡を使ったレジン充填

DSC06371.jpg

無事最終回を終えることができました。

 

参加して頂いた先生方お疲れさまでした。

天然歯での充填で色々難しかった所もあったと思いますが、

何度も繰り返し、口腔内写真で次の修正ポイントを見つけるを繰り返してもらい

よりリアルな形態を追求してください。

 

アンケートもありがとうございました。

満場で「大変良かった」と回答頂き安心しました。

 

感想

フリーでフローを盛って行くのが難しかった。練習します。

自信を持って自費を勧められるようにようになりました。

実習が多くて良かったです。

CRの色調、積層の方法などがとても勉強になりました。

最初は出来るか不安だったが、実習が何回もあり上達出来ているのが実感できた。

想像の100倍楽しかった。

個人の技量の差が出にくい分かりやすい簡便な充填方法が学べた。

裂溝、隆線の作り方が頭の中のイメージと繋がった。

優しく丁寧に教えて頂きブログのままのイメージの素敵な先生だなと思いました。

 

 

後、頂いた意見としては、

会場の中央の席の顕微鏡が邪魔で正面のモニターが見にくい。

 

これは以前にも同じ内容の意見を頂いたので、改善をしていただけるようにします。

貴重なご意見ありがとうございましたm(_ _ )m

  

第0回から、第10回まで参加した頂いた先生方ありがとうございました。

少しでも臨床の役に立てれば幸いです。

これにて、私のレジンハンズオンセミナーは一旦終了とさせて頂きます。 

 

次回は11月7日 第3回「超実習型エンドハンズオン」を行います。

参加して頂く先生方抜去歯の準備の方をよろしくお願いします(^。^)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第10回 顕微鏡レジンハンズオン(最終回)

とうとう最終回になりました!

 

事務局から

 

9月12日井野先生のCR実習会に参加される先生方へ

 

お世話になります。知立研修会事務局です。

開催まであと数日となりました。会場、時間、ご持参品のご案内です。

  

知立研修センター(名鉄知立駅南口下車徒歩5分です。)

愛知県知立市池端2-15 池端ビル2F

ナビは「ミニミニ知立店」で検索してください。ミニミニの2階です。

お車でお越しの先生は近隣に¥700~¥900/日 のコインパーキングがあります。

(当日連絡先 藤崎 090-4792-7363)

コンビニは知立研修センター前にファミリーマートがあります。

お昼はその横の「クローバー」での昼食となります。 

 

研修室は開場8時半を予定しております。

研修会 9時00分~17時00分頃

質疑応答会 17時00分頃~18時00分頃

  

改めて持参品等のご連絡をさせていただきます。

①天然歯牙湿潤化で持参下さい。

上顎大臼歯 1級窩洞を削ったものを2本 

下顎大臼歯 1級窩洞を削ったものを2本  2級窩洞を削ったものを1本

智歯でもかまいません。 カリエスを取ってきてください。

http://eedental.jp/ee_diary/2019/02/post-1873.html

歯牙の変色を防ぐため水の入った容器・瓶に入れるなど湿潤化で保管・持参下さい。   

天然歯牙だけは研修室で代わりを用意できませんのでお忘れないようにご持参ください。

 

② 等倍速のハンドピース(研修室に備品はあります)

③ 5倍速のハンドピース(研修室に備品はあります)

④ プロフィン(※持っている方のみ)

⑥ 筆記用具

⑦ デジタルカメラ(スライド撮影用)

⑧ 実習着(必要に応じて)

 

研修会終了後 自由参加の質疑応答会を予定しております。

ご質問はCR以外のエンド・自費診療・ブログ内容など何でも良いとのことです!

自由参加、途中退席可能ですので是非ご参加ください。

(感染拡大予防の観点からお飲み物だけの提供となります。ご了承ください。)

  

その他ご不明点等がありましたら何なりとお申し付けください。

 

研修会事務局

藤崎貴博

090-4792-7363

 

よろしくお願いします。

  

  

思い返すと研修室もまだ出来ていなかった第0回

第0回「顕微鏡レジンハンズオンセミナー」おつかれさまでした! - EE DENTAL_Blog

   

当初の予定通り3年で区切りとさせていただきました。

2021年からエンドの方を始めさせて頂くようになったので

エンドの方のセミナーを主に行って行きたいと思います。

*たぶんこちらも3~4年で疲れて辞めると思います(笑)  

  

次回が最後なので一番内容が煮詰まった濃い回にしたいと思います。

参加される先生よろしくお願いしますm(_ _ )m

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第2回「超実習型エンドハンズオン」終了!

参加して頂いた先生方お疲れさまでした。

朝8:45~18:45まで10時間拘束の地獄のハンズオン

(休憩時間 昼35分 5分休憩×3回)

2021 endo2.jpg

無事終わりました。

  

またアンケートもありがとうございました。

 

皆さんとても満足して頂けたようで安心しました。

やはり受講して頂いた先生の満足度というのもの気になっております。

20万も支払って「収穫なし」は避けたいですからね(笑)

   

難易度ですが、皆さん「まぁまぁ難しかった」と回答があり

セミナー設定としてはバッチリだったと思います。

透明模型1本、抜髄4本(小臼歯1本・大臼歯3本)、感染根管2本(小臼歯1本・大臼歯1本)

というかなりのハードモードで皆さん口を揃え「メチャ疲れた・・・」

  

ただ、最後には50分の持ち時間で

S先生

1suzuki takanori_210829164535073.jpg1suzuki takanori_210829164605143.jpg

M先生

2muraki_210829164705626.jpg 2muraki_210829164738284.jpg

T先生

3torii_210829165002762.jpg 3torii_210829165135461.jpg

F先生

4fukuchi_210829165213720.jpg 4fukuchi_210829165241034.jpg

S先生

5sakuma_210829165313340.jpg 5sakuma_210829165337225.jpg

T先生

6tsukuda_210829165406656.jpg 6tsukuda_210829165434325.jpg

S先生

7suzuki hiroyuki_210829165503999.jpg 7suzuki hiroyuki_210829165528595.jpg

 

皆さんバッチリだと思います、普段の臨床に落とし込んで行ってください。

 

道具の方もなるべく最初は同じものを使用された方がいいかと思います。

すぐに我流に持って行くとまた普段の癖が出てしまい、元の木阿弥にならないように注意してください。 

 

 

次回のセミナーを受講して頂く先生の参考の為に、

今回受講して頂いた先生方が何を得ることができたか参考にしてください。

感想:

・特に印象に残ったのは、基本を忠実に行うということです。
治療の各ステップを確実に行うことが、治療の成功に繋がることがよく分かりました。
日常臨床では時間に追われ、とりあえず次に進めてしまうようなシーンが多々ありますが、上手くいくのはたまたまであって、各ステップを一つ一つ正確に行うことが成功への近道と感じました。

・受講の理由は穿痛のコツの習得だったので、先生のおかげで、自分の手指の感覚を客観的に評価することができました。受講したことが大いに役 立つように頑張りたいと思います。

・湾曲根管をシステマチックにトラブルを回避しながら拡大する方法が掴めたような気がします。

・かなり攻めた使い方をしたのにファイルが折れなかったので、今使ってるシステムから乗り換えたいです

・バーチカルでRCFしたケースだと根充直後でも根尖のGPがなかなか取れず苦労していたのですが、今回習った術式だと楽に取れたので今後の臨床が少し楽になりそうです。

・穿通のやり方、プロテーパーゴールドを使用しての根管拡大、GPの除去の仕方、が特に印象に残りました。

・以前から井野先生のエンドの実習セミナーが開催されたら受講させて頂きたいと思ってましたので、今回初めてエンドセミナー受講出来てとても良かったです。

・いつも使っていますが、曲がったりしたファイルを指で伸ばして使ったりしてます。実習では曲がったらすぐに新しいファイルに変えてたくさん使用させて頂けました。新しいファイルはとても実習がやりやすかったです。8番や10番のファイルは新しい物を積極的に使おうと思いました。

・セミナー内容も資料等を分かりやすくまとめて頂き、ハンズオンも少しずつ難易度を上げて反復練習させて頂き徐々に道具や術式になれていけました。時間制限を細かくして頂いて集中して実習出来ました。一日で抜去歯をこんなに沢山根管治療した事が無かったので疲れましたが、とても充実した時間が過ごせました。質疑応答もエンド以外の内容も詳しく教えて頂きとても参考になりました。いつも分かりやすくセミナーをして頂きありがとうございます。

・使用器具では特にレプシロが印象に残りました。今まではプログライダーを使用していましたが、細いファイルの回転運動での使用のため破折のリスクが高い作業でした。今回使用したコントラはレプシロ運動で外側を広げながらグライドパスを形成できるのでプログライダーよりリスクが少なく、さらに次のステップで使用するロータリーNiTiファイルへの負荷を軽減できる点が印象に残りました。

・根管治療を複雑にしてしまう原因の一つはレッジですが、そもそも抜髄におけるレッジは術者が作ってしまうものなので、結局のところ自ら治療を難しくしてしまっている。レッジが生じる原因を理解し、レッジを生じるようなファイル操作を行わない点が研修を通してとても大切なことと改めて認識できました。

・1日を通して多くの知識を得ることができました。特に実習を多く行っていただいたおかげで器具の使用方法、使用ステップ繰り返し確認できましたので、最後の実習では自然にマニュアル通りの処置が行えるようになっていました。

 

感想ありがとうございました。

皆さん伝えたいことを習得して頂けたようで安心しました。

 

そうなんですよ、抜髄に関しては術者のエラーで治療の難易度を自ら上げている現実

エラーが起こりにくい方法というのを今回説明させて頂きました。

2021 endo0.jpg    

1日お疲れさまでした!

たぶん、一番疲れたセミナーになったと思います(笑)

  

 

次回は9月12日に第3回「顕微鏡レジンハンズオン」(最後)を行います。

スタートは9時となりますので寝坊しないようお気をつけください(笑) 

今後スタートを早めて、終了を18時半にしたいと思います。

*先生方の帰りの新幹線、飛行機の関係で早めに終わります。

   

 

最後に、  

2022年のセミナーですが、ありがたいことに定員となりましたので

募集の方を打ち切らせて頂きたいと思います。

出遅れてしまった先生はまた2023年も同様のセミナーを行いますので来年の募集までお待ちください。

また2022年のキャンセル待ちなどしたい先生は

sgpa.agm@gmail.com  までご連絡ください。

キャンセルが出ましたら事務局の方から連絡してもらいます。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第2回「超実習型エンドハンズオン」

週末にも緊急事態宣言が出る雰囲気がありますね。

インフルエンザのように夏場はコロナ多少落ち着くと予想していたのですが、思惑が外れました。

   

今週末の8月29日なのですが、

感染対策を行い、小規模の6名で実習セミナーを行う予定ではいます。

   

もし参加予定の先生で、ちょっと今回は止めておきたいという先生は

来年に振替を行いますので、事務局の方に日にち変更の連絡をして頂けますでしょうか。

  

今日時点の2022年の空き枠です。

4月10日 残り1席

5月15日 残り3席

6月12日 残り0席

となります。

 

よろしくお願いします。

 

今回のことで、

飲食関係の方はこのような急転直下の宣言で大変だろうなとつくづく思いました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2022年「超実習型エンドハンズオン」受講募集のお知らせ

お待たせいたしました、2022年のエンド実習の募集を行いたいと思います。

場所は 「知立研修センター」で行います。

ホーム | 知立研修センター (chiryu.biz)

   

先行として、

過去に実習に参加して頂いた先生方に募集をさせて頂きました。

残りの空き枠の募集となります。

*すみません、既に半分は埋まってしまっております。 

   

予定と空き枠は(各定員8名)

4月10日 募集枠4名

5月15日 募集枠5名

6月12日 募集枠2名(ちょっとアドバンス:コンサバティブエンドアクセスの練習あり) 

予備日 710日 上記④⑤⑥回が何らかの都合(ロックダウンなど)で開催されなかった場合の予備日

     

6月12日だけ少しだけ内容を変えます。

抜髄の基本反復練習を行いたい先生は4月10日、5月15日をお勧めします。

抜髄のコンサバティブエンドアクセス

歯髄壊死(ネクローシスパルプ)の根管治療 - EE DENTAL_Blog

をどうやるか知りたい先生は6月12日をお勧めします。

(すみません、6月のセミナーはまだ内容を決めていません)   

  

受講条件は2点

・顕微鏡を使用して臨床を行っている先生

・抜去歯を準備できる先生

この2点の要件を満たす先生は是非是非

   

当日までに準備してきてもらう歯牙です。

1.歯の長さが20mm以上であること

クラウンなどが入っていた歯に関しては仮想咬頭頂から20mm以上で

歯が長ければ長いほど実習は面白くなります。

2.歯の種類

・上顎第一小臼歯(必ず2根管)を2本

・上顎第一大臼歯(必ず6番)を2本

・下顎第一大臼歯(必ず6番)を1本

の5本を最低限お持ちください。

手が早くてたくさん実習されたい先生は余分に歯を持ってきてください。

*髄腔開口の指示はまた後日させて頂きますので、抜去歯だけ準備してください。 

*智歯や第二大臼歯は歯の長さが短く根管も複雑すぎるので練習歯として不向きですのでご注意ください。

 

9時スタート

18時45分終了 予定

参加費:22万(税込み)

定価3万6000円相当の使用道具のお土産があります。 

またセミナーの募集先はいつもの知立研修センターまで

sgpa.agm@gmail.com

以下を記載して返信ください

お名前:

勤務先名:

勤務先〒:

勤務先住所:

携帯(SMS)番号:

受講希望日(希望日順)

(  )第④回 4月10日 レギュラーコース

(  )第⑤回 5月15日 レギュラーコース

(  )第⑥回 6月12日 アドバンスコース

 

以下の器材の所有状況

①エンドベンダー ⇒持っている・持っていない・知人に借りる予定

②エアスケーラー (カボ2003 またはTi-MaxS950KL S970KL) ⇒持っている・持っていない・購入予定

③レシプロ(ツイスト)モーションコントラ (シロナT1ラインエンド または ナカニシX35) ⇒⇒持っている・持っていない・購入予定

  

よろしくお願いします。

    

先着順となります。

(振込確認が出来ての決定となるそうです)

 

 

以上、2022年のハンズオン募集のお知らせでした。

 

「誰でもスピーディーにエラー少なく」を目標に行います。  

抜髄はエンドの基礎技術力の向上で解決できる部分が大きいので、

術式に興味のある先生は是非ご参加くださいm(_ _ )m

問題なく抜髄出来ていますか!? - EE DENTAL_Blog

   

定員になりましたら、こちらの方に【追記】という形で報告させて頂きます。

 

追記①(8月18日)

4月10日 残り枠4名

5月15日 残り枠4名

6月12日 残り枠0名(←締め切りとさせて頂きます)

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第1回「超実習型エンドハンズオン」 無事終了!

第1回「超実習型エンドハンズオン」 無事終了しました、

先生方1日お疲れさまでした。

DSC05995.jpg

私も過去一疲れたセミナーでした。

質疑応答でも「疲れた・・・」と(笑)  

 

9時00分~18時45分まで昼休み30分、休憩5分×3回

透明模型1本

天然歯の抜髄:4本

感染根管:2本

たぶん実習内容は日本一過酷ではないでしょうか。

普段の臨床でも1日で臼歯部の抜髄即充4本する機会はないと思います。

 

 

最後には皆さん、50分でここまで出来ており

O先生

1 Ota_210704165352909.jpg1 Ota_210704165516244.jpg

K先生

2 Koizumi_210704165617823.jpg 2 Koizumi_210704165703438.jpgのサムネイル画像

O先生

3 Omori_210704165754048.jpg 3 Omori_210704165826811.jpg

H先生 

4 Hokazono_210704165908335.jpg 4 Hokazono_210704170642400.jpg

 O先生

5 Ono_210704170001413.jpg 5 Ono_210704170037960.jpg

 U先生

6 Umeda_210704170238024.jpg 6 Umeda_210704170600886.jpg 

皆さん綺麗に出来ていると思います。

 

今回の術式、トライオート2なしには術式が成立しないので

もしよろしければ早めに購入して頂き、まずは真似てみてください。

 

真似てマスターした後、オリジナルにアレンジしてください。

直ぐに我流にアレンジするとまた迷走すると思いますので注意してください。

 

  

後、アンケートもありがとうございました。

感想:

・プロテーパーゴールドのS1、S2の使用方法と穿通法、ガッタパーチャー除去がよく分かった。 

・いつもシンプルでコンセプトがはっきりしているので分かりやすいです。

・マイクロオープナーのコツが理解できました。

・数をこなすことでコツがつかめました。

・天然歯を使用しての実習はとても勉強になります。

・システマチックな根管治療のやり方が非常によかった。

・ターン&プルの方法をイメージすることができた。

・穿通方法、マイクロオープナー、プッシュ&プルの仕方は独学では分からなかったのでよかったです。

・動画も参考にしていますが、はやりハンズオンを受けるとよく分かりました。

など得られる所が皆さんあったようでよかったです。

  

 

 

さて、次回は8月29日に第2回を行います。

第1回の反省からスタート時間を可能なら9時からにしたいです。

もし9時ぐらいに皆さんお集まりになられたら、スタートしたいと思います。

*今回は9時前に皆さん集合して頂けたので9時からスタートできましたが、午前中のプログラムはカツカツの時間配分でした。

*後、午前中は2時間半トイレ休憩なしなので注意してください(笑)

  

 

今回まで6人でしたが次回からはMax8人セミナーになります。

*最初だったので少人数にさせて頂きました。

  

 

また、近日中に

来年2022年の超実習型エンドセミナーの日程も決めたいと思っております。

2022年は3回 今回と同じベーシック2回、微妙にアドバンス1回の合計3回です。

*アンケートにもう少し回数を増やしてとありましたが、疲れるので3回が限界!  

 

場所は、またいつもの

ホーム | 知立研修センター (chiryu.biz)

となります。

会場から歩いて6分の所に「東横イン」がありますので遠方の先生は検索してみてください。

   

  

また2022年の日程など決まりましたらブログで告知し、そこから募集いたします。

基本先着順ですが、2021年のキャンセル待ちで申し込みしている先生から優先的に枠を取ります。

2021年、2022年、2023年、(2024年)とやる予定です。  

   

    

記念すべき、第1回に参加して頂いた先生ありがとうございました!

今週中には今回使用したスライドレジメをお送りいたします。

 

後、事務局の藤崎さんもお疲さまでした。

次回もだいぶ疲れると思いますが、よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

明日のセミナー、すみません。。。

使用したスライドのレジメをお渡ししますが、

ここ3~4日でスライドの入れ替え修正を行いました。

    

私の癖というか・・・

スライドスタート直前まで触るのですが、今回はだいぶ修正を行いました。

 

よって、今週事務局に渡してプリントしてもらったものと違う部分が多々あります。

 

今からだとプリントが間に合わないということで、

後日、当日使用したスライドの改訂版レジメを先生方にお送りしますので、

申し訳ありませんが、明日は3~4日前の旧版タイプのレジメをお渡しします。

   

少しでも分かりやすく、多くの情報をお渡ししたいので・・・

 

現時点でスライド作りすぎているので、

【参考】と書いたスライドは当日説明しないので家に帰ってレジメを読んでください。

  

明日のアドバイスを1点

使用する材料、器材がかなり多いです、テーブルの上はなるべく整理をしてください。

私の考えですが、テーブルの上がゴチャゴチャ=治療ができない

(⇒ 道具探しでイライラ⇒治療が荒れる⇒治療の失敗)

テーブルの上=頭の中 と考えておりテーブルの上の整理は大切です。

と、車の中は荒れ放題の私が言う^^;

 

後、当日の使用した持ち帰り器材もありますので、カバンに少しゆとりを持たせて来場ください。

(定価3万6000円相当のお土産になります)

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第1回 「超実習型エンドハンズオン」

7月4日 第1回 超実習型エンドハンズオン」

を行います。

  

参加して頂く先生方よろしくお願いします。

 

以下事務局から、

 

第1回エンドセミナーにご参加いただく先生方へ

 

いよいよ来週になりました。

セミナーの開始は少し早く、9時15分です。お間違えないようお願いします。

 

必ずお願いしたいこと。

実習用歯牙の準備だけお忘れなく。

当初お願いしていた条件から少し変更になっております。

 

1.歯の長さが20mm以上であること

クラウンなどが入っていた歯に関しては仮想咬頭頂から20mm以上で

歯が長ければ長いほど実習は面白くなります。

 

2.歯の種類

・上顎第一小臼歯(必ず2根管)を2本

・上顎第一大臼歯(必ず6番)を2本

・下顎第一大臼歯(必ず6番)を1本

の5本を最低限お持ちください。

手が早くてたくさん実習されたい先生は余分に歯を持ってきてください。

 

智歯や第二大臼歯は歯の長さが短く根管も複雑すぎるので練習歯として不向きですのでご注意ください。

詳しくは井野先生のブログをお読みください。

http://eedental.jp/ee_diary/2021/05/post-2237.html

 

指定歯牙の髄腔開拡とレントゲン撮影画像をご持参ください。

その他の物品は研修室の備品で何とかなると思います。

井野先生より「当日はできるだけ実習に時間を取りたい」とのことでスライドや動画の時間は少なめと思います。

つきましては井野先生が最近上げられました動画を予習的に観てきていただきたいです。

https://www.youtube.com/user/EEdental

 

スーパーエンドアルファとベータを使って実習を行います。

これらの器械を使ったことがない先生は個別に対応しますのでお知らせください。

 

そのほか当日使用する機材の一例

・モリタ トライオート2

・オサダ エナック

・ナカニシ(シロナ)エアスケーラー

・シロナ(ナカニシ)ハンドファイル用ツイストモーションコントラ

・デキシコ(ポータブルレントゲン)

 

次に持参していただきたい器材です。

1.エンドベンダー←お持ちの先生だけで結構です。

2.シロナT1ラインエンド用コントラ または ナカニシTi-Max X35 ←お持ちの先生だけで結構です。

3.5倍速コントラ 等倍速コントラ ←研修室に備品はあります。

4.実習着(汚れても構わない服装) NC、EDTA、クロロホルムなどの薬剤を多用します。誤って付着しても構わない服装でお願いします

 

その他ご不明点はお問い合わせください。

--

知立研修センター

藤﨑貴博

090-4792-7363

https://www.facebook.com/ChiryuTC

https://www.chiryu.biz/

 

  

7月4日ご参加いただく先生

O先生

O先生

S先生

K先生

U先生

O先生

よろしくお願いします。

 

当日のスライドのレジメ(治療の手順、勘所)、

説明で使用した動画データーや実例動画データーなどは

お持ち帰り頂きます。

 

ハンドファイル、Ni-Tiファイルなども持ち帰りして頂き

直ぐに復習ができるようにしております。

2021 endo file 1.jpg

  

  

基本的に少人数なので恥ずかしがらずにどんどん質問してください。

後、質問内容のレベルに関しては気にしないでください。

聞いてヒントをもらった方が圧倒的に進化は早いです。

 

質疑応答に関しての質問はエンド以外でもOKです。

  

最後に念を押すように

当日は9:15分にはスタートします、使いにくい顕微鏡の為

使用の説明が必要な先生はお早めに来場頂き、顕微鏡の調整よろしくお願いします。

スケジュールが1日パツパツの為、ご協力のほどよろしくお願いします。

  

 

以上、1日疲れ切って帰ってください(^。^)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

問題なく抜髄出来ていますか!?

7月の第1回「超実習型エンドハンズオン」に向けて動画なども作り直しをしています。

2021 EEdental Endo (4).jpg

抜髄動画は1時間あれば出来ると思っていましたが、

最終的には1時間30分かかってしまいました。

   

  

ここまで時間がかかった理由は、

歯の難易度が難しすぎた・・・

  

抜歯は年にあっても3~4件ぐらいと、

殆ど抜歯をしない為EEデンタルには抜去歯がなく、頂いた唯一の上顎の天然歯

左上顎第2大臼歯

2021 EEdental Endo (2).jpg2021 EEdental Endo (3).jpg

 

レントゲン

2021 EEdental Endo (5).jpg

レントゲンでは、最も湾曲の強いMB根はあるような、ないような感じで

根管がはっきり識別できません。。。

   

横から

2021 EEdental Endo (6).jpg

近心頬側根は扁平な形状なので、頬側方向からは確認できなくても

横から見ると確認できることがあります。

  

近心頬側根は根管入り口が非常に複雑な形をしています。

根管の湾曲も一度頬側側に曲がって、その後遠心方向に急激に湾曲する。

2回の湾曲がある「J」+「J」根管です。

 

MBひたすらエラーが無いように穿通を行い

根管充填

正面レントゲン

2021 EEdental Endo (8).jpg

側方からのレントゲン  

2021 EEdental Endo (7).jpg

超極細根管で2回の湾曲でも攻め方次第で穿通は可能です。

   

根管治療、特に抜髄のポイントは穿通がきちんと出来るか!?

*Hファイルなど使用して本来の根管とは違う場所を削る穿通と称したパフォには意味はありません。

  

  

今回MB根は#06→08→10 DB根は#08→10 口蓋根#08→10で穿通後に

レシプロによる入念に外側ファイリング

*穿通時のファイルは根尖から2mm出すので

#08を2mm出しで根尖は#12相当のファイルで穿通

それをレシプロで1分ぐらい外側ファイリングすることで更にガイドを太くし

イメージ的には#10の外側ファイリングで#15近くまで拡大を行います。

 

↑たぶん、文字だとチンプンカンプンだと思います(笑)  

  

  

穿通さえ終われば今はシステマチックに拡大は終わります。

また拡大は洗浄の為の下処理ですので、切削操作は主役ではありません。

 

因みにかかった時間

穿通時間35分

Ni-Ti拡大6分

プロテーパーゴールドもエラーが出にくくスピーディーに行うちょっとしたポイントがあります。

  

 

根管充填+レジンコア+レジン充填

2021 EEdental Endo (9).jpg

2021 EEdental Endo (10).jpg 

最初の写真はレジン充填後でした

術前⇒術後

2021 EEdental Endo (1).jpg2021 EEdental Endo (4).jpg

  

術前対合歯が無かった歯なのか、咬合面も側面同様に歯石だらけでした。

  

 

抜髄お悩みの先生は、エンドセミナーにおいでください。

今の私の術式を紹介させてもらいます。

 

*ただ募集に関しては私はノータッチなので

ホーム | 知立研修センター (chiryu.biz) まで

ありがたいことに2021年は満席となっております、

2022年の予定日はまだ決まっておりませんが予約は受け付けているみたいです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

セミナー設定の話と抜去歯準備、道具のお願い

今回セミナーをやってみて、気づいたのが

アンケートにもあった受講して頂く先生の技術差が存在すること

    

今回のセミナーは皆さんに同じことができるようにかなり嚙み砕いた

どちらかというと初級~中級レベルなので、

上級者の先生からすると非常に退屈なセミナーとなってしまいます。

 

よって、来年からは3回のうち1回は上級者向けのセミナーにしようかとも考えております。

 

 

もう1点、気になったのが【抜去歯】

持ってきて頂く抜去歯の長さで多くの場合難易度が変わるので、

第1回から抜去歯の指定を厳しくしたいと思います。

以下を準備してください。

  

1つ目の条件 「歯の長さが20mm以上」

*クラウンなどが入っていた歯に関しては仮想咬頭頂から20mm以上で

歯が長ければ長いほど実習は面白くなります。

*理想は22~23mmぐらいです。

    

歯種

上顎第一小臼歯(必ず2根管)を2本

上顎第一大臼歯(必ず6番)を2本

下顎第一大臼歯(必ず6番)を1本

の計5本

各歯をレントゲンで正面、横から撮ってプリンターで印刷してきてください。

*腕に自信のある先生は時間が余るのでもう少し予備の歯を準備してください。 

 

 

智歯や第2大臼歯などは、

長さが短く、根管も複雑すぎるので練習歯としては不向きです。

  

例年からは「必ず、これらの歯が準備できる先生」

とアナウンスをさせてもらいます。

  

  

申し訳ありません、

7月の第1回の先生はセミナーまであまり時間がありませんが、

抜去歯の確保の方よろしくお願いします。

   

  

セミナー内容の充実は確保したいのでご協力、よろしくお願いしますm(_ _ )m

 

 

後、申し訳ないのですが・・・

ベンディングする為のエンドベンダーが不足しております。

*既に販売が終了しており、海外で検索をかけても現在購入することが出来ません。

もし受講される先生でエンドベンダーを持っている先生は事務局までお教えください。  

  

もう1点、「外側拡大用のレシプロ」ですが・・・

これもセミナーで不足しており2人に1台という状況です。

私の使用している「マイナーな道具は販売中止になる」という法則があり、

先月ナカニシのX35が販売中止となりました。

 

よって国内で購入できるのは「シロナ T1ラインエンド」のみになります。

T1ライン | デンツプライシロナ (dentsplysirona.com)

もし購入して頂ける先生がおられましたら、購入して持ってきて頂けると助かります。

実はこれ「プロフィン」以上に臨床で必要な道具で、湾曲根管を治療する際にはマストアイテムになります。

やり方はセミナーでお教えいたします。 

  

 

もしT1ライン エンドが販売停止となった際にはセミナーが成立しなくなるので、

そこでセミナー自体を終了とするか、所有者だけに限定で行います。

そのぐらいマストな道具です。

私的には、何でこんな便利な道具が当たり前のように使われないか不思議で仕方がありません。

   

  

以上がプレで行った第0回からの反省とお願いになります。

 

よろしくお願いしますm(_ _;)m

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> 井野セミナー 案内アーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top