Home> 歯内療法日記アーカイブ

歯内療法日記の最近のブログ記事

2019年「根管形成」 トライオートZX2+ニッケルチタンファイル

レジンセミナーとかの質問である

「今何のファイル使ってますか!?」

という質問

ブログで書く、書くと言って放置していました(笑)

  

偶然昨日も材料屋さんから

「Ni-Tiファイルって何がお勧めですか!?」

と聞かれましたが、

 

今回は完全に歯科関係者向きのブログになります。

(たぶん読んでいる人の半数は歯科医師だと思います。。。) 

  

ぶっちゃけ、最近のファイルは何使ってもそんなに大きな差がない時代です。

好みのファイルでOKです。

(安さ重視であればエッジエンドでも良いんじゃないかな!?)

 

 

一応、私の今の道具ですが、

 

モーターはトライオートZX2

https://www.dental-plaza.com/article/triauto_zx2/ 

使った感じ使いやすいですし、ファイル操作時ににもEMRが取れているので安心して使えます。

 

後、前のモデルに比べるとトルクコントロールが格段に良くなっていますね。

トライオートZX2を使い始めてファイルを折らなくもなりました。

 

 

操作としては、

抜髄のファイル操作は、穿通は#08 ⇒ #10Kファイルが通ればロータリーへ

最近は#15まで開けておらず、湾曲度が強い場合は#10+M4コントラでレシプロ運動させガイドを作ります。

「M4コントラ」廃盤なので同じものは ⇒ナカニシX35L(ライトあり) X35(ライトなし) どちらでもOKです。 

http://www.japan.nsk-dental.com/products/contra-angles/ti-max_x/endodontics_applications/x35l/ 

穿通後ファイルを根尖から1~1.5mm出して立てておき、そこにコントラをかませて拡大します。

(ん~、説明しずらい。。。)

  

  

穿通は1、#08をそっと入れプッシュ&プル(ファイルは回さない)

すんなり入れば#10へ

入らなければ、#08の先をベンディングしてプッシュ&プル

抵抗ありで穿通出来た場合は、#10の穿通難易度を下げる為に#08を根尖から約1mm~1.5mmファイルを出した状態で

ファイリング(基本根管軸の外側方向に外に外に根管を広げます)をしてガイドを太くしておきます。

そうすることで#10がすんなり穿通できます。

 

ファイル操作の大原則はレッジを絶対作らないことです。←これ誰も言わないけど大事!!! 

 

で、#10も同じように根尖から約1mm~1.5mmファイルを出した状態でファイリング

をしてガイドを太くしておきます。

ガイドを太くすればするほど、Ni-Tiファイルにストレスをかけずにすみますが、

#20で穿通などはそれなりに根管(歯)にストレスを与えます。(破折リスク↑)

 

先に書いたように湾曲が強かったり、「S」字は、

レシプロでNi-Tiが折れにくいようにガイドを作成はこの後非常に重要になります。

(月に1本ぐらいの頻度ですが・・・)

 

基本的に私はファイル操作時には根管内にNCを入れておきます。

だいたい手先の感覚で#08、#10ぐらいであれば穿通したかは分かります。

   

 

今、使用しているニッケルチタンファイルは、

・ボルテックスブルー(06 #15のみ)

・プロテーパーゴールド(SX、F1~F5)(*ユニバーサルよりかなり折れにくい)

・ボルテックスオリフィスオープナー(海外通販:https://www.smile-us.com/item1179.html

・XPエンドフィニッシャー(感染根管の時 抜髄では使いません)

 

を使っています。

#10Kファイルで穿通後(根尖から1~1.5mmほど出しているので#12~#13ですね)

ボルテックスブルー 06 #15 で根尖を目指します。

#10で大体の作業長を把握しておいて、根管内にはNCを入れておきます。

(RCプレップやグライドは作業長を測るときだけ入れます)

  

そおっと、ボルテックを入れ、抵抗が出たら引き抜いて、牙粉チェックの繰り返し。

ファイルのどこに牙粉がつくかチェック、ファイルの先端に牙粉が付く時は注意 

基本はファイルの先端2~3mm上から牙粉が付くこと。

Ni-Tiはなるべく先端をフリーにして先端で削らないことです。(ファイルの側面で削るイメージです)

   

最初から作業長の3/4まですぐに行けばボルテックスで根尖まで触りますし、
作業長1/2付近からファイルの抵抗が強い場合は、無理せずプロテーパーゴールドF1と交互に入れ替えをして根尖を目指します。

*交互に使う理由は、ボルテックスの抵抗部分をF1で解消させボルテックスを根尖方向に徐々に進行させる。

   

私はフルレングステクニックはイージーケースに使用し、

抵抗があれば無理せず根管口付近を削り、その後ファイルを先に進める手順です。

ですから私のファイル操作のベースは「クラウンダウン」で操作をします。

*基本的にフルレングスはちょっとアドバンステクニックです。

*シングルファイルは難易度が高いのと、全ての根管に対応できないので最初はあまりお勧めしません。

(シングルファイル押しの専門医も全ての根管をシングルファイルで対応している訳ではありませんのでね・・・) 

  

 

拡大操作は、上を削って下にファイルを少しずつ進めるというのが原則ですので、

「クラウンダウン」最初にマスターしておくと結構融通がききます。

根管上部を削るのに有効なのが、『ボルテックスオリフィスオープナー』

(今も廃盤のGTファイル アクセサリーは使っています)

・Tip:25 Taper:12

・Tip:40 Taper:10

は根管口付近~入口1/3のストレートラインを作る為にはかなり使えるファイルです。

*MB根、MB2にはかなり有効です。

*根管口付近を多少太目に削っておくと細いファイルにストレスがかかりにくく折れにくいです。

   

テクニックがあれば、顕微鏡下でプロテーパーゴールドのSXでエンド三角部分を削るのも有効です。

*最初からSXで調子に乗って根管中央まで攻めると先端がバインドされて折れます。

ファイルを折らないコツは

1、ガイドを太くする(#15~#20)←メンドクサイので私はやっていません

2、トルクコントロールが優れたモーターの使用

私はトライオートZX2でトルク強めにしています。トルクが強いのは好みの問題です。

3、なるべく新しい世代のファイルを使用すること&なるべく使い回しを少なくする

*私は6歯で廃棄しています(白水のセーフティーメモディスクでカウント)

4、ファイルの特徴を知る(自分の好みにあったファイルを使用)

*私は切削効率が良いものが好みで、それを慎重に臆病に使用する

5、ファイルに抵抗を感じたり、同じ所からなかなか進まなければ一度根管口付近を削り直す

*フルレングス⇒クラウンダウンに変更 

ファイル操作の基本はクラウンダウンだと思っています。

 

 

根管形成は

上顎前歯はプロテーパーゴールドのF2

下顎前歯はプロテーパーゴールドのF1(下顎前歯の抜髄は年に1~2本しかありませんが・・・)

小臼歯は上下プロテーパーゴールドのF1~F2

上顎大臼歯 MB、DB、MB2根はF1 P根はF2

下顎大臼歯 MB、ML、DB、DLはF1 D根が1根の場合F1~F2

と抜髄の場合必要性最低限の形成でなるべく当日根管充填+コア

 

 

毎年同じこと書いていますが、今回は2019年版ということで

2018年

http://eedental.jp/ee_diary/2018/07/post-1789.html 

 

 

後、声を大にして言いたいのは、

抜髄は細菌感染させないことが最も大切で、

「先端まで穿通させること」

「ガッタパチャーを根尖まで入れること」

が大切な訳ではありません。

  

セミナーでよくいうのが、

抜髄は神経をどこのディメンジョンで処理するかの話であり、

大学などでは根尖で切れと教えられるが、それがまず間違い

感染さえしていなければ、根管口で切っても良い訳です。

その際、止血と封鎖さえ気を付ければいい。

たぶんGPの先生だったら、この方法の方が簡易的で成功率は高い気がします。

 

抜髄時のなかなか引かない大きな痛みの多くは細菌感染しているから長く痛みが続くのです。

そもそも抜髄は何回にも分けて長期間治療しない方がいいです。

(盲腸の手術、「今日はここまで」と複数回に分けないでしょ!?)

   

  

私が大学関係者なら根管治療前に生活歯髄切断を徹底的に実習で教えますね!

(全然大学と関係ない人間なので好き勝手いえますわ(笑))

  

 

話がズレました。

私の現在の根充法

目安は、ファイルで真円に削り終わった歯はシングルポイント法

だ円形に形成が終わった歯はコンテニアスウエーブ

シーラーはBCシーラーを使用しています。

この辺は去年書いていますね。 

 http://eedental.jp/ee_diary/2018/09/2018-3.html  

 

後、大体大臼歯の抜髄は3mm程度の穴からのアプローチで済ませています。

何故か小さく削る根管治療って否定されますが、この穴からMB2も十分処理できます。

 

手術(根管治療)の際の切開(髄腔開口)は小さい方が何かといいと思うのですが・・・

 

何故か歯科では否定形が多いですね( ・ ε ・;)

 

興味のある先生は参考にしてください。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

高校生の最も大切な第一大臼歯の根管治療(ファイル除去)+レジン充填

珍しく1日で2本もファイル除去をした院長です。

 

今回の患者さんは16歳の男の子

近医で治療を受けたが不安というお母さん

2019 EEdental KY0 (1).jpg

大きなレジンがしてありますが・・・、

歯を見ると、側面の色がグレーに見え明らかに詰め物の下に虫歯が残っている所見。。。

 

レントゲンを撮ると

2019 EEdental KY0 (2).jpg

既に神経が取ってあり、

近心根に薄ら影と遠心根に長いファイル破折。。。

 

マヂかぁ~、16歳だよ。。。

 

患者さんに1つ質問をさせてもらいました。

『ラバーダムした!?』

  

「いえ・・・」

  

『じゃあ、やり直した方がいいね!』

(この状態で長期安定は難しいと判断しました) 

 

 

ということで2時間半の時間を頂き1回法で治療スタート

 

まず虫歯を徹底的に除去

2019 EEdental KY0 (0).jpg

ペラペラになりましたがなんとか側だけしっかり残せました。(ここまでで1時間)

根管治療のポイントはファイル操作前の地味な下処理です。

根管形成や根管充填がポイントではないと思っています。 

 

レジンにて薄くなった歯の補強を行い、 

その後ラバーダムをして根管治療スタート、

 

遠心根の長いファイルを超音波で除去

2019 EEdental KY0 (5).jpg

5.5mmぐらいの長いファイル。

寺内先生に習ったチップの先を加工ベンディングする技術を身につけてからラクになりましたね。

セミナー代の20万は完全に回収できましたね! 

http://eedental.jp/ee_diary/2016/07/post-1443.html

  

そんなことはいいんだ・・・(汗)

  

で、

 

根管形成、根管洗浄、根管充填、支台築造、レジン充填!を1時間15分で

2019 EEdental KY0 (3).jpg

   

口腔内写真『術前⇒術中⇒術後』

2019 EEdental KY0 (4).jpg 

治療時間2時間15分

 

綺麗に治療することができました!(・_・)v

 

  

若い患者さんほど残りの人生を考えた場合きちん治療しておかないと

20代早々にインプラントやブリッジになりますからね。

 

特にこの第一大臼歯は口全体のカギを握る歯なので無くなると一気に口腔内が崩壊する可能性がありますので、

なるべく第一大臼歯はきちんと治しておいた方がいいと思います。

  

 

前の先生も頑張って治療してくれたと思いますが、どうしても保険治療では時間的な制約、

歯科医院側が赤字にならないような費用的な制約があるので長持ちする歯を作るのは難しいというのが私個人の意見です。

(だから私は保険治療辞めてしまった部分が大きいですね)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

大きな根尖病変 根管治療で治っちゃったねぇ~

根管治療をしてもらったが違和感が取れず仮歯のままという40代女性

  

一度検査をしてみると、

2019 EEdental SM0 (1).JPG

大きな病変+小さな病変++パーフォレーション(歯の穴)+ファイル破折。。。

 

 

何ともありがたくないフルコンボメニュー。。。(ー_ー;)

これらは医原性疾患であり治療したことにより起こってしまっている問題なのです。

  

何も問題がなかった抜髄からここまで・・・

   

  

この患者さんの歯の揺れもないですし、破折様の所見でもないので、

「かなり難しいですが、一度根管治療にトライしてみましょうか!?」と説明し、

 

翌週・・・、

 

熱感が出てきて腫れてきた!と連絡が、 

とりあえず、抗生剤で炎症を散らして

*基本的に私は根の問題を抗生剤で何回も散らすやり方はお勧めしていませんが根の問題で腫れた場合は一時しのぎで抗生剤を使用します。

  

腫れの収まった所で、 

治療スタート

1回目:ガッタパチャーを外すと膿がドバドバ・・・

パーフォレーションリペア、ファイル除去

とりあえず、時間内にできることを終え治療1回目終了

 

治療2回目:2本目のファイルが出てくる!(何本折っているのか!?) 

前の先生の治療で根尖(根の先)がかなり削られているが、フィンなどの細かい部分は手づかずで汚れている。

その辺を徹底的に清掃し2回目終了

   

治療3回目:腫れ痛みのないことを確認 

歯を押すと違和感があると言われるが、それはしばらく続くから気にしないでと説明

根管充填(MTA)+コアまで

 

治療4回目:違和感は無くなったとのこと

仮歯セット

 

その後腫れや痛みなどなく経過し、 

10ヶ月後:一切症状もなく咬めるとのこと

2019 EEdental SM0 (2).JPG

かなり良い感じで治ってくれています。

 

たまたま上手く行きそうな1症例ですが、

基本的に私は歯がぐらぐら揺れていない、破折所見がなければ保存処置を試みます。

 

 

たぶんインプラントの先生であれば、レントゲンの時点で

「You 骨を守る為に早目に抜いちゃいなよ!」

という歯だったかと思います。

(確かに、この歯を保険治療で残せと言われても無理ですよね・・・)

 

 

同じように見える歯科、

でもかかった先生の得意分野でその方針が大きく変わるのが歯科の不思議な所

根の問題は早目に歯内療法専門医を頼った方がいいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

神経を取った歯の変色

歯の神経を取ると、歯の新陳代謝が無くなり、徐々に茶褐色に変色してきます。

2019 EEdenntal K (1).jpg

特に前歯だと気になってくる方も多いと思います。

 

実はこの変色、神経の取り残しが歯の色に大きく影響しており、

歯冠部の神経の取り残しが多いほど早く茶色になってきます。

 

例えば、

【この患者さん若いから、前歯は被せずに残して上げたいので歯の裏側から小さく削って神経の治療をしてあげよう!】

という治療方針のケース

この場合に多く変色歯が現れます。

a.JPG

黄色の部分が神経を取った部分

赤色の部分が神経が残りやすい部分

この赤い部分は厚みが細い所で0.1mm程度しかなく

この部分の神経はほぼ透明なので、見えない為に取り残してしまいます。

    

つまり、

歯を残してあげようとする=変色に大きな影響を及ぼす。

ことにもなります。

 

私の経験でも多くの場合、顕微鏡で治療を行うとこの赤い部分に神経の取り残しが見られ、

死んだ神経が茶色として残っており、この茶色が歯の色に影響しています。

*前歯といえど顕微鏡を用いて治療した方がいい理由の1つでもあります。

    

 

歯内療法専門医の神経へのアプローチ

実は前歯ほど意外に大きな穴を開けて治療します。

(私は奥歯でも3~3.5mm程度の穴から治療をしていますが、前歯の方は4mm程度は削ります) 

  

結論を言えば、

ここの部分をきちんと処理しないと変色が早く、濃く出てしまいます。

 

上の患者さん

2019 EEdenntal K (2).jpg

歯冠部の残った神経を取り、インターナルブリーチをして、ここまで色が改善しました。

*傾向として、歯ぐきよりのエナメル質が薄い部分は改善が薄い傾向があります。

 

でもどうでしょう!?

2019 EEdenntal K (3).jpg

術前よりは自然感があります。

(切端側の透明感も出てきています)

 

セラミッククラウンで大きく削って被せてしまうのも1つですし、

根管治療+ブリーチで色の改善を図るのも1つの方法です。

 

変色した歯どう治しましょう!?( ・ ω ・)

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

やり直しの根管治療は難しい! 治療を繰り返さない方がいい理由

http://eedental.jp/ee_diary/2018/01/post-1706.html

ようやくセラミッククラウンを入れることができました。

2019 EEdental NA.JPG

症状も無くなり、咬めるそうです。

 

根管治療は2回、多くて3回しかできません。

次は抜歯となります。

 

根管治療/根の治療で困ったら早目に『歯内療法専門医』

を頼った方がいい場合もあります。

 

根の治療はホント難しいですし、奥が深い治療です!d(・ω・) 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

外傷歯⇒外科的レジン治療後 + 根管治療(Per)×2 

注意:)今回のケースは完全にトライケースです。

    

 

副題:『外傷歯へのレジントライ!』

患者さんは30代男性 

今回全体的に歯を治療したいという患者さん

 

術前時

2019 EEdental SS1 (1).jpg

神経が死んでしまっており歯ぐきから膿が出てきています。

またついでに前歯の歯並びも治したいという主訴でしたが・・・

数週間後。。。

 

自転車事故で前歯を折ってしまいましたと連絡が・・・

2019 EEdental SS1 (2).jpg

レントゲンを撮ってみると、

2019 EEdental SS1 (3).jpg

根に問題のなかった捻じれた歯は大きく3つのパーツに割れています。

2つ目のピースは丁度骨の辺りになっています。  

   

ん~~~、どうしようか。。。

  

 
患者さんと話し合ってとりあえず全部抜く前に保存処置をトライしてみました。

   

大きな歯の破片を抜き電気メスで歯肉の処理をしながら顕微鏡下で見てみると

大きな破片の下にちいさな歯の破片がぽろぽろ出てきて、それをルートチップで1つづつ除去

 

止血をして、根管治療+レジンにてコアをビルドアップ(1回法)

2019 EEdental SS1 (4).jpg

波線の所からポロポロ小さな破片が出てきました。

 

 

外科後2本の根管治療を行い半年仮歯で経過観察

2019 EEdental SS1 (8).jpg

膿、歯ぐきの腫れなどないか確認を行い半年後のレントゲン診査

2019 EEdental SS1 (6).jpg

2本の膿が出ていた歯の膿も止まり、レントゲンでも病変は骨も出来てきてくれています。

 

  

そして問題の歯ぐき

2019 EEdental SS1 (7).jpg

6カ月患者さんによく歯ぐきを磨いてもらい腫れないか経過をみました。

下の写真は印象前の歯肉の状態 口蓋側は全てレジンマージンです。
(というか、骨の上の歯根からレジンで作っています。)

 

患者さんには歯磨きを油断すると腫れてくるとは説明をしていますので

かなり頑張って歯磨きをしてくれています。

   

 

前歯の経過

2019 EEdental SS1 (11).jpg

こんな感じ!

  

 

セラミッククラウンSet時のレントゲン所見

2019 EEdental SS1 (9).jpg

順調に経過しております。 

側切歯の大きな病変レントゲン

2019 EEdental SS1 (10).jpg

今の所良い感じじゃないでしょうか。

 

術前時の病変もかなり大きかったので、もうしばらくレントゲンで経過を追っていきたいと思います!

   

注意)基本的にこんな外傷ケースは私の専門外ですので・・・(・_・;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯が折れていると思ったら。。。(歯根破折)

【お知らせ】

3月16日~20日までお休みを頂きます。

メール・電話の連絡は21日以降とさせて頂きます。

 

 

歯内療法を専門でやっていると

・治療中だが痛みが取れない

・先生に抜歯しかないと言われた

・歯ぐきが腫れ、膿が出てくる

などの患者さんが多くおみえになられます。

 

なかでも厄介なのが『歯根破折

 

私は根の先だけに病変があれば、

「残せるかもしれないので根管治療してみましょう!」とお話しますが、

 

レントゲンで歯の側面に影があるような場合は、

「折れているかもしれないけどやる!?」

「もし1回目の治療で破折線が見つかったら治療費5万頂いて治療は終了になります」

とお話します。

*基本的には破折歯の接着修復はお勧めしていませんしやりません!

 

 

今回の患者さん 

60代女性 昔治療した歯が腫れ膿が出てくると

レントゲンを撮ると

2019 EEdental SM.jpg

根尖病変が2つ見つかり、奥の歯は太い金属の土台+側面に影があり

「手前は大丈夫だと思いますけど、奥の方は折れているかもね・・・」

と説明

 

今の所、残念ながらレントゲンやCBCTでも破折線を診断することはできません。

 

 

患者さんはなんとか残したいのでトライしてみたいとのこと

 

治療1回目:被せ土台を外すと・・・

破折線などは見つからず、過去の治療で歯の側面に穴が開けられており、

そこから感染が外に出て側面に病変所見があり、折れたような所見になっていました。

 

治療をさせてもらい5カ月後のレントゲン

2019 EEdental SM(1).jpg

膿も止まり5カ月後のレントゲンでは骨の回復傾向も見られます!

 

初診時にレントゲンで折れている可能性はお話させてもらいますが、こんなことあります。

 

再根管治療は前の先生が起こしてしまった医原性の問題を解決しないといけない場合もあり、

可能であれば専門医を頼った方がいいと思います。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

根管治療後の土台と被せ物の精度と予後の関係

基本的に私は、セラミッククラウンに関しては基本1本ずつ入れますが、

たまに5~6本繋がった被せ物を見ます。

(だいたい昔治療した歯が多いです)

2019 EEdenntal MT.jpg 

決まって言えるのは、被せ物と歯の間に隙間がある。。。

 

この1mm以下の隙間を毎日磨くのも大変です。 

 

 

個人的には何で繋ぐのか!?と少し疑問に思います。

  

1本の被せ物の適合を合わせるのも難しいのに、5本の被せ物を適合よく入れるなど・・・

  

歯周病で歯が揺れる人やブリッジなどでは仕方がありませんが、

20代、30代、40代の方であれば連結冠は出来るだけ避けた方がいいと思います。

  

  

基本的には歯内療法専門医なんですが、顕微鏡治療も行っているので、

コアの詰め方、被せ物の精度も気にいています。

 

 

何故か!?

 

 

私見ですが、

根管治療の短期予後は根管治療の「質」

根管治療後の長期予後は土台(コア)の「質」、被せ物(クラウン)の「質」

http://www.eedental.jp/stayle.html 

amamori.bmp

 だと思っています。

  

 

家の内装を直して、綺麗にワックスがけまでしても

雨漏りしていたらスグに家が傷んでしまうことは想像できますよね。

 

それと同じで根管治療後の細菌感染を防ぐ

1つ目の防御壁が土台

2つ目の防御壁が被せ物

なんです。

  

ですので、

EEデンタルでは1つ目の防御壁である土台まで根管治療後に作らせてもらっています。

  

 

個人的に、土台は非常にこだわって作っているつもりです。

大まかにいうと、土台の【形状】と【隙間】がないように詰めるの2つです。

 

これを細かに書くと、

・感染防止の面から根管充填後即日に直接法を土台作る(最近は根充確認のデンタル撮らずにそのままのラバーでコア作ります)

・歯頚部からの感染防止で根管口から2mm下にGPを止め、根管からレジンで立ち上げる

・コアの接着の際のボンディング・エアーブロー

・収縮量の低いレジン(SDR)を10回以上に分けて積層充填(昨日のケースは14回に分けて積層していました)

 *ディアルキュアタイプの収縮が大きなコア用レジンは隙間が・・・気になります。

・全て顕微鏡下で治療を行う

・大臼歯にはフェルールが無くてもほぼファイバーなし

などなど、

  

 

歯内療法専門医ですが、レジンの専門でもあるので、レジンの知識をコアに落とし込みます。

 

 

最初の前歯の患者さん、

歯科医師の先生からの紹介で根管治療だけ担当させてもらいました。

2019 EEdenntal MT(2).jpg

根の先に根尖病変 + ファイル破折 

レントゲンでも被せと歯の隙間が映ってきています。

  

 

この歯を治療させてもらい

1年後の検診時のレントゲン 病変も綺麗に治っています。

2019 EEdenntal MT(1).jpg

 

かかりつけの先生に、クラウンはお任せして、 

1本ずつ素晴らしい精度で綺麗なクラウンが入っています!d(^_^ )

 

根管治療だけ歯内療法専門医に頼るのも1つの選択肢かと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

痛みと続く治療で悩んでいた歯の根管治療から7年

昔治療させてもった歯のレントゲンを撮らせてもらいました。

 

患者さんは神経の治療をして、クラウンを入れたのですが、

「痛くて咬めない・・・」

 

再び再治療をするも1年近く根管治療の日々

 

でEEデンタルへ

2019 EEdental IM.JPG

ごりごりやっていた為か根尖は大きく開き本来の神経管と違う場所に穴が・・・

 

 

で、治療をさせてもらい7年後

 

レントゲン

2019 EEdental IM(1).JPG

問題なく経過をしております。

 

また1本奥の歯にも問題があったので同時に治療させてもらっています。

 

 

昨日の初診患者さんにも1年近く根管治療をして、もう駄目だから抜歯と言われた

とおっしゃられていましたが、

根管治療は専門性が非常にものいう分野の治療になりますので、

半年同じ歯を触って治らなければ、転院した方がいいと私は思います。

http://eedental.jp/ee_diary/2013/09/post-843.html 

 

私は歯内療法を専門としてやっていますが、半年かかるという歯は非常に稀です。

むやみやたらに治療を繰り返しても抜歯に近づくだけですから、

根管治療だけでも専門医を頼った方がいいでしょうねd(^_^ )

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

同級生の歯科医師の治療

うれしいもので、大学の同級生の先生が治療しに来てくれるようになりました。

 

患者さんは30年前にお父さんに抜髄をしてもらったが、

最近になり違和感と鈍痛が気になり始めた。

 

レントゲン

2019 EEdental N.jpg

赤丸:歯のすぐ横には上顎洞があり、病変が上顎洞を押し上げているような感じ。

黄色矢印:ファイル破折

 

1回目の治療でガッタ、ファイルを除去して

徹底的に次亜塩素酸で洗い、無貼薬仮封仮封

1カ月後の治療2回目

症状もだいぶ無くなったとのことで、

再度徹底的な消毒の後、根管充填+コア+仮歯

病変が大きかったこともあり1年近く仮歯で経過観察して

(1年間他の虫歯治療を月一でしていました)

 

そしてようやく今週セラミッククラウンをSet!

2019 EEdental N(1).jpg

綺麗に病変が治ってくれて、綺麗にセラミッククラウンまで入りました!

今週でようやく口全体の治療も終わり長い間お疲れさまでした。 

 

 

歯科医院は昔の名残で木曜休みの歯科医院が多く、EEデンタルの木曜日は歯科関係者が多いのですが・・・

 

 

すみません、私50歳になったら仕事早期セミリタイヤしようと考えており、

後、6年で木曜日も全休にしようと計画中です。

 

診療は 火曜・水曜・金曜・土曜 にする予定で考えております。

 

 

今の所予定ですが、もしかしたら

歯科関係者の皆さんには今後ご迷惑おかけするかもしれません ( " ε " ;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> 歯内療法日記アーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top