Home> 井野セミナー 案内アーカイブ

井野セミナー 案内の最近のブログ記事

作り過ぎた。。。

土曜・日曜日と東京の方へ打ち合わせ・勉強会・サーフショップ

に行っていた為あまりスライドが進まず。。。

(新幹線の中では酒を飲みながら集中していました。)

 

遅れを取り戻す為に昨日は朝から医院に籠って、

動画編集とスライド製作をしました。

  

マイクロを使っていない先生や導入まもない先生向けに

かなり詰め込んで動画37本、スライド188枚

どうも作り過ぎた感がありありです。

 

自分史上、過去最強の情報量だと思っていますヽ( ̄▽ ̄)ノ

 

 

1時過ぎには集中力が切れ、風も弱かったのでそのまま海に

2018 02 19.jpg 

波は全くなかったですが、

1時間入水しいい気分転換になりました。

 

さて、後数日で仕上げを行い日曜には間に合わせたいと思います!



まぁ、スライドが多いだけだから間に合わなくても

そこまで大きく問題はでないんですけどね^^;

  

最悪、終了後の懇親会で後半部分のエンドスライド流すという暴挙に走るかも(笑)

 

週末名古屋でお会いしましょう!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

EEデンタル【リバスクラリゼーション(revascularization)】動画

2月25日のスライド作成中

作ろう作ろうと思い放置していたリバスクラリゼーション動画

1ケースしかしていませんが、

25日の講演の中で話をしようかと動画を探し編集をしました。

   

現在、スライド枚数160枚オーバー

なるべく分かりやすくしようと動画36本(もしかしたら今週・来週の症例が増えるかも)

http://eedental.jp/ee_diary/2017/12/post-1692.html 

 

顕微鏡で私が観察していること、治療している視界を供覧しようかと思っています。 

 

定員に達した為募集は終わったようですが、数人なら会場に余裕があるそうなので、

もし申し込みを忘れた先生などは

sgpa.agm@gmail.com 

まで問い合わせてみてください。

 

今回も動画(CD-R)のお土産付きです!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2018年のセミナー募集のお知らせ(途中経過)

来年2月25日の:「顕微鏡で見えるもの・できること」

http://eedental.jp/ee_diary/2017/10/post-1667.html 

 

の募集が後10名となったそうです。

sgpa.agm@gmail.com 

↑問い合わせ先

 

一応、顕微鏡のない先生、導入前・導入直後の先生向けの内容にしていますので、

顕微鏡治療に興味がある先生は是非是非ご参加くださいm(_ _)m

  

物事は否定からでは何も生まれません、

「顕微鏡があるとこんなことしているんだ、見えているんだ」

というのをまずは知っていただきたいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2018年2月25日 :「顕微鏡で見えるもの・できること」セミナー募集スタート!

2月25日 名古屋で講演をさせてもらいます。

 

顕微鏡で見えるもの・できること 最終案.pdf

sgpa.agm@gmail.com 

↑メールで問い合わせてくださいとのこと

 

あまり難しい内容にならないようにしますので、

顕微鏡を使用していない先生も興味がありましたら

よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

抄録:「顕微鏡で見えるもの・できること」

2月25日 名古屋のスタディーグループで

13時~ 4時間程度の講演を行います。  

*オープン参加は30~40名だそうです。

 

一応、『抄録』を作ってみました。 

 

2007年に愛知県豊橋市で自費専門の歯科医院を開業しました。

今でこそよく耳にする顕微鏡ですが、開業当時はまだまだマニアックな道具でした。
業者さんからも「本当に顕微鏡を入れるのですか?」と再三確認されたことを思い出します。 

14年前の勤務医当時から長い期間、顕微鏡で治療を続けると、今では顕微鏡のない治療は考えられません。

顕微鏡を使うメリットの1つに、
今までは見えなかったものが見えるようになることだと思います。
診断と治療の基準が大きく変わり、私の歯科医師としてのパラダイムシフトでした。

 

例えば感染根管治療では、上顎第一大臼歯のMB2だけではなく、イスムス、フィンなどの未処置部分を発見できたり、

また、2級レジンの処置歯ではマージン部での段差を顕微鏡でクリアに見たりすることができます。

 

上記のような、今まで見えなかったような小さな対象物をどう治すかは、それに適した使いやすい道具が大切です。弘法も筆を選ぶ時代だと思います。


また、顕微鏡のもう1つのメリットは、録画した動画をすぐに患者さんに見てもらえるということです。

治療後におよそ3分程度、患者さんに動画を見てもらいながら、どこがどう悪かったのか、

どのように治したのか、という説明をしています。

従来のような手鏡で術後の歯を見てもらうのと違い、顕微鏡の動画で治療説明を行うと患者さんが感動されるのはよく経験することです。

撮影した動画はHD、DVDなどに保存でき、学会や勉強会の発表資料として、あるいは経過観察中に問題が起こってしまった時の確認用にも大変便利です。

 

講演では、
 ・顕微鏡で見えているもの(動画)と顕微鏡選びのコツ
 ・顕微鏡で変わった歯内療法とレジン修復治療

 

について、お話させていただきます。

*顕微鏡導入前・顕微鏡初診者、

*簡単にできる自費レジンに興味がある、

*エンドをもう少し何とかしたい

 

 

また募集が始まりましたらブログで告知させて頂きます。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

講演のお知らせ

来年の講演予定です。

(今年はびっちり予定を入れてしまっています

 

興味ある先生は是非是非!

 

 

1月18日 春日井歯科医師会

16時~ 2時間 タイトル「好きにしゃべっていいよ」(仮)

タイトル【拡大視野がもたらす 『 New Standard !!』】
*こちらは春日井市の歯科医師会会員のみとなっています。 

 

もう1つ、 

 

2月25日 名古屋のスタディーグループで

13時~ 4時間  

*オープン参加は30~40名だそうです。

 

顕微鏡・エンド・レジン初心者向け講演にしようと思います、

この3つのワード どうやればいいのか?

*過去のスライドと似たような部分が多々ありますので一度聞いたスルーで

 

 

もう1つ、  

 

もう1講演 藤崎さんがS先生ジョイントコンサートを予定しまいますので、

(場所は未定、名古屋か東京になるはず) 

そちらで2018年度版の臨床治療の話をしたいと思います。

ブログの症例中心に動画など使い供覧しようかなと考え中です。

 

*少人数での飲み会など企画してもらおうかと(笑) 

 

詳細が決まり次第またブログにて告知致します。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2017年 顕微鏡学会 【プレカンファレンス】

先週の顕微鏡学会プレカンファレンスで

1人1時間半の持ち時間で佐藤先生、私、菅原先生の順で話をさせて頂きました。

purekan (2).jpg

実際レジンをやっていると考えていることも似てきており、

3人とも微妙に話がカブってきます。

  

purekan (1).jpg

pure.jpg

詰め込み過ぎて3分持ち時間オーバーしました。

 

久しぶりにレジンのことを1日話した日でした。

purekan (3).jpg

 

今回使用した動画をYou Tubeに上げておきます。

復習用にまた来れなかった先生用に

 

 

またセミナー開催の話し、依頼を頂きましたが、

今年はほぼ12月まで予定を決めてしまったので「ない!」です。

 

というか週末潰して仕事したくない。。。(笑)

 

知り合いの先生は

「365日仕事して功績を残すのが男の生きがい」

と言っていましたが、

 

個人的には『全く思わんね!』

 

私は、『年間200日休みが欲しい』と思います。
(それでも現状1/3近くの日曜日は仕事しています・・・) 

 

ただ、1年に1回どこかで発表させてもらうという自分が課したノルマは守っております。

 

と言うことで、これで今年のノルマ達成!!

   

 

来年の仕事依頼の予定もポツポツ入ってきていますが、

こんな感じで緩く行きますm(_ _ )m

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

インレー治療を辞めて早8年 最近はアンレーも・・・

講演のスライド作りも煮込みの段階です。

なるべく分かりやすくと思い最近の動画を使うことにして動画編集の方をしています。

2017 EEdental KK.jpg

このケースで私が行っている2級レジンとレジンアンレー

HowToを説明したいと思います。

 

フル動画だと55分あり、90分の講演時間の半分以上使ってしまいます(。-`ω-) 

ですので、3倍速にして6分程度に編集しなおしました。
 

講演で紹介するはずの道具 

調べてみると私の使用している器具は。。。

2017 rezin.jpg
廃盤・販売中止のものがチラホラありました(ー`´ー;)

 

スタッフに問い合わせてもらうと

F社「すみません、取り扱いがなくなりました」

S社「取引はありますが、海外からの取り寄せになるので時間がかかります」

 

個人的にはこういうのは慣れっ子なので、

自分がいいと思った道具は毎回まとめ買いしているので、

現在在庫が6本あるのでしばらくは安泰なのですが。。。

 

日本でない以上、一応買い増ししておいた方がいいかなと思いはじめました。

なんせ1級レジン充填の7割はこの道具に頼るので、ないとまた道具を探さないといけなくなり・・・

 

来週は日本にない材料を紹介させて頂きます(笑) 

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

『究極のコンポジットレジン』スライド作成中

14日の

http://eedental.jp/ee_diary/2017/01/post-1534.html 

 

講演時間90分

現在スライド枚数58枚 動画13本

2017semina-.jpg

今日からスライド調整に入ります。

 

スライド触っているとどんどん枚数が増えるので、

心を鬼にして作ったスライド削ります。。。

  

もしくは早口言葉でスライド流すか(-ω-;)ゞ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

『究極のコンポジットレジン』

日本顕微鏡歯科学会 会員各位

新年を迎え、皆様方におかれましては益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。
さて第14回大会開催の年が始まりましたが、本年も大会前日にプレカンファレ
ンスを開催いたしますのでご案内いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレカンファレンスは、会員同士の交流と顕微鏡治療への知識を高めるため、
学術大会に合わせて開催するもので、今年のテーマは『究極のコンポジットレジン』
コンボジットネイティヴ世代を代表する3人の先生をお招きして、プレカンファレンス
でしか聞けない究極のセミナーになっております。

懇親会はビバリーヒルズ本店の『ローリーズ ザ プライムリブ東京』を貸し切り、
美味しいプライムリブを食べながら、思う存分顕微鏡歯科治療について語りあえる
スペシャルな企画です。

学会参加が初めてで不安な方も、お友達をつくるチャンスです。
たくさんの皆様のご参加を心よりお待ちしています。

★日時: 2017年4月14日(金) 13時~(受付12時半より)

★場所:ストローマンジャパン 会議室
   〒108-0014 東京都港区芝5-36-7 三田ベルジュビル6階

http://www.straumann.jp/content/dam/internet/straumann_jp/images/Company/straumann_map.png

★演者:
 佐藤貴彦先生(岩手県開業)
 井野康伸先生(愛知県開業)
 菅原佳広先生(日本歯科大学新潟病院 総合診療科 准教授)

★懇親会: ローリーズ ザ プライムリブ 東京(恵比寿) 18時半~

https://r.gnavi.co.jp/e5wu3d2t0000/menu1/

★会費:11,000円
★定員:45名

★★★プレカンファレンス 参加申込フォーム(下記にアクセスして下さい)★★★

http://kenbikyoshika.jp/congress/14th_tokyo/2017_pre_conference/form.cgi

★申し込み締め切り 2017年3月31日

特に遠方からお越しの先生におかれましては、多くの顕微鏡ユーザーと語り
合う大きなチャンスとなる事でしょう。多数のご参加をお待ちしております。

__J_A_M_D_____________

日本顕微鏡歯科学会 第12回学術大会
プレカンファレンス実行委員 幹事:神田善姫 水川悟

 

 

「秒速」Sold Outなるか!?(笑)

それにしてもお店の「肉」美味しそうですね!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> 井野セミナー 案内アーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top