Home> 歯内療法日記アーカイブ

歯内療法日記の最近のブログ記事

歯内療法専門医の新旧診断法

患者さんは40代の女性

何度か治療しているが治らず2年以上前から膿が出るとのことで、

CBCTがある歯科医院へ転院そこでCBCTを撮り、

これは歯内療法専門医の歯科医院で治療した方がいいと説明され、

EEデンタルを紹介してもらい来院

   

奥歯の神経管は複雑でまず治療する前の【診断】が重要です。

  

CBCTがなかった時代は角度を変えてレントゲンを2枚撮り

2020 EEdental IE (1).jpg

術者の頭の中で歯の形を想像する。

 

すると

2020 EEdental IE (2).jpg

図1では根の数が2本に見えますが、

図2では②の陰に隠れた神経管③が確認できます。

また③の隠れた神経管は手づかずで治療している痕がなく、ここが腫れの原因と考えられます。

   

たぶん、この神経管を探して治療すれば治るだろうと推測していました。

 

 

が、

 

CBCTでは、

2020 EEdental IE (3).jpg

病変の位置大きさから、①、③が最近感染していることが分かり、

更に、神経管の太さや湾曲も分かる時代です。

  

ですから、

2020 EEdental IE (4).jpg 

③同様に①も丁寧にやり直す必要があると分かります。

逆にいえば、②の根管は感染していないので、それなりのケアですみそう。

   

今回のようなケースは年に何本もあり、専門医であれば過去の経験から

「あ、このパターンね」と大体分かります。

   

ただ、このパターン 非常にリスキーで

・③の神経管が非常に分かりにくい場所から出てくる(壁やパフォ起こしそうな場所)

・③の神経管の軸がかなり外開きで①、②の神経管の軸とはかなり方向が異なる

・神経管の湾曲度がかなり大きい場合もあり、NI-TIファイルを折りやすい

など経験に当て始めます。

   

レントゲンで分かっても、手を動かしてきとんと感染源を除去出来ないと治らないので、

ある程度の「技術」というもは診断後に必要にはなります。

*宝探しの地図がCBCTで宝を探し掘る当てるのは人の技量ということです。

   

 

1回目に神経管を探し出し、2回目に膿が出なくなったのを確認し、

2020 EEdental IE (5).jpg

根管充填+レジンコア+仮歯まで

 

この後、半年程度仮歯で過ごしてもらいレントゲンで経過を見ていきます。

  

 

「治療前にまず診断を」というのを心掛けています(・∀・)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

どうする根の内部・外部吸収!?

先日も外部吸収で検索したらEEデンタルが出てきたので来院したという患者さんがおられましたが、

基本的には吸収はそれほど専門ではないのですが、歯内療法専門医をしている為年に数本は吸収歯を見ます。

http://eedental.jp/MTOS/cgi-bin/mt-search.cgi?search=%E5%A4%96%E9%83%A8%E5%90%B8%E5%8F%8E&IncludeBlogs=4&limit=20

  

患者さんは30代女性

膿が出ており、何件か歯科医院に行き右下の内部・外部吸収した歯を指摘される。

保存治療を行うのであれば歯内療法専門医の歯科医院で相談した方がいいと言われ来院

   

私の外部吸収の歯の治療方針は、

「症状なければ放置、感染してしまい膿が出てきたら抜歯覚悟で保存治療を試みる」です。

 

 

レントゲンとCBCTを撮り

2020 EEdental OYa (1).JPG

ある程度吸収の場所と大きさを確認、かなり大きく吸収が進んでしまっています・・・

   

 この状態だと抜歯も1つの選択肢ですが、まだ30代ということもあり保存治療を行うことに

  

まず外部・内部吸収を起こしている部分の削除を行い、隔壁(外科的レジン)

2020 EEdental OYa (2).JPG

本当は1回法で根管充填まで行おうと計画していたのですが、

CBCTで確認していた場所以外にも外部吸収が見られ、また開口量が少なく器具もなかなか入らない場所だった為

1回目の治療は2時間半頂いていたのですが、穿通・拡大・洗浄までで時間となり終了

   

2回目の治療

2020 EEdental OYa (3).jpg

 膿、腫れ、痛みのないのを確認して根管充填+レジンコア

  

経過観察をしていき

2020 EEdental OYa (4).jpg

9か月問題ないのを確認して、本歯を作ることに

 

2020 EEdental OYa (5).jpg

フルジルコニアクラウンSet

 

内部・外部吸収の予後は、この先問題が出るまでの保存治療となってしまいますが、

治療自体は綺麗に出来たかと思います。

 

10年ぐらいは持ってもらいたいものです。 

 

後、ライジングサンコーヒーのマグカップもありがとうございました!

IMG_1527.jpg

「HAVE A GOOD WAVE」

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

髪の毛より細い道具を使った根管治療

患者さんは40代女性

以前のブログの「難易度高し!超石灰化根管」

http://eedental.jp/ee_diary/2020/07/post-2090.html

の反対側の歯(第2小臼歯)

      

 

レントゲン

2020 EEdental INK (1).jpg

この歯も石灰化が進んでおり、神経が死んで根尖病変(赤丸)が見られます。

隣の歯の神経管に比べ当該歯は黒い線(神経管)が見つかりません。

       

 

そんな時はCBCT

当院の超マニアックなCTはスライスピッチ0.085mm

*メーカーの人に「全然売れていないから、値引き殆どないですよ」と踏み止まるようにいわれた機種(笑)

  

その単位での解析は可能!

0.085mm以下になると識別不可能となります。

2020 EEdental INK (2).jpg

ターゲットを第2小臼歯に合わせ色々な角度から見てみる

 

2020 EEdental INK (3).jpg

ん~~、よく分からん。。。

   

 

しかし、矢状断で色々な方向から見てみると1点ピントのあう所が!

2020 EEdental INK (4).jpg

根中央部より下には極細の神経管っぽい黒い線が確認できます。

ということは解析能力の0.085mm以上は神経管の太さがあると判断

 

日本人の髪の毛の太さは0.08mmとのことなので、歯の中から髪の毛を除去する治療に例えれます。

 

が、

 

ただ神経管はストレートな直毛ではなく、いわば「くせ毛」

微妙にクネクネ曲がっており、時に太い部分、細い部分が存在します。

    

   

まず髄腔開口

*小臼歯は軸を間違えるといけないので私はこの場合ラバーダムしませんでした。

2020 EEdental INK (6).jpg

レントゲンで大きく軸がズレていないことを確認し、

軸を間違えてスタートしては、髪の毛のような細さの神経の断面は見つけれません。  

 

 

ラッキーなことに、

元神経管であった場所をに先端が0.1mmのマイクロオープナーが

微妙に引っかかる場所があり、そこから微量の液体が出てくる。

*顕微鏡でわずかに見える浸出液です。

  

そこから髪の毛より細い0.06mmのKファイル(針金)を顕微鏡でその穴に合わせ挿入

すると3mmほど入る!

 

 

「きたぁ~~~~!」(心の叫び!)

ターゲット捕捉です。

 

 

*06Kファイルを入る所まで入れ、その後Ni-Tiファイルのオープナーで上を削り、

再び06Kファイルを入る所までいれ、またNi-Tiオープナーで上を削るの繰り返しで

気長に少しずつ慎重に根の先に0.06mmのファイルを勧めます。

  

この繰り返しをすること30分 0.06mmのファイルを根尖までとどかせる。

その後0.08mmのファイルを30秒で通し、次のNi-Tiファイルを安全に通す為のガイドを少し太くする。   

   

穿通してしまえばこちらのもの、あとはシステマチックにNi-Tiで拡大し

  

開始から1時間40分後

2020 EEdental IK (8).jpg

拡大・洗浄後、根管充填⇒レジンコア、レジン充填

 

治療後のレントゲン

2020 EEdental INK (5).jpg

何とか根の先まで綺麗に治療の方が完了しました!

  

 

レントゲン上で確認できない根管=難易度が高い ということは言えます。

そんな時はCBCTは非常に有効でエンド(根管治療)モードなど細かな解析ができる道具は有効です。

が、レントゲンやCBCTで手に入るのは情報です。

極細の神経管があるのは分かっても治療は人の手で行うので、

戦略と経験がものを言います。(この辺りは職人と言われる分野です) 

  

 

使用ファイル

2020 EEdental INK (7).jpg

*今回の1本の神経管を探し削り取るまでに使用した針金ヤスリです。

0.06mm~0.25mmの道具を使用

  

歯冠を落とさず(歯を削らず)治療を行うので必然的に作業長は長くなり、

これも難易度を上げている1つの要因ではあります。

*レジン治療を成立させるためにわざと難しいことをしています。 

   

  

後、こういう根管のファイル操作はプッシュ&プルが基本で

大学で教わるターン&プルを使うとレッジを作り、作った時点でTHE エンドです。

二度と本来の根管にはアプローチできなくなります。

 

 

この辺りは12月の講演と来年のハンズオンで説明したいと思います。

http://eedental.jp/ee_diary/2020/07/12-1.html

 

 

いやいや、2本とも奇跡ですわ!(^。^)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

大きな根尖病変と初めての長期間根管治療

2017年に来院の30代女性患者さん

  

話を聞くと  

6年前に抜髄を行い、3年前ぐらいからズキズキする痛みが出始めた。 

EEデンタル受診3数カ月前に大きな痛みが出て抗生剤をのみ、クラウンのやり替えを行ったとのこと

  

 

早速レントゲンを撮ると

2020 EEdental K (1).jpg

近心頬側根に影が見られます。

ただ、何か違和感のある所見・・・

  

迷ったときはすかさずCBCTを撮影

 

すると・・・!

 

2020 EEdental K (3).jpg

!  

2020 EEdental K (2).jpg

!!  

 

えっ~、何これ!。。。

2cmぐらい骨の中が溶け、隣の歯まで骨吸収が進んでいる。

  

上顎は上顎洞や頬骨弓などがあり、海綿骨の幅も広いのでたまにこんな感じで

レントゲンには写りにくく病変が隠れていることもありますが、ここまで大きな病変にはビックリ!

 

 

最初にイメージした赤丸ではなく

2020 EEdental K (4).jpg

紫色部分が、これがCBCT上で読み取れる病変の大きさ

  

病変が大きくなり過ぎて、手前の第2大臼歯の根尖も取り囲んでいるので

5番を電気歯髄診断で神経の生死をしらべると。

EPT:+ (生活反応あり)

  

と言うことで、

最初の治療方針は【第一大臼歯根管治療、第2小臼歯何もしない】

と判断

*悪くなれば第2小臼歯も根管治療と説明

   

 

1回目の根管治療

ガッタパチャーを外すと口蓋根から膿が出るわ出るわ。。。

拍動して大量の膿が出てきました。

とりあえず、MB2を見つけ4根穿通・拡大・洗浄

 

治療2・3・4回を行っても膿が出てくる

また頬側の腫れも一向に引いてこない

2020 EEdental K (5).jpg

 

治療5回目(治療スタートから2か月後)

ガッタパチャーを取った今の状態でもう一度CBCT撮影で再審査

膿の出かたは減ってきたが腫れは残っている

 

頬側第2小臼歯の辺りの腫れは、第一大臼歯の口蓋根によるものと推測

顕微鏡学会の症例報告であったインターナルアピコトミー(歯の中から根尖を削る方法)を行うか!?

やったことないので、患者さんには発案者の長尾先生に道具など聞いてくるから待っててね!と

 

後日学会で、長尾先生にお会いして、使用する道具などを聞き購入!  

 

 

治療6回目

近心頬側、口蓋根それぞれから排膿。。。

妊娠が分かり安定期内に治療を行うことに

 

 

治療6・7回目

5回目の治療後から腫れは引いてきたが また腫れてきた。

*ラバーダムのクランプをかけると隔壁が取れる

再隔壁後、根管を見ると口蓋根から排膿(ただ前に比べると膿の量は明らかに少ない。) 

  

 

治療8回目(治療開始5カ月経過)

腫れが無くなり、歯肉は綺麗な状態に

NCで洗うと口蓋根から出血(根尖は#100)

この出血を生かし、口蓋根に血液を満たしリバスキュラリゼーションみたいなことを行う

  

  

治療9回目(更に2か月後)

腫れはないが違和感が午前中だけある。(2カ月の間に4回あった)

口蓋根排膿なし、近心頬側根に出血あり

 

  

治療10回目(それから1か月後)

P根、MB根、MB2根から排膿

出産が終わったらもう一度検査を行いどうするか検討する。

水酸化Caを入れ仮コアと仮歯を仮着

 

  

治療11回目(2週後)

仮歯が取れた・・・

 

  

治療12回目(1カ月後)

出産の為に仮蓋をしっかりして、仮歯を接着剤で合着

出産が終わったら仮歯と隔壁を壊して一からやり直すと説明

  

治療13回目 出産後(12回目から7か月後)

腫れ、痛みはないが違和感はある

レントゲン、CBCTで検査すると・・・

2020 EEdental K (7).jpg

ん!?治ってきている!? 

この日は診査のみ

   

  

治療14回目

仮歯を削って外し、隔壁を除去 ⇒ 再隔壁から

歯の中に膿は無く、太く削っている口蓋根の根尖にも骨様の硬組織っぽいものが出来ていました。

 

 

治療15回目

1カ月に1~2回、目の奥の方に違和感を感じることがある。

歯の中に膿は見られない為、次回MTAで根管充填することに

 

  

治療16回目(治療開始から1年8カ月後)

多少ボォ~とする感じはあるとのこと

膿が出ていないことを確認して根管充填+レジンコア+仮歯Set

2020 EEdental K (8).jpg

偏心投影

2020 EEdental K (9).jpg

MB,MB2,P根:MTA DB:GP 使用(DB穿通なし・病変なし)

  

 

治療17回目

3か月後のレントゲン検診

腫れや痛みはない。

 

 

治療18回目

6カ月後のレントゲン検診

腫れや痛みなし!

骨の治りをCBCTを使いチェック

2020 EEdental K (10).jpg

CBCT

2020 EEdental K (11).jpg

だいぶ骨が出来て来てくれています!

 

歯茎も

2020 EEdental K (12).jpg

腫れもなく綺麗に治っています。

 

治療19回目

1年後のレントゲン検診

痛みは殆どない、腫れもない

2020 EEdental K (14).jpg

 いい感じに治ってきてくれています!

   

 

CBCT所見比較

2020 EEdental K (13).jpg

黒い所が炎症で骨がない部分 ⇒ 黒い部分が減り骨が出来ているのが確認できます。

 

ホント今回は初めてづくしで、いい経験をさせて頂きました。

  

基本私は症状が変わらなければ6~9カ月ぐらいで、治療を外科治療(外科的歯内療法or抜歯)に切り替えます。

  

今回、口蓋根が膿の原因でしたので、外科的歯内療法が出来ず「インターナルアピコトミー」を考えました。

これだけ1本の歯を長期間根管治療を行うのは歯科医師人生初 

正直半年経過して膿がまだ出てくるので保存は難しいのかな!?と思いました。

出産という経過観察期間があり、その間に治癒傾向が現れました。

  

いやぁ~、人の体の不思議です。 

  

私の中の貴重な経験でした、また長期間通院して頂いた患者さんに感謝です!m(_ _ )m

 

 

 

ここまで病変が大きくなってしまったのは推測で3年以上はかかっているような気がします。

もし根管治療をした歯があれば、定期診査で2~3年に1回ぐらいはレントゲンでチェックしておいた方がいいですからね。

*歯の疾患の多くは慢性疾患で徐々に悪くなり、症状が出るのは急性化に転じてからです。

   

今回のケース、1年後にレントゲンを撮って終わりとしたいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

知らないうちに歯が溶ける外部吸収

歯内療法を専門にしていると年に数人『外部吸収』という歯が溶けてしまう状態での来院があります。

  

前歯の外部・内部吸収などは外傷によるものがありますが、

奥歯の外部吸収は何が原因で起こるのかは分かっていません。

 

破歯細胞という歯を骨を食べる破骨細胞に似た自分の細胞が起こしてしまうことと考えられています。

 

  

患者さんは30代男性

全体的に虫歯を治療したいとのこと

奥歯の銀歯があっておらず、土台も隙間だらけであった為、

一度根管治療しておきましょうということで治療スタート

2019 EEdental SN (1).jpg

 

土台まで外すと。。。

2019 EEdental SN (2).jpg

この部分にデッかい穴、  

  

 

歯に穴が開くのは2つあり

1つが医原性に起こる、前の先生が治療の際に開けてしまった『パーフォレーション』

もう1つが自分の体の細胞が起こす『外部・内部吸収』

   

開いた穴の付近の歯質から出血があるのでこれは吸収だと判断

*吸収した歯は歯髄でもない場所から点状の出血が見られます。 

 

今回のケースは明らかに医原性ではない感じでしたので、

 

患者さんに説明をさせてもらい、

「使えるまでとなってしまうが、1本前の歯もないし保存を行うか!?」

 

 

患者さんは残せるのであればとのことで、保存する方向で再び治療を行い

2019 EEdental SN (3).jpg

仮歯を作り、患者さんには「1年ぐらい仮歯で様子をみさせてください」と説明し、 

 

3カ月、6カ月、1年と経過観察

2019 EEdental SN (4).jpg

幸いなことに歯ブラシ能力が高い患者さんでいつも綺麗な口腔内だったのが大きいのか

腫れや痛みなどはない

 

そして根管治療から1年3カ月後

2019 EEdental SN (5).jpg

特に問題なく経過してくれています。

 

 

ちょっと前にも患者さんに言われましたが、

レントゲンはただの影絵であり、その影絵から全ての状況を知ることはできません。

しいて言えば、ざっくり悪い歯のイメージが出来る程度です。  

このイメージも経験とか知識によって1枚のレントゲンでも抜き取れる情報量が異なります。

 

ですので、実際治療してみると

「えぇ!?」ということもたまにあります。

 

またレントゲンの種類にもより、見えるものは異なってきますので

病気に合ったレントゲンの種類で診断をした方が誤診も少なくはなると思います。

 

今回のケース、根尖病変も無かった為CBCTを撮らずに治療を行いましたが、

術前時にもしCBCTを撮っていれば、歯の穴が予想できたかもしれませんがリスクとしてもれなく被爆します。

 

ホント医療は結果論の部分が多く、後でああすれば良かったのかな!?という所も出てきてそれが経験値となります。

 

難しいっすわ歯科医療。。。(>。<)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

直接覆髄後の大きな痛み

患者さんは40代女性

以前全顎検査を行い、何本か治療をさせて頂き一旦治療は終了したのですが、

ある日突然奥歯に激痛が出てしまいEEデンタルへ連絡

   

この歯は過去に他院で直接覆髄+レジン充填が行われており、

全顎検査時には虫歯もなく詰め物の適合も問題なし綺麗な治療がしてあると判断し治療は行いませんでした。

  

関西方面の患者さんで、「その日のうちに治療を行いたい」との希望

基本的にEEデンタルは初診日には診査と説明のみで、必要があれば応急処置を行う程度で、

初診日には治療は行っていませんが、

過去に全顎検査(検査代2万円)など行いレントゲンや口腔内写真・顕微鏡映像などの資料があれば、

だいたいどのような治療になるか見当がつくので初診日に治療を行うことも可能な時があります。 

*資料がないとどういう状況で何の処置になるか見当がつかないので、残念ながら当日は応急処置にとどまります。

    

  

とわいえ、近日中で空いている枠は1時間 

今回の歯は、歯髄炎を起こし要根管治療と事前に判断

 

実際来院して頂くと、

2020 EEdental NaM (1).jpg

根尖に怪しい所見がでてきています。。。

  

打診などから歯髄炎を起こしていると判断し、3mmの穴から根管治療

2020 EEdental NaM (2).jpg

神経は死んでおり、歯髄の出血は全くみられませんでした。。。

(健康な歯髄は血液が通っており、神経が見えると出血してきます)

 

1時間という時間でしたので、髄腔開口・穿通(4根)・拡大・洗浄まで

 

 

2回目の来院の際には痛みもなくなり、根管充填 

2020 EEdental NaM (3).jpg

 

で、ここで「ん~、どうしよう」

2020 EEdental NaM (4).jpg

以前のレジン充填、適合はいいのだが、黄色の部分のカウントゥアーがレス

(レジンのボリュームが歯の形になっていない)でここが気になる・・・

ピンクの矢印はMB、MB2

  

  

これだけレスだと物も詰まりやすく、掃除も大変なのでやり替えることにしました。

2020 EEdental NaM (5).jpg

一番下の歯

  

治療回数2回

根管治療+土台+レジン充填の治療となりました。

 

 

今回のような直接覆髄法

非常に予知性の低い治療法で私も直接覆髄をしますが、昔より適応範囲は狭くなってきています。

特に歯髄の状態を拡大して行わない直接覆髄は失敗が多いと思われますので、

歯髄の保存に固執しない方がいいと思います。

 

歯の神経を残されたい方へ注意事項:http://eedental.jp/ee_diary/2010/10/post-166.html

 

この歯も今後経過を見ていきます( ・∀・)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯内療法専門医 難易度高し!超石灰化根管

患者さんは40代女性

右下の歯に時々違和感があるとのことで来院

  

レントゲンを撮ると

2020 EEdental IK (1).jpg

大きなゴールドアンレーが入っており、隙間には【小さな虫歯】と根の先には【根尖病変】 

違和感の原因であろう歯はすぐに特定できたのですが、  

ん~~、これは神経が隠れてしまっていて難しい治療になりそう・・・

 

というか、体の防御反応で石灰化が起こり過ぎて神経が死んだか!?

 

 

1本奥の歯と比べてもらえば分かりやすいのですが、

第一大臼歯(右)と第2大臼歯(左)で神経管の形にかなり違いがあります。

2020 EEdental IK (2).jpg

歯髄腔も無くなっていることが根管治療をメチャ難しくしている要因・・・

  

近心根管はかろうじて、線は見えるが隠れた入り口を歯の中から見つけれるか!?

推定0.2~0.3mm

 

また入り口を見つけても、根の先まで線が見えるが激細で推定0.1mm以下・・・

 

図で表すと

2020 EEdental IK (4).jpg

このピンクの点を探し、神経管を傷つけないように根の先端まで掃除・・・

*因みにこういうケースで「パーフォレーション(歯に穴)」が起こりやすいです 

 

 

歯科医師ならこの難度はよく分かると思いますが、 かなりの難易度。。。

患者さんにはまず上から通法の根管治療をして、神経管が探せない場合は後で外科的に根の先を切り取り逆から薬を詰めると説明

 

 

1回目の治療で

エアースケーラーにエンド用のダイヤモンドチップを付け、顕微鏡下で神経管の入り口を探す為に

少し削って、0.1mmのオープナーで突き、確認の繰り返しで根管口を探し、

そこから0.06mmと0.08のKファイルでクラウンダウン

0.08mmのファイル穿通後Ni-Tiファイルで拡大(プロテーパーゴールド)

  

普通のネクローシスパルプなら現在1回法で治すことが多いのですが、さすがに神経管を探すのに時間がかかりました。

 

2回目の来院の際には腫れもなくなり、重い感じの違和感もなくなったとのこと

根管充填+コア

2020 EEdental IK (3).jpg

近心根は2本の神経管が「Y」字になっていました。

*GP使用 

  

 

いやいや、こういう激細根管はミス1つ許されないというか、レッジなどを作ってしまうと

二度と本来の根管が治療できないのでヒヤヒヤの根管治療でした。

この歯を最初治療させて頂けたので根の先まで綺麗に治療できたのかと思います。

  

患者さんに覚えていてもらいたいのは、根の治療は1回目が非常に重要です、

やり直しの根管治療になると前回の治療の後処理からスタートになるので難易度は上がり成功率は下がってしまいますヽ(- ω -  )

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

抜歯を勧められた歯の根管治療

患者さんは40代女性

15年ぐらいまえに神経を取った歯が痛くて、歯茎からは膿が出てきた為に歯科医院に行くと

「抜歯した方がいい」と言われたとのこと

   

 

何とか残せないかとEEデンタルへ

歯茎からは膿が出てきて、歯も骨の支えがないのか揺れます。

 

レントゲンを撮ると

2020 EEdental HK (4).jpg

ぼんやり病変のような影はあるがはっきりしない・・・

 

下顎大臼歯、特に第2大臼歯は分厚い皮質骨に覆われているので、根尖病変がレントゲンで映りにくい時があります。

 

そんな時はCBCT

2020 EEdental HK (0).jpg

歯の周りの骨が全くありません、これだけ骨が逃げてしまうと歯が揺れていても不思議ではありません。

 

デンタルで照らし合わせるとこんな感じ

2020 EEdental HaK  (2).jpg

患者さんの希望があり、残せそうであればトライするのが歯内療法専門医

 

  

3回で根管充填まで、

2020 EEdental HaK  (3).jpg

前回の治療でたぶんラバーダムをしなかったからだと思いますが、

根管内はドロドロにGPが汚れていました・・・

   

樋状根(複雑な神経管)をMTAにて根管充填!

 

 

クリアランスの問題からTEKは入れずに、レジンコアを対合歯に当て経過観察

*このケース仮歯を入れても強度不足ですぐに割れて取れてくるので。

 

 

コロナ明けで久しぶりに来院されたので、レントゲンを撮らせてもらいました。

2020 EEdental HaK  (4).jpg

おっ!いい感じで骨出来て来てくれていますねぇ!

  

歯の揺れも腫れも痛みもなく順調とのこと。

この状態であれば仮歯を作って本歯を作って行っても大丈夫でしょう!(・∀・)ノ 

 

 

全部が全部残る訳ではありませんが、歯内療法絡みで抜歯宣告を受けてしまったら

抜く前に一度歯内療法専門医に相談した方がいいですよ。

 

インプラントと言っても、自分の歯とは別物ですからね!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯内療法専門医 想像と推測からの治療

患者さんは50代女性

セラミッククラウンを入れた後も腫れてきて大学病院や市民病院へ行き

過去2回根管治療を行っているが良くならないとのこと

  

 

レントゲンを見ると、

2020 EEdental KO (1).jpg

大きな病変が見られます、それと同時に歯質の残存量が少なそうで

どうやら次の根管治療が最後の治療になりそうな雰囲気

 

 

患者さんに説明を行い保存する方向で2回法で治療

 

結果的に言えば、なんとか保存はできました、

2020 EEdental KO (2).jpg

1年で骨もびっちり出来てきてくれています!

  

実はこの歯、神経管が2本寄り添うように並行して存在し、

2020 EEdental KO (3).jpg

白い線が重なっているように見えます。

  

道具が入りにくい側の神経管(舌側)が全く手づかずでそこが感染源になってたと推測されます。

逆にいうと、以前の治療で治療されていた側は石灰化しており問題はないと判断し、そこまでを綺麗に仕上げておきました。

  

 

歯内療法専門医は下顎の前歯・小臼歯は2本の神経管というのが10~20%存在するという頭があるので、

この部位の治療を行う際には2本目の神経管が隠れていないかを注意深く探します。

  

このような10~20%にしか存在しない神経管を見落とした場合の予後は悪く、

何度治療しても治らないから、外科 or 抜歯が必要と判断されてしまうこともあります。

 

 

神経の治療は時に0.1mm以下の単位の治療も必要とされる繊細なものです。

私のファイルボックスにも0.06mmの極細のファイルが入っています。

(髪の毛より細い金属のヤスリです)

毎回必要な訳ではありませんが、極細の神経管を見つけた後にはこの細さの道具でないと治療できない場合もたまにあります。

 

根の治療は出来る回数も決まっているので、悪くなった歯を保存したい患者さんは一度歯内療法専門医に相談してみてください。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

症状のない大きな根尖病変 根管治療治癒症例

今日で今年も半分終わりますね、

2020年はオリンピックからコロナの年に変わってしまいました。

後半も2次ピークがないまま社会が良い方向になればと思います。

  

 

今回は半年前に治療させてもらった、40代男性患者さん

前歯と奥の銀歯が取れたことを主訴に来院

現在痛みや腫れなどの症状はなし

  

奥のレントゲンを撮ると・・・

2020 EEdental KT (1).jpg

手前の銀歯の虫歯という問題が霞むぐらい大きな病変が・・・

  

根尖病変の怖い所は、無症状で病変が大きくなることが殆どです。

CBCTで見ると、3本ある根の近心頬側根に問題がありそう

*基本的に専門医は術前診査でその歯のどこを治せば歯の保存ができるか診断します。

   

 

前の先生も非常に上手な先生で、綺麗に根管充填剤が入っています。 

ガッタパチャーの入りで言えば、ほぼ100点の治療

   

 

患者さんに銀歯が外れた所をレジンで治したら、奥歯も

治療した方がいいと説明させて頂き、治療させてもらいました。

 

 

治療スタート

2020 EEdental KT (2).jpg

過去に2回根管治療が行われており思った以上に健康な歯はなく、

前回の治療で歯茎上の歯質は全くなく骨辺縁からメタルコアで治療がされていましたので、

 

コア除去後、外科的レジンにて「隔壁」←これはレジン充填のスキルになります。

*根管治療は何度も同じ治療が出来ません、だいたい2~3回の治療で打ち止め次は【抜歯】となります。

  

 

1回目の治療で病変の原因の根(近心頬側根)を顕微鏡下で観察すると

MB2(4本目の隠れた神経管)を見つけそこを治療すると排膿(膿が出てくる)

その後徹底的に歯の中を洗浄(NC+EDTA、超音波)

治療時間1時間45分   

 

 

3週後の2回目の治療時、【腫れも痛みもない】ことより

再度根管内をNC、EDTAにて洗浄後「根管充填+土台+仮歯Set」まで

治療時間はおおよそ1時間45分~2時間

2020 EEdental KT (3).jpg

MB、MB2はMTA根管充填 DB、PはGP

 

 

そこから6カ月経過、何も症状、腫れはなく経過しており

   

術後6カ月のレントゲン

2020 EEdental KT (4).jpg

えぇ~~~!((゙◇゙)) 骨できるの早っ!

  

あれだけ大きかった病変が6カ月でほぼほぼ治ってきてくれています。

外科的レジンを行った歯肉も全く問題ありません。

こういうケースを沢山行っていると縁下カリエスはそこまで怖くはないです。

http://eedental.jp/ee_diary/2020/02/post-1794.html

  

 

隠れた第4根管が感染源になることはたまにあります。

その隠れた根管を探し出すにはやはり顕微鏡は有効なツールになります。

その隠れた神経管をトリートメントするのは術者の腕ですが、まず見つけれなければ・・・

 

  

いやいや、こういう治癒が早いケースも極たまにありますが、このケースはビックリするぐらいのケースでした。

*MB2を治療する際のコツは道具とコンサバティブ&アグレッシブな攻めです。←なんのこっちゃ! 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> 歯内療法日記アーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top