Home> 歯内療法日記アーカイブ

歯内療法日記の最近のブログ記事

全顎治療

患者さんは30代男性

2021 EEdental GH.jpg

プラスチック治療(レジン):10本

歯内療法:3本

フルジルコニアクラウン:3本

 

主訴であった左下7

2021 EEdental GH (2).jpg

親知らずの影響で歯茎の中から大きな虫歯が出来てしまい神経が死んでしまっていました。

 

2021 EEdental GH (3).jpg

何とか保存の方が出来ました!

 

なるべく悪くならないように毎日の歯磨き頑張ってくださいね!(・∀・)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

根管治療でMTA根管充填することについて

歯内療法学会もMTAで根管充填する際の同意書の雛形を発行していましたが、

MTAで根管充填することが多くなり、それによってトラブルも増えてきているんでしょうね。

  

一応、EEデンタルでは根管治療前の資料の中に

「MTAセメントで根管充填(最終的な詰め物)を行うことに関して」

という紙を入れておりますので一度目を通してください。

 

また、資料を作っていない先生向けにEEデンタルの資料をオープンにしておきますので

参考にしてみてください。

 

以下、説明文 

 

1990年代に入り、歯内療法はいくつもの大きな革新的な技術・道具・材料が生まれました。

その1つに「MTAセメント」があります。また特許が切れた為、世界中で多くのジェネリックMTAがでてきています。(世界中でこれほど売れ、治療基準を変えてしまった商品はないでしょう)

MTAという材料は、直接覆髄材、パフォレーションリペア材、根管充填材、逆根管充填材、内部・外部吸収材と色々な用途があり、歯内療法の世界ではなくてはならない材料の1つです。

  

私が尊敬するペンシルバニア大学のDr Martin Tropeは

『現在の歯内療法の弱点は、根管充填にガッタパーチャー(ピンク色のゴム)を使用すること』

と話されています。

  

根管治療の最後に「薬」と称して使う材料は100年以上前からガッタパーチャーというゴムを使用していますが、このガッタパーチャーは非常に欠点が多く、

・経時的に劣化、吸収する(収縮する)

・歯と接着性がない(細菌侵入が容易)

・薬効がなく(細菌を殺す力がない)、ガッタパーチャー自体も滅菌できない

・細菌繁殖の足場になる(ゴム自体が細菌に感染され汚染物質となる)

・根の先から出ると異物反応を示すことがある    などが挙げられます。

唯一のメリットは、再治療時に「除去できる(溶かせる)」という点です。

 

昔、私も大学では最終的に詰める材料はガッタパーチャーのみになると教わっていましたが、

専門医の間では、特にやり直しの再根管治療ではMTAセメントを使う傾向が高くなっています。

 

私は2007年の開業時から症例を選んでMTAセメントで根管充填を行っていますが、

根の先が破壊されたケースなどは明らかにガッタパーチャーより成績が良い感触があります

ただ、MTAセメントにも欠点があり、

・一度固まると除去できない (将来的には除去できるMTA製品も出てくるとは思います)

・歯がグレーに変色することがある(変色の少ないジェネリックMTAも出てきています)

よって、MTAで根管充填を行うと再根管治療が出来ないので次は外科的歯内療法での治療となります。

 

海外の歯内療法専門医の教科書では当たり前のようにMTAセメントで根管充填という記述があるのに対して日本では薬事法の関係で根管充填材としては認可されていません。

安全性に関しては動物実験などで1990年代にクリアーされておりますが、こと日本の歯科治療は20年近く遅れを取っており未だに歯科医師の判断の元の使用となっております。

   

もしMTAセメントが根充剤として使えないとなると、世界の歯内療法専門医は成功率が下がってしまい、保存できる歯も抜歯となり非常に困ってしまうほどの、今の所変わりがない材料です。 

当院でも症例を選んでMTAセメントを使わせて頂くことがあることをご了承ください。

 

歯内療法専門医 井野泰伸

 

 

以上がお渡ししている資料になります。

  

例えば、MTAを使用できなければ抜歯になっていたケースです、

虫歯治療後に腫れてきた根未完成歯の根管治療 - EE DENTAL_Blog

このようにひと昔前であれば助けれなかった歯もMTAの登場で保存可能な時代になりました。

 

  

毎年データーを取っていますが、

EEデンタルのMTA根管充填率はおおよそ6割弱となります。

EEデンタル2020年 歯内療法専門医 根管治療傾向 - EE DENTAL_Blog

その多くは感染根管治療でやり直しの根管治療の場合です。

成人の歯で初めての神経の治療の抜髄でMTAで根管充填を行うことは殆どありません

    

因みに、日本はMTAを根管充填材として扱っていないのは薬事法の関係です。

MTAを国内で販売しようとした時にどんな治療薬として登録するか!?

直接覆髄材、パフォレーションリペア材、根管充填材、逆根管充填材、内部・外部吸収材

結論的に言えば、MTAを覆髄材で登録した方が、国内の認可が下りるのが早く

逆にMTAを根管充填材として販売しようとすると、多くの時間、費用と労力が掛かる為

メーカーはMTAを国内で販売さえできればいいので、認可のハードルの低い覆髄材として登録をしています。

   

またメーカーは訴訟リスクなどの観点から、適応症を大きくするよりは適応症を小さくし

根管充填に使用され問題が起こった場合は、歯科医師の責任の元ということで企業は

訴訟リスクを回避する為に今も販売元は根管充填材という取り扱いをしておりません。

*当たり前といえば当たり前で私が企業のトップでも同じアクションをします。

 

MTAの使用が絶対嫌!という患者さんもおられると思います。

もしMTAの使用を控えたいという患者さんは事前にお申し出ください

ただ、個人的な肌感覚では以前の治療で大きく削られた歯などはMTAを使用した方が治癒率は高いと思います。

またパフォレーションのリペア材料も現在ほぼMTA1択でこれを使わなければ上手くいきません。

*出来る範囲で治療は行いますが、成功率は低くなるとご理解ください。 

  

後、個人的な意見では、MTAでの根管充填はできるだけ専門性の高い歯科医師で外科的歯内療法

EEdental:外科的歯内療法

が出来る歯科医師がいいと思います。

 

先日もMTAで根管充填を行い、上手く行かず「抜歯しかない」と言われ相談に来られた患者さんがおられましたが、MTA根充する歯科医師はせめて外科的歯内療法が出来ないと使用するべきではないと考えております。

 

以上、普及しつつあるMTA根管充填についてでした( ・∀・)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

三股に分岐した第一大臼歯

第一大臼歯は二股に分かれていることが多いのですが、

稀に三股に分岐していることがあります。

この場合、1つの根が隠れてしまっていることがあります。

 

ナイスジャッジでした!! * 隠れた神経管の根管治療 - EE DENTAL_Blog

の予後報告

 

術後1年で来院してもらいました。 

2021 EEdental IE.jpg

症状もなくなり、レントゲンでも綺麗に骨ができてくれています。

 

仮歯は長いこと使っているとすり減って行くので、

早めにかかりつけで本歯入れてもらってくださいね!(^ - ^)v

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

矯正治療後に抜歯宣告された歯の根管治療

そらぁ~、一応歯内療法専門医だもの! - EE DENTAL_Blog

 の予後報告になります。

 

患者さんは20代女性

抜歯宣告を受けEEデンタルへ

  

初診時のレントゲン

2021 EEdental KiR (1).jpg

10カ月前に抜髄した歯とは思えないぐらい歯の残存量が少なく

病変の形も楕円形で歯が折れているように見える。。。

  

患者さんには抜歯も考えられる状態だが、20代ということもあり

残す方向でトライしてみるか!?

  

患者さんの希望で残す方向で治療を行うと、

上のレントゲンの図の黄色の場所にパーフォレーション ⇒パフォリペア

& 3本の神経管に対して1本が見落とされ手づかずでそこから排膿

& 遠心根も触るとファイル破折が見られ、破折ファイルの除去を行う

 

正直、患者さんが可哀そうなぐらいな治療の質。。。

(他の先生の治療の質など言えるレベルの歯科医師ではありませんが、ちょっと前に抜髄した歯とは思えません) 

 

治療回数3回で何とか仮歯まで入れ経過を見ていき、

 

 

先日、他の歯の治療の際にレントゲンを撮らせてもらいました。

2021 EEdental KiR (2).jpg

良い感じで骨もしっかり出来てくれており、患者さんも問題なく咬めるとのことでした。

 

また、このケースも先日書いた「水酸化カルシューム」の押し出し治療の跡が・・・

2021 EEdental KiR (3).jpg

痛みと膿が再発し続ける歯の根管治療 - EE DENTAL_Blog

 

特に手間のかかる根管治療は、赤字治療の代表格です。

  

非常に手間のかかる根管治療1万円(銀歯を入れても2万円以下)

根管治療より手間のかからないインプラント治療40万円

経営者であれば後者に力を入れるのも無理はないでしょうが、患者さんの立場であれば自分の歯は無くなります。

   

自分の歯を少しでも残したい患者さんは、

根管治療に力を入れている歯科医院に行った方がいいですよ!(・∀・)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

痛みと膿が再発し続ける歯の根管治療

患者さんは50代女性

過去に膿が溜っていると指摘され、2018年、2019年と2回根管治療をしたが

また痛みが出て来てしまい首まで張った感じが続く

また再発したようなので専門医の歯科医院で相談したいとのこと

 

レントゲンを見ると、

2021 EEdental IYa (1).jpg

大きな病変がみられるのですが、病変内に違和感のある所見。。。

  

実際外科をして内容物を調べないと分かりませんが、

過去の治療で根尖口外に水酸化カルシュームの押し出し治療をしたと推測

 

水酸化カルシュームを押し出す治療は私は否定派です。

根管治療で水酸化カルシュームを根尖から押し出すことについて - EE DENTAL_Blog

*外に押し出し水酸化カルシュームは外科治療でないと除去できません。

 

歯内療法学会の先生の中にもこの方法を推奨する先生もおられますが・・・

治しているんだか、痛みの原因作っているのか分からない非科学的な治療です。

 

患者さんには治らなければ外科が必要と説明し

治療スタート

治療2回目には痛みも引いて来た為根管充填

2021 EEdental IYa (2).jpg

 根尖も広く削られていた為、MTAで根管充填

 

その後経過を見ていき、

 

1年後のレントゲン

2021 EEdental IYa (3).jpg

患者さんは全く違和感なく快調とのことでした。

レントゲンでも綺麗に治ってきてくれています。

 

日本の根管治療は治療費が安すぎる為か、世界的に見ると潮流ではないガラパゴス治療が行われています。

個人的には人体実験にも似たオリジナルな治療は止めるべきだと思うのですが・・・

 

一般歯科の先生も膿・痛みが治らなければ、患者さんに説明して非科学的なガラパゴス治療の前に

歯内療法専門医に紹介した方がいいと思います!(・ε・;) 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

レントゲンで根管の確認できない超石灰化根管の予後報告

歯内療法専門医 難易度高し!超石灰化根管 - EE DENTAL_Blog

 

髪の毛より細い道具を使った根管治療 - EE DENTAL_Blog

の予後報告

 

結論的には2本とも無事治りました!

右下6

2021 EEdental IKu (2).jpg

 

左下5 

2021 EEdental IKu (1).jpg

 

両歯ともたまたま治ってくれましたが、

やはり大きかったのは最初に根管治療をさせてもらえたこと。

 

患者さんはどの段階でも同じ治療を受けれると思いますが、根管治療は大きく違います。

1番目の先生より2番目の先生、2番目の先生より3番目の先生の方が難しい状況での治療となります。

 

こういった激細根管は一度、レッジという傷を入れてしまうと二度とオリジナルな根管は探せません。

 

根管治療は非常に繊細な治療なのでその点は知っておいてもらった方がいいでしょう!

 

 

2本とも難易度の非常に高い歯でしたが、2本とも外科治療なしに残ってくれて良かったです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

持ってて良かった2つの専門

今回の患者さんは、40代女性

近医で虫歯治療を受けた所、神経が露出し出血したから神経を殺す薬を入れました。

と説明され、神経の治療であれば歯内療法専門医へ

  

とのことでEEデンタルへ来院

  

 

患者さんの話を聞いて、

露髄して出血があったのであれば、神経も生きている証拠なので覆髄すれば・・・

とは思いましたが、そこは【保険治療】

  

保険治療では覆髄を行い、上手く行かなかった場合、

治療費の減額というペナルティーがあるので積極的に神経を残すというより、神経を取る形になります。

*歯を長持ちさせたい患者さんは、これは知っておいた方がいいでしょう。

  

手間をかければ残せる神経を取るというのは、ある面仕方がないとは思います。

*理想ばかり追求出来ないのが保険治療です。 

 

患者さんの歯

2021 EEdental YaS (1).jpg

小臼歯が90度捻転した生え方で、治療的にも抜歯が妥当かも!?

  

ただ、患者さんは何とか残したい!とおっしゃられ

診査すると第1、第2小臼歯もきちんと咬合があり、機能している歯でした。

  

  

ただ、神経治療はまずラバーダムが難しい、

その後の補綴(詰め物・かぶせ物)をどうするか・・・

  

 

歯の位置的に治療が難しい状態でしたが、

1回法にて根管治療を行い

2021 EEdental YaS (3).jpg

  

歯のない部分はレジンで製作

2021 EEdental YaS (4).jpg

以前は4/5冠が入っていたようです。

  

過去、勤務医の頃 同じようなケースをメタルアンレーで修復したのですが・・・

トライアングルの部分に入り込んだセメントが除去不可能でかなり難儀をした覚えがあったので

セメント除去の要らないレジンにてフリーハンドで歯を作りました!

  

フリーハンドで作った割には比較的綺麗に形が出せたのではないかなと思います!(・∀・)

 

抜髄歯だったので、1年後にレントゲンを撮らせてもらい終了となります。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

膿の止まらない大きな根尖病変 その後

以前のブログ

大きな根尖病変と初めての長期間根管治療 - EE DENTAL_Blog

 

術後2年

2021 EEdental KI.jpg

綺麗に骨が出来てきてくれています。

また第2小臼歯も生活反応があり神経を取らずに済みそうです!

*P根、MB根はMTAを使用  

もう抜歯しかないか!?と思ったケースでしたが、何とか保存出来て良かったです!(^。^)
 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯科材料をこだわるより・・・

過去に行った根管治療の「質」というものは、レントゲンでしか判断できません。

   

またその判断もかなりざっくりしたもので、過去の治療でラバーダムをしていたとか

きちんと隔壁作っていたとか、そういった内容までは分からず。

根管充填材(ゴム)がどこまで入っているかなどしか分かりません。

   

ただ、年に1本程度

「何だこれ!? 見たことないような材料使っているな」という所見があります。

  

だいたいそういう先生はかなりこだわりの強い先生なのですが・・・

 

個人的には根管治療材料はまず一般的なものを使うべきだと考えます。

一番困るのがその先生オリジナルな方法で治療された歯 

人工物を除去しようにも除去出来なかったりと、再治療がかなり困難を極めます。

 

 

今回の患者さん全顎治療を希望で

レントゲンを撮ると・・・

2021 EEdental AYu (1).jpg

造影性ゼロ!?

もしくは空洞!?

めずらしい所見。 

 

触ると抜歯になりこちらが悪者になるパターン。。。

  

今の所問題も出ていないので、この歯は経過観察をしていくことにしましたが、 

 

ある日、電話があり、

「先生に指摘された歯のジルコニアクラウンが外れてしまった」と 

 

外れた状態を見せてもらうと、歯茎の上には多量のセメントが残っており

また、見たことない素材で土台が作られていました。

  

 

この状態なのですが、何とか残せるように治療にトライしてみると

削ると樹脂がネチャネチャして、バーに絡みつく・・・

海外通販か!?見たことない材料でした。

   

何とか全て土台材料を除去してみると、ちょっとしか根充剤が入っていない割には

かなり大きく歯は削られていました。

  

 

きちんと造影性がある歯科材料(レジン)で隔壁を作り

2021 EEdental AYu (2).jpg

残った歯質はペラペラで歯肉が透けて見え、パフォレーションを起こしそうでヒヤヒヤでした。

  

  

その後は通法通り根管治療を行い

2021 EEdental AYu (3).jpg

ガッタパーチャー使用、綺麗に治療が終わりました。

   

 

 こんな3流専門医が言うことではないかもしれませんが、

根管治療で材料をこだわるというのは悪くはないと思いますが、

  

ただ・・・

前の先生はもっとベーシックな根管治療の基礎部分から抑えた方がいいように思えます( * _ * ;)

 

 

材料で予後が大きく変わることは殆どありませんのでね!

歯科の自費治療はおススメか!? - EE DENTAL_Blog

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ヘミセクション(分割抜歯)その後

この破折してしまった患者さんの経過

破折歯の歯の保存 分割抜歯ヘミセクション - EE DENTAL_Blog 

 

ヘミセクション(分割抜歯)を行い

抜いた穴が塞がるまで仮歯で経過観察

 

基本的に抜いた骨が回復し落ち着くまでには6~9か月程度かかると言われています。

  

物理的にクラウンを早く作ることもできますが、それをやると

骨の治りとともにクラウンと歯茎のさかえに隙間ができ物が詰まりやすくなるので、

基本的に私は抜歯後最低でも6~9カ月は仮歯で骨の成熟を待ちます。

 

今回のケースは患者さんが忙しいこともあり1年以上仮歯で経過観察を行い。

 

1年2か月後にクラウンSet

2021 EEdenntal Soh.jpg

私は基本的にヘミセクションした歯は単冠処理し、隣の歯が天然歯であればブリッジなどは入れません。

 

その方が将来的に問題が起こった際に治療がシンプルになるから、

隣在歯には迷惑はかけず、半分の歯が悪くなったらその部分だけ抜歯し、

その後の治療方針を考えます。

 

分割抜歯した歯は基本的に一生は持ちません。

患者さんには「使えるまでね!」とお話をしております。

 

ただ、長く使えるようにかみ合わせを微妙に弱くしたり、

側方運動時にわざとクラウンがすり減るようなレジン系の材料でかぶせ物を作っています。

 

 

さてさて、何年持ってくれるか!?

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> 歯内療法日記アーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top