Home> マニアックレジンアーカイブ

マニアックレジンの最近のブログ記事

矯正治療中の虫歯

現在矯正はマウスピースで行う矯正治療と従来通りワイヤーではを動かす2つがあります。

軽度の矯正であればマウスピースでもいいとされています。

歯を大きく動かす場合などはワイヤー矯正の方がいいとされます。

 

ただ、この2つ大きく異なるのは「歯の磨きやすさ」

マウスピースは取り外し式の為、毎回通常通り歯磨きができます。

一方ワイヤー矯正は歯にブラケット(金属のボタン)とワイヤーが来るので歯磨きが非常にしにくいです。

その為、虫歯になりやすい人で歯磨きが出来ないと虫歯の発生装置にもなっていしまいます。

 

ですから、ワイヤータイプの矯正装置であればなお一層歯磨きを頑張ってもらう必要があります。

また定期的に歯科医院で虫歯がないか!?チェックしてもらった方がいいのですが・・・

 

問題はここ!

定期的に歯科医院に行っていても、虫歯の見逃しは出てしまいます。

 

私がお願いしている同級生の矯正の先生は

「自分は歯を動かす専門で、虫歯の発見や治療は素人レベルだからフォローよろしく!」

と歯科医師ながら虫歯はノータッチです。

 

話を聞くと矯正の先生は虫歯の発見は苦手のようです。

ただ、このように最初から割り切って云ってもらえると周りがそのフォローをすればいいのですが、

厄介なのが、定期的に歯科医院でチェックしているにも関わらず虫歯が大きくなり痛みが出て、

患者さんがおかしいと判断し、歯科医院に行くと「あ~、大きな虫歯あるねぇ~」とまるで他人事の先生

 

今回の患者さん、20歳の男性

10歳の頃から虫歯治療でお母さんが連れてきてくれ診させて頂いていますが、

1年ちょっと前からかかりつけで矯正を始めたとのことでしたが、電話がかかってきて

前歯がズキズキ痛いとのこと・・・

 

来院してもらいレントゲンを撮ると、痛みのある右上1は大きな虫歯から歯髄炎を起こしている。。。

患者さん、お母さんに説明を行い抜髄+レジン充填

 

その治療した隣の歯を見ると、

2022 EEdental KAY (1).jpg

抜髄対象にも思える大きな虫歯が更に2本。。。

 

患者さんは定期的に歯科医院に行きチェックしてもらっているにも関わらず、ここまで大きな虫歯

  

幸いこの2本は症状も無かったことより、神経の保存を行う方向でレジン充填

2022 EEdental KAY (2).jpg

側切歯はピンクスポットが見えてましたので露髄したと判断し覆髄を行いました。

   

虫歯を作ってしまうのは患者さんの歯磨きの不足の面はあります。

が、

ここまで虫歯を大きくなるまで発見できないのは歯科医師に責任の一端はあります。

 

ワイヤー矯正をしている患者さんは、ある程度虫歯を見つけられる先生の元で定期的にチェックしてもらった方がいいですよ。

歯科医師でも虫歯の発見能力には大きな差があるのが実情です。

 

今回の患者さんまだまだ若いのでなるべく神経が保存できるといいのですが・・・

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

大きな虫歯と歯髄保存

歯の神経を取る・取らない これは先生毎に判断が分かれる所があり、

「虫歯が大きい=神経を取る」という傾向があります。 

 

ただ、虫歯が大きくても残せる神経は残せます。

 

 

基本的に私は虫歯の大きさより、症状と根尖のレントゲン所見を基準にすることが多いです。 

 

患者さんは50代男性 1カ月前に奥歯がジャリジャリしてから物が詰まりやすくなった。

他の歯科医院で治療したが詰め物が外れた とのこと。

2022 EEdental KR (1).jpg 

かなり大きく穴が開いています、が痛みなどの症状は一切ないそうです。 

   

患者さんに虫歯の大きいが神経の残す治療をトライするか!?説明を行い

歯髄保存を行いました。

口腔内 術前 ⇒ レジン充填後 

2022 EEdental KR (4).jpg

レントゲン

2022 EEdental KR (3).jpg

かなり大きな虫歯でした、ピンクスポットのような歯髄が透けて見えるところまで虫歯がしんこうしていましたが、とりあえず神経保存

 

この後、大きなズキズキする痛み、温かいもので誘発される痛みが出てしまえば、神経を取る治療をする予定です。

ここまで虫歯が大きくても神経が残る時は残ります。

 

イメージ的には10本に1本ぐらいが神経を取ることになります。

逆に言えば虫歯が大きくても手間をかけきちんと治療することで9割近くは神経保存が出来ます。

 

個人的には症状がない歯に関しては、歯髄保存にチャレンジする価値はあると思います!(・ω・)ノ

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

勘頼りの手探りの治療と見える治療

患者さんは40代女性

全顎検査をさせて頂くと、顕微鏡下で明らかに虫歯が残ったレジン充填の痕。。。

  

患者さん的な思いは、

全ての歯科医師が完璧に虫歯を取り段差の無いように治療してくれている

とお思いでしょうが、ところがどっこい

  

一般的に奥歯にの虫歯の治療ってほぼ手の感覚だけで行うことが殆どで、

う蝕検知液を何度も使用して、デンタルミラーで確認の繰り返しは非常に手間と時間がかかりそこまで丁寧に治療をしてくれる歯科医院は少ないと思われます。

 

レントゲンを撮ると

2022 EEdental SIY (1).jpg

かなり大きな虫歯が残っています。

下手したら露髄(神経が出そう)しそう・・・

 

患者さんも虫歯なら治療しておきたいとのことで治療をさせてもらうと

全て顕微鏡下で治療を行います。

2022 EEdental SIY (2).jpg

かなりの虫歯が出てきた為、レントゲンの白いレジン部分が大きくなっています。

 

最近、患者さんが帰りがけに言われましたが、

「先生がブログで書いていた、『手間をかけてでも1回できちんと治療した方がいい』というのは身をもって体験できた。ホントにそう思う」と話されていましたが、

歯の治療って何度も同じ治療が出来る訳ではありません、治療という名の行為と引き換えにもれなく歯の寿命を短くしております。

 

自費治療が良くて保険治療がダメということはありません。

ただ、言えるのは歯科治療の多くは術者の知識と技術でその多くが決まってしまっているということです。

保険治療でも上手な先生は上手ですし、自費治療でも下手な先生が行えば・・・

 

歯科治療は色々奥が深いです(^。^;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

続 AIPC(非侵襲性歯髄覆罩)リエントリー

患者さんは10代前半の女性

虫歯が大きく神経を取る可能性があるかもしれないとのことで

隣町の先生からの紹介がありました。

 

レントゲン

2022 EEdental UE (1).jpg 

かなり大きな虫歯が見られます。

小児の虫歯はレントゲンで見るより二回りほど大きいのでお母さんに説明を行い

タンニンを使用したAIPCを行い歯髄保存をしましょうと説明

  

ラバーダムを行い 虫歯治療 ⇒ 薬剤塗布 ⇒ レジン充填

2022 EEdental UE (2).jpg 

上の虫歯はしっかり取り、神経付近の虫歯を残し

残した虫歯の上にタンニンを塗り、虫歯をもう一度固い健康な歯に戻す方法です。

 

この方法は2回法で行うもので、AIPC後3カ月にリエントリー(もう一度全ての虫歯を除去治療)します。 

 

ただ、個人的には3カ月という期間は短いイメージがあり、リエントリーは6か月以降にしています。

 

またケースによっては、リエントリーなしというケースもあります。

このケースもお母さんにしばらくリエントリーなしで経過観察していきますと説明

2022 EEdental UE (3).jpg

経過観察を行い、神経が死んできていないか虫歯が大きくなっていないかだけ

レントゲンでチェックします。

   

2年半経過した所で、詰めたレジンの横に新たに虫歯の所見があったので

リエントリーをさせてもらいました。

歯髄保存のポイントは封鎖性の維持なので、新たな虫歯で封鎖性が下がり失敗に終わるのが怖い。。。 

 

術前 ⇒ 術後

2022 EEdental UE (4).jpg

わざと取り残した虫歯、その上に塗ったタンニンを除去し、う蝕検知液で染めると

最表層にはう蝕検知液に染まる虫歯の層がありましたが、その層を薄く削ると下には固い象牙質に変わっておりました!

これだけ固ければ安心!と思います。 

第2大臼歯の虫歯を全て取っても露髄などはなく、通常通りにレジンを詰めました。

*レントゲンの白い部分がレジンで術前に比べ一回り大きくなっているのが分かると思います。

 

術後 レジン

2022 EEdental UE (5).jpg

AIPCはレジン治療2回分の費用がかかりますが、

ただ神経が残るメリットはかなり大きいものです。 

私は、現在術前時に虫歯が大きく神経を取る可能性が高い場合、AIPC、シールドレストレーション、

で歯髄保存を行います。

わざと虫歯を残す治療法「シールドレストレーション」 - EE DENTAL_Blog

 

成功率の問題で、最近はあまり直接覆髄はしなくなってきています。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯科治療 やるなら1回できちんと治療

以前ブログにさせてもらった

珍しい第2小臼歯からの上顎洞炎 - EE DENTAL_Blog

 

根尖病変は落ち着いてきており、

2022 EEdental WS (2).jpg

クラウン製作の依頼があり、口腔内を見ると・・・

歯茎が腫れている!

その理由はレジン充填に段差がありすぎて、歯肉炎の発生装置になっていました。 

  

2022 EEdental WS (3).jpg

レントゲンでも大きくはみ出して凸凹に詰めているレジン

  

以前の銀歯(インレー)の方が圧倒的にいい状況

レジンは先生一人完結の治療で、術者の技術がモロに出る治療なので上手い・下手が如実に出る治療です。

そういった面から推測すると、レジン不得意か!?レジンの合格点レベルが著しく低い。。。

  

クラウンの作成の為に来院してもらったのですが、

患者さんにはクラウンを作る為には隣の歯が基準点となるが、その基準が崩れているから

きちんとやるには第一大臼歯のレジンはやり直した方がいいと説明させてもらい

再レジン治療することに、

 

かなり大きく歯茎の上と中に詰められているレジン・・・

顕微鏡で慎重に削って行き&歯肉付近に残ったレジンは弾いて除去していきます。 

 

その後元の歯をイメージしてレジン充填

充填後に段差のチェック 

2022 EEdental WS (4).jpg

歯肉から綺麗に立ち上げてカウンター(ボリューム)を作れました。

ここから患者さんに歯間ブラシを入れ腫れた歯茎を整えてもらい、次回クラウンの印象を行います。

  

歯科治療は1回目より2回目、2回目より3回目と回を重ねるごとに難易度が上がります。

つまり回を重ねる毎に自分の歯は減り、成功率も下がります。

 

個人的には歯科治療は1回で時間をかけきちんと治しておいた方がいいと思いますね(・ω・ )

 

↑これ早目に気が付いた方がいいですよ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

シールドレストレーション術後

わざと虫歯を残す治療法「シールドレストレーション」 - EE DENTAL_Blog

の続き、

 

あれだけ虫歯が大きかったケースでしたが、

2022 EEdental HSO (1).jpg

 

術後10カ月

2022 EEdental HSO (2).jpg

神経は健康に経過しています。

 

因みに特殊な薬剤は使用していません。

体のルールに従い治療をしただけです。

 

歯髄保存には〇〇法、△△という薬剤!

ん~、ホントに!?(?。?)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

左右同名歯

基本左右の同名歯の形は鏡で映したかのようにシンメトリーになっています。

ですので、かなり高いレベルで治療している先生などは反対側の歯の形や色、テクスチャーを参考に歯を作ります。

 

私はと言うと、シンメトリーを意識するのは上顎の中切歯のみ(笑)

この歯は少しでもバランスが崩れると、顔の印象にまで影響が出るのでなるべく左右対称を意識します。 

じゃあ、奥歯は!?

   

殆ど気にしません(笑)

 

何故か!? 

理由は手間と時間と労力をかけてシンメトリーに作ってもさほどメリットがないから・・・

   

人の体は左右対称のかみ合わせではないので、同じに作ろうと思っても作れないことも多々あります。

特に前回の治療の詰め物などの形態が悪いと、その詰め物に対して咬み合わせが変化しているのでどんなに頑張っても元通りには作れません。

 

ですので、個人的にはなるべく問題が起きないような形態は心がけており、

ドフラットの被せ物や詰め物は個人的に好きではありません。

そこそこ作りこんだものの方がいいとは思います。

私個人のイメージ的には、コンスタントに90点レベルの治療が理想で100点の臨床は目指さない! 

患者さんからすれば100点狙ってよと思われますが。。。   

 

  

今回の患者さん、20代の女性

2カ月前に近医でレジン充填をしたが虫歯が大きかった為か、体調が悪かったりすると、

口を開けた時に痛かったり変な感じがする、激痛は無いが何かあるような違和感がある。

治療後から顎下部に痛み出てきている。

 

レントゲンを撮ると、神経付近まで削ってあるのですが少しだけ虫歯を疑わせるような所見

ただ、詰め物がバルクフィルで詰めたかのようにドフラットでボリューミー。。。

 

歯の表面にプラークが見られたので、まずは良く磨いてそれで改善すればそのままでもOKと説明

  

ただ、後日患者さんから連絡があり、やっぱりやり直したいとのことで

レジン治療をさせて頂きました。

2022 EEdental TA (2).jpg

前の先生もかなり頑張って治療されたと思いますが、中から虫歯が出てきました。

  

この歯ちょっと形態が出しにくいケースだったなと思い、反対側の同名歯を見ると

2022 EEdental TA (1).jpg

だいたい似た感じで作れていました。

90点ぐらいでしょうか(笑)

  

ただ、リアルに作れたからといって術前の違和感が消えるかは別問題なんですよね。。。

1カ月程度様子をみてもらい違和感が引いてくるといいのですが (・ω・;)

  

追記:術後1週間でたまに温かいもので一過性に気になる程度で、術前より落ち着いてきているとのこと

 良かった良かった!(^。^)

因みに、治療後に違和感の出ていた歯というのはきちんと治療をして改善する場合でも3~4週間ぐらいかかる場合が多いです。劇的に次の日に違和感が消えるのは稀です。

それと違和感が長く続いていた歯ほどなかなか違和感は引かないので、治療後に生活で気になる違和感が出た場合1カ月を目途に一度歯科医院で相談した方がいいですよ。

ただ、保険診療だと同部位の再治療費は頂けないので「様子をみてね」で終わる場合が多いとは思います。。。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

レジンday

CR / 歯内療法専門医が行うレジン治療(笑)

 

患者さんは、50代男性 

親知らずを抜いた後に先生から親知らずに隣接した面に虫歯があると指摘を受ける。

ご夫婦で診させて頂いている患者さんで、EENOボールでの治療を希望される。

 

レントゲンを撮ると

2022 EEdental MO (1).jpg

遠心に虫歯と詰め物の下に丸い透過像(虫歯か空洞だと判断)

 

とりあえず症状がないことより歯髄保存の方向で治療

この部分をレジンで修復すると

2022 EEdental MO (2).jpg 

咬合面の丸い透過像は、大きな気泡でした。

 

この歯は「C色」だったので、グレークリアーを使用しました。

2022 EEdental MO (3).jpg

昨日は1日レジン治療をしておりました(笑)

 

不思議なもので2つの専門をしていると、レジンが多い週と根管治療が多い週があります。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

レジンの保障期間の変更

開業以来 プラスチック治療の保障期間を5年としていましたが、 

周りの歯科医院を見てもレジン系の保障は3年のことが多く

EEデンタルも2023年からのプラスチック治療は3年保障とさせて頂きます。

 

当院の保障はレジンがかけたりした際に初診代で診察、修復を行います。

期間中に同じ所が何度かかけることが、極稀にあります。

その場合ゴールド修復に変更して頂く場合がありますが、その際は

ゴールド修復費ーレジン治療費=差額分 を負担して頂く形をとっています。

 

因みに2019年に調べたEEデンタルのレジンリペア割合ですが、

2019年は1年間で31本のレジンがかけてきました。

この年は441本のレジン治療をしているのでリペア割合は約7%

3年以内が4.5% 5年以内が5.8% 

 1~3年 20本

 3~5年   6本

 5年以上   5本

という感じで半数以上は詰めてから3年以内にかけたりしてきます。

    

2022年までに治療させて頂いた歯に関しては、従来の5年の保障とさせて頂きます。

 

なお、セラミッククラウンやゴールド修復に関しては今まで通りの5年保障とさせて頂きます。

 

よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯の寿命を縮めない為に歯の神経はなるべく残す

患者さんの全顎治療が終わりまた。

その際に虫歯の大きかった部位の最終確認をさせてもらいました。

患者さんは50代女性 

右上に大きな治療痕があるのですが、顕微鏡で見ると明らかに詰め物の下に虫歯

レントゲンを撮らせてもらうと

2022 EEdental AR (1).jpg

詰め物のした全部に虫歯・・・

狙ってシールドレストレーションしたようには見えません。

 

患者さんと話し合い、とりあえず症状がないので神経を残す方向で治療

奥2本歯ゴールドアンレー、手前2本はレジンで治療することにしました。

 

2022 EEdental AR (2).jpg

露髄させないように慎重に削り、歯髄保存を行いました。

4本中3本は虫歯が縁下深くまで進行しており電メスを使用して歯肉をトリミングし

縁下からレジンで立ち上げ治療(言葉にすると簡単そうなんですけどね・・・)

*患者さんにはこの後症状が出るようなら神経を取るとお話をしています。

 

幸い症状出ずに経過していたので、本日治療の最終日だった為

 

神経が無症状のまま死んでしないかレントゲンでチェック

2022 EEdental AR (3).jpg

歯髄の方に問題はなさそうです。 

 

歯の寿命は神経のある・ないで大きく差が出ます。

極論ですが、私は神経の無い歯の寿命は神経のある歯に比べ半分以下だと思っています。

ですので、私は神経を取る専門ですが神経が健康な歯というのは虫歯が大きくても神経を保存します。

  

精密さと手間のかかる治療ですが、神経を残す価値は大きいと思います!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> マニアックレジンアーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top