Home> 歯内療法日記アーカイブ

歯内療法日記の最近のブログ記事

2か月前から鈍痛のある歯は神経が死んでいた(歯内療法専門医へ)

大き目の銀歯が入っておりその歯に2カ月前から鈍痛がある。

近医で銀歯を外して応急処置をしたとのこと。

 

その際、先生に「神経を取る治療が必要になると思います」と言われ

日数や治療回数など不明な点も多く、一度専門医に見てもらおうと来院

 

術前時

2018 EEdental MA (1).jpg

前の先生がユージノールセメントを詰めてくれて鎮静処置をしています。

また過去に大き目の銀歯が入っていたようです。

 

レントゲン

2018 EEdental MA (2).jpg

  

ん~、既に神経死んでいないか!?(・Д・;)

 

診断に迷ったらCBCTで診断

2018 EEdental MA (3).jpg

やっぱり炎症が骨の方まで波及している模様

 

この状態で様子をみて症状が落ち着いても(神経が全て死んで症状が無くなる)

それは後で大事になるので、今回の歯は神経を取る処置が妥当と判断

 

患者さんは海外に行く予定があるとのことで治療期間を非常に気にされていましたが、

 

私は、

「長めに時間を貰えれば1回で終わらせます」

「ただ、歯から膿が出てくるようであれば1回では終わらせませんが・・・」

と返答

 

 

「OK!」をもらい後日治療スタート

 

詰め物を外すと、既に神経が露出しておりそこから出血が無い為

やはり神経が死んでしまっていました。

2018 EEdental MA (4).jpg

黄色の○の部分が神経が露出している所

 

隔壁を兼ねたレジン充填をまず行い

その後、3mm程度の穴から根管治療からの再びレジン充填!

2018 EEdental MA (5).jpg

神経はほぼほぼ全て死んでおり殆ど出血などありませんでした。

 

患者さんの神経を取りたくない気持ちも分かりますが、

神経の治療をしないといけない歯の治療のタイミングを遅らせ過ぎると・・・

 

抜歯が近づきます!(゚ ▽ ゚ ;)エッ!!

 

 

治療回数1回 治療時間:2時間30分

術前⇒術後のレントゲン

2018 EEdental MA (6).jpg

4根管(MB2・イスムスも処理 もちろん髄角も!)

 
  

帰国後レントゲンを撮って経過観察して行きます!

 

 

EEデンタル

「歯内療法」と「レジン」を専門にしている『CR-Endodontist』ですので、

レジンが詰めれそうなケースであればレジンで咬めるようにしていますが、そんなに「予後が悪い方法ではない」と実感しています!ヽ(・д・)

ビルドアップ治療 http://www.eedental.jp/buildup.html 

 

ただ、咬む面を大きく削ってから転院される患者さんにはこの方法出来ないので、このレジンビルドアップを希望の患者さんは、歯内療法が始まる前に一度見せてくださいね( ・ω・)ノ 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

動画の治療が出来る先生知りませんか!?

毎年に1~2回ある問い合わせに、

親知らずの横の歯に虫歯が出来てしまいました。 

動画・ブログの方法で治せる先生を知りませんか!?

という問い合わせ

 

【親知らずの影響による虫歯と低侵襲なレジン治療】

 

EENO  (1).jpg 

 

更にアドバンスな方法で神経の治療まで必要となったC3ケース

レジン治療+3mmの穴からの根管治療+再びレジン

EENO  (4).jpg

昨日upした『動画』


*この穴でイスムス+MM根の治療も十分可能です!

 

 

かなり手間がかかるので全く一般的な方法ではありません。

  

また歯科の先生からするとこんな方法ダメ

と言われかねない治療法かと思いますが、

私の臨床でこの方法でトラブルが出たのは2件だけ

1件目はレジンが外れた (即日同じ処置で対処)

2件目は歯がかけた  (⇒ゴールドアンレーで修復)

以上です。

 

 

歯科の世界はホント保守的で、

【小さく削る治療=治療の際に不備が出る、問題が起こりやすい】 

的な考えの先生が多いです。

 

【がっつり削って人工物でリペア】 ←これ王道!

 

私の動画の方法は超邪道!! 

 

 

医科では機材・技術の進歩で大きくお腹を切る侵襲の大きな方法から

なるべく切らない、切っても出来るだけ小さく切る複鏡下手術など出てきているのですが、

歯科は未だに見やすくする為に大きく切れ(削れ)!

 

ぶっちゃけ、EEデンタルには顕微鏡(マイクロスコープ)があるので

ミラーの使い方でこの問題が出やすい場所などはほぼ見えての処置です。   

 

例えば、第一大臼歯の3mmの穴からの根管治療

2017 1114a.jpg

髄角の処理、イスムスの処理、4根管(MB2含む)

全て見えていますから処置もできます。

 

 

実際のデーターでは、

大きく削っても根管治療の成功率は50%程度

大きく削る保険治療の8割はやり直しの治療

 

燦々たるデーターもあります。。。

 

これで大きく削る治療が正当化されるのでしょうか?

  

 

上の動画の患者さんの反対側も同じように歯ぐきの下に虫歯があり

「大きく削る方法」で2年前に治療を受けられたのですが・・・

EENO(5).jpg

虫歯の残留、根尖病変適合、セメントの残渣。。。

 

ん~~~(-ω-;)

 

 

これも再治療させてもらい

http://eedental.jp/ee_diary/2016/04/post-1369.html 

何とか保存できましたが、

最初に手を入れさせてくれていれば。。。(>。<)
 

  

 

愚痴はこのぐらいにして(・。・汗) 

 

質問:「同じように治せる先生知りませんか!?」

 

答え:『ん~、残念ながら知りません!』(・Д・;)

 

同じことが出来る先生は必ずいると思います。

ただ、私はあまり知り合いの先生多くはないですし、

知り合いの先生がどんな治療をやっているかなど聞いたりすることがないので。。。

  

逆にブログを見てもらっている先生にどうやってやったのか!?

はよく聞かれます(笑) 

 

 

似たようなケースでお困りの患者さんへ、歯科医院を探す参考にしてください。

・顕微鏡の使い手である

・フロアブルレジン(液体レジン)の使い手である

・自費診療で1本の歯につきっきりで1~2時間を取ってくれる(2~3人の並行診療はしていない)

・EENO FLAT(錦部製作所)がある ← これないと削れません

EENO  (2).jpg

 

2番目の根管治療が必要な動画ケースだと

+顕微鏡下での根管治療がきちんと出来る

+音波・超音波の使い手である

*当然ラバーダム環境下 

  

こんな所で歯科医院を見つける参考にしてください。 

 

 

私も最初からこんなこと出来た訳ではありませんし、

自費診療医なので時間があり日々コツコツとやってきた結果の今の術式です。

 

と言っても技術的にはまだまだ不器用過ぎて日々悩むことが多い臨床の日々で、

一生『トライ&結果から改善点を見つける』の繰り返しかと思います(・Д・;)
 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

わざわざ沖縄から治療に!!

昨日も遠方の患者さんが多く

石川県から根管治療や、群馬県からの歯科医師の先生

近いといっても名古屋市、静岡県。。。

 

中でも遠かったのが、「沖縄県」!

*沖縄と言えば、EEデンタル2人目の患者さんになりますね。  

 

 

ホントわざわざこんな田舎の歯科医院までお越しいただきありがたいことです。 

全顎治療希望とのことでなるべく来院回数を減らす為

まずは主訴である左下から着手 

2018 EEdental MH (1).jpg

虫歯で大きく歯が無くなった場所

手前の銀歯とレジンの下の虫歯治療で3時間時間を頂き

 

 

3時間後

2018 EEdental MH (3).jpg

2018 EEdental MH (2).jpg

歯肉が歯の上にカブって歯を隠していたので、その部分を電気メスで除去

また、髄床底にまで達するかなり大きな虫歯で

良く切れるエキスカで慎重に虫歯除去、

中のGPがかなり汚れていたので再根管治療

内側性の維持を得る為にGPをいつもの位置より深めに止め

SDRにてレジンコア+仮歯 

ここまでで1時間45分 途中休憩を取り

 

次に、小臼歯2本も中等度の虫歯をレジンにて治療

治療時間1時間

 

で、3本の治療で合計3時間(説明の時間含む)

    

自分ではかなり綺麗に治療できたと思います!

歯の治療って、丁寧に行うとこのぐらいの時間は必要になってしまいます。

 

 

患者さんに頼られるというのは、

非常にありがたい歯科医師冥利に尽きると感謝です!m(_ _ )m

  

手を抜かず、精度とこだわりは貫きたいと思います( ・∀・)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

MTA直接覆髄後⇒大きな痛み⇒抜髄(根管治療)

虫歯治療からの根管治療動画を上げました。

術前時:痛みは全くない歯に大きな虫歯が見られました。

2018 EEdental M (1).jpg 

虫歯を除去していくと神経が露出してしまった為

MTA系レジンを用いて直接覆髄+レジン充填

2018 EEdental M (2).jpg 

*EENOフラットを使用して可能な限りのエナメル質の保存を行いました。

 

自分的にはかなり納得できる治療が出来たのですが・・・

 

術直後から沁みるなどの症状が出てしまい、経過をみていたのですが、

徐々痛みの大きさ頻度が多くなってきた為神経の治療に入りました。

私は虫歯治療後、

・大きなズキズキする痛み、

・温かい物で歯が痛む症状が出てしまった場合

は神経の処置が必要だと判断しています。

  

今回のように痛みの無かった歯でも治療することにより

神経にダメージを与えてしまい神経を取る治療が後で必要になることがあります。

私の経験上ではやはり虫歯が大きく神経が露出してしまった歯、

大きな詰め物がしてある歯の再治療には後で神経を取る治療が必要になることがあります。

2018 EEdental M (3).jpg 

できるだけ歯を残す為に3mmの穴から根管治療を行いました。

  

術前⇒直接覆髄後⇒根管治療後半年 

2018 EEdental M (4).jpg

術後の症状も安定しており、経過は順調です! 

 

 

私のスンタンスは可能な限り神経の保存を行いますが、

大きな症状が出てしまった歯はなるべく早い段階で神経の治療に入ります。

これは歯を残す際には必要な選択だと思っています。

 

現在も他院で治療し症状があるが経過を見ていたら、

大きく腫れてきてレントゲンを撮ったら根の先には骨が溶けてしまっているまで

1つステージが進んでしまった患者さんがおられます。

 

様子をみるべき症状と、次の処置が必要と判断すべき症状があります。

この選択・選択時期を誤ると患者さんは歯を失うことになります。

 

「歯の神経を残されたい方へ注意事項」

http://eedental.jp/ee_diary/2010/10/post-166.html  

8年近く前に書いたブログですが、私は今もこの考え方です。

神経を残すから歯を残すに考え方をスイッチします!

 

今回の患者さんのケースももうしばらく経過をみていきます。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

再根管治療 長いファイル除去&除去

以前参加したファイル除去道場

http://eedental.jp/ee_diary/2016/07/post-1443.html 

 

あれから何となくこつがつかめつつあり、

 

今週は、

長いファイルでもたまたま15分で除去

2017.4.13.jpg

 

除去ファイル

DSC01719.JPG 

5mmほどの長めのファイル

*寺内先生基準によるとレントゲンで3mm以上のファイルは難度が1つ上がるとのこと

 

折れた金属が長いほど除去には時間と技術が必要になります。

 

最近は超音波チップの先を茶色シリコンでピンピンになるぐらい細く削り

それで破折ファイルの内側へ攻めるという寺内道場のお教え通りにやっています。

 

先週の次のケース  

2018 EEdentalSi.jpg

 

このケースは長いファイルでも10分

DSC01724.jpg

5mmほどのファイル除去

 

パーフォレーションもありレントゲンで術中のチェック

2018 EEdentalSi1.jpg

 

「?」

 

「根尖にもう1本ないか!?」

  

DSC01725.jpg

はい、また出てきました!

 

短いのは3分で除去終了!

 

2ケース目の歯は

・破折ファイル×2

・パーフォレーション(歯に穴)

・口蓋根と近心頬側根の根尖破壊(根尖は#80以上に拡大)

 多量の肉芽組織が歯の中に入り込んでいました。

  

と再治療により起こってしまった医原性の問題の数々。。。

 
 

根管治療は特に知識と技術差が予後に大きくものいう治療の代表格です。

1人目の先生が起こしてしまったエラーを解決する為には、それ以上に上手な2人目の先生でなければなりません。

2人目の先生が起こしたエラーは更に上手な先生が治療しないと。。。

*自分なら根管治療は最初から歯内療法専門医に頼りますね(-ω-;)  

 

歯科医院選択の重要な所は、その歯科医院がどの分野が得意なのかをまず知ることです。

・歯を残すのが得意なのか!?

・歯を抜いてインプラントなどで人工歯を作るのが得意なのか!?  

・おしゃべりが得意なのか!?

・セラミックや詰め物が得意なのか!?

 

自分の歯を残したい患者さんが、闇雲に歯科医院を受診しても

インプラントが得意な先生なら抜歯→インプラントが第一選択の治療になることもあります。

*特に歯科では不思議なことではありません。難しい歯は抜いてインプラントというのが日本の歯科医療の一般的な流れかと思います。 

 

 

ホント、根管治療は難しいだけあって、上手な先生の勘所を教わり

マネするのが上達への近道ですね!! (・∀・)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

EEデンタル2017年 歯内療法専門医 根管治療傾向

EEデンタル2016年 歯内療法専門医 根管治療傾向

http://eedental.jp/ee_diary/2017/01/ee2016.html 

と同じ内容で、

1月にスタッフに集計してもらったのですが、

放置してしまい、忘れていました(笑)

 

2017年 根管治療総本数:186本

抜髄:18本(前歯1本 小臼歯5本 大臼歯 12本)

感染根管:168本(前歯58本 小臼歯42本 大臼歯68本)

*本数は去年とほぼ変わりませんね。

ただ、上顎前歯の治療割合が非常に多い年でした。

 

【外科】 

外科的歯内療法:13本

ヘミセクション・トライセクション:1本

【レスキュー】 

パーフォレーションリペア:13本

ファイル除去:6本

 

MTA根管充填:99本

年々MTA根充頻度は上がっています、感染根管で根尖径が#50以上のものに行っています。

 

【自分のエラー】

フレアーアップ:1本 

極端に少ない年となりました。 

*フレアーアップは間違った根管治療をしていると発現頻度が多くなるので、今の術式は大きく間違えたことをしているようではなさそうです。

 

私が起こした「ファイル破折」:2本(←ゼロにしようとは思っているのですが・・・)

私が起こした「パーフォレーション」:0本(←顕微鏡を使用すればそんなに起こるものではありませんね)

  

 

治療回数:平均約2回

前歯  1回45本 2回3本 3回3本 4回3本 5回2本

小臼歯 1回40本 2回8本 3回2本

大臼歯 1回15本 2回55本 3回7本 4回2本 5回1本

個人的には根管治療は1回の時間を取り少ない回数で治した方がいいと思っています。

 

去年とおおよそ同じ傾向だったかと思います。

EEデンタル2016年 歯内療法専門医 根管治療傾向

http://eedental.jp/ee_diary/2017/01/ee2016.html 

 

全体的に例年通りの結果となりました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

レントゲンに入りきらない大きな病変の1年予後 感染根管治療

根管治療時にマストで必要なレントゲン

たまに病変(骨が溶けた所)が大きすぎて

小さなレントゲン(デンタル)には収まらない場合もあります。

  

デンタルからはみ出すほどの根尖病変

2018 EEdental YM (0).jpg

 

パノラマレントゲン(大きなレントゲン)で再診査

2018 EEdental YM (1).jpg

下歯槽神経に達するほどの大きな病変。。。

(親指の第一関節ぐらいありそうです)

http://eedental.jp/ee_diary/2017/10/post-1666.html 

   

患者さんは治療出来れば残したいとのことで治療スタート

被せ物・土台・ガッタパチャーを除去すると歯の中からドバドバ膿が出てきました。

  

1か月おきに洗浄すること4回目でようやく膿も止まり

5回目の治療時に根管充填+土台+仮歯

2018 EEdental YM (2).jpg

術後経過をみて行き、1年経過した今月のレントゲン検診では、

痛みや腫れもなく快適に食事が取れているとのこと!

 

病変はかなり大きかったですが、

何とか残ってくれそうな雰囲気がでてきました!ヽ(・∀・)

  

 

この歯も神経管の走行が複雑な樋状根であり、

樋状根の歯の再治療率は比較的高いような気がしています。

  

奥歯は特に抜髄時(1回目の根管治療)きちんとラバーダムなどして治療を受けることをお勧めします!(σ・Д・)σ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

よく治ったなと自分でも思う1ケース

セラミックを入れた歯が腫れてきて膿が出る

近医では治療が難しい、折れているかも?と言われた歯

  

患者さんは治療が出来れば残す治療をトライしたいとのことで、

手付かずの根管を探し処置を行い2年後のレントゲンを撮影しました。

2018 EEdental S.jpg

かなり骨出来てきてくれています!

 

因みに手付かずのかなり湾曲した根にファイル破折(Ni-Ti)

を起こしてしまいましたが、幸い問題なく経過しております。

 

「歯を長く残すには、正しい知識と診断 ファイル破折編」

http://eedental.jp/ee_diary/2018/04/post-1752.html 

 

口腔外科でCBCTを撮った所まだ影が見られたそうですが、

術前時に比べ明らかに骨が出来ていることが確認できますので、

今後も経過観察でいいと判断しました。

 

何とか残せることができ良かったです!(  ̄▽ ̄)ノ

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

根管治療からのフルオーバーホール(全体的な治療)

患者さんは50代女性 根管治療後、

2018 EEdental OK1 (4).jpg 

http://eedental.jp/ee_diary/2018/04/post-1755.html  

一度全体的に治しておきたいとのことで全顎治療に着手しました。

 

患者さんは、定期的に歯科医院に行きメンテナンスを受けているのだが、

ことある毎に歯が痛く・悪くなる為

歯科医院通いがずっと続いているとのこと。 

 

 

私は、歯の治療続きの40~50代の治療本数が多い患者さんには、

この時期に一度同じ先生に同じ時期にきちんと治してもらのをお勧めします。

 

歯の治療は必ず寿命があります。
歯科治療は一度治せば一生安心という永久修復ではありません

 

治した本数が多ければ多いほど右上を治したら、今度は左下が腫れてきた

など負のサイクルに陥っていることが多いです。

 

その【負のループ】を一度断ち切る為にも

40~50代の間に一度全部の歯をきちんと治療することをお勧めします。

 

50代の一般的な方の口の中は

2018 EEdental OK0(1).jpg

この患者さんは自費治療の歯も多いのですが、

セラミックが割れたり、根の先に病変があったり・・・

 

一度全顎検査で、

細かくレントゲンを撮り、顕微鏡で歯を観察して、口の中の写真撮影 

をして、口全体を調べてみました。

  

3か月に1度の定期健診で先生は「全く問題ない」と

おっしゃられていたのですが。。。(-ω-;)

 

多くの歯に虫歯、根尖病変、不適合充填物 

 

 

客観的に口の中の状況をお話して、

一度きちんと治療しておきたいとのことで、

全顎治療をさせてもらいました。

2018 EEDENTAL OK0.jpg

治療期間:10か月

レジン治療:17本

歯内療法:3本

セラミッククラウン:4本

  

綺麗に修復することができました!d(・ω・)

   

 

「EEデンタルに来ていなかったら・・・、ずっと歯は悩みの種だった」と

根の病変も綺麗に治り、快適に過ごせ患者さんには非常に感謝されました。

*かなり上手く行き過ぎた1症例です。 

  

EEデンタル1本からでも治療はお受けしております。

もし全体的な口の現状のことをお知りになりたければ、

治療前に一度全顎検査を受けてください。

*全顎検査後に治療の見積もりの紙をお渡しします。

 

以上、自分の歯を長く残す為の全顎治療でした。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

治療難度の高い樋状根 感染根管治療

日本人女性に多い【樋状根】

この神経管は通常の神経管より複雑な形態であり

それが故に根管治療のトラブルも多くなってしまいます。

 

*通常の根管はストロー状の管なのですが、それが癒合しカーテンのような繋がった形状をしています。

 

患者さんは50代女性

「膿の貯まっている歯の治療をしてもらいたい」  

とのことで来院

 

話を聞くと過去に1年以上根管治療をしていた歯もあり、

根管治療の大変さを身を持って経験しており、是非とも歯内療法専門医へと 

  

術前時

2018 EEdental OK1 (1).jpg

大きな病変が見られます。

*6抜歯後に7が近心傾斜した模様

5番のコアもかなりヤバい方向に入いっていますが・・・(p・Д・;) 

 

長めの治療時間をもらい、カーテン状の神経管の処理

超音波でカーテンの汚れた場所の切削wして消毒液(NC)の洗浄効率が増す形状にします。

 

治療回数:2回

2018 EEdental OK1 (2).jpg

根尖:MTA 根管上部:GP

コアはレジン:SDR(デンツプライ)

カーテン状に削った部位の補強も兼ねてのMTAチョイス!

*この辺りの材料や入れる材料・位置など自分なりにこだわっております。 

  

 

根管充填後、患者さんには6カ月間

腫れ、膿が出ない

6か月後のレントゲン所見で影が小さくなっていたら

本歯のセラミックを入れると説明し

 

半年仮歯で膿・腫れのない様子をみて

 

今週、無事にセラミッククラウンをSet

2018 EEdentak O.jpg

5番/6番:セラミッククラウン(ジルコニアベース)

4番/7番:レジン充填(プラスチック治療)

 

レントゲンチェック

2018 EEdental OK1 (3).jpg

術前の大きな病変は綺麗に治ってきてくれています!(ノ゚▽゚)ノ

*最後にレントゲン1年チェックをして最終確認をします。   

 

 

根管治療は歯を長く残すには非常に重要な治療です。

2018 EEdental OK1 (4).jpg 

特にセラミックなどの高価な被せ物を入れる場合、

根の状態をきちんとされておいた方がいいでしょう!( ・∀・)ノ

  

 

完全にまぐれですが綺麗な症例ができましたね!!v(^ 。^)v

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> 歯内療法日記アーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top