Home> なんとなくレジンアーカイブ

なんとなくレジンの最近のブログ記事

銀歯からレジン治療で白く自然な感じで

術後っす! 

2017 EEdental IM(5) .jpg

2017 EEdental IM(6) .jpg

セラミックブリッジ:1ユニット

レジン治療:12本 *レシピ:OA3+クリアー(+XW 乳歯色

 

術前写真はまたそのうち

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

治療の際に虫歯の取り残しが出やすい場所

上顎第2大臼歯の頬側面

2017 kenbikyou.jpg

この部分、患者さんもかなり意識的に歯ブラシを奥に入れないと綺麗に磨けません。

 

歯科治療の原則として、

奥歯ほど見にくく治療がやりにくい

患者さんが歯ブラシやりにくい=治療がやりにくい

 

この部分に虫歯が出来ると、咬む面を大きく犠牲にしてアンレーという金属で治すのが一般的なのですが・・・ 

 

治療の際にほぼ見えない場所になるので、多くの場合で虫歯を残したまま治療が行われます。。。(-ω-;)

 

今回のケースも銀を外すと

2017 EEdental IH (2).jpg

虫歯が・・・

 

こういうケースには顕微鏡が非常に有効なツールになります。

2017 EEdental IH.jpg

「見えない治療」と「見えている治療」、結果に違いが出るのは言うまでもありません。

 

奥歯の治療は手間と時間をかける必要があると感じます(・д・;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

大きな虫歯をどう治す!?

一般の人は知らない人が大多数だと思いますが、

中等度以上の虫歯の治療は同じ歯を見ても各歯科医院・各先生で治療方法が異なることがありますヽ(゚Д゚)ノ

 

例えば、

2017 EEdentalTM2.jpg

虫歯をくり抜いて歯の半分ぐらい無くなってしまった歯

 

この歯を白く治したいとなると、

1、神経の保護(ベース)をした後にセラミックアンレー

2、ここまで歯がないからベースした後にセラミッククラウン

というのが一般的な治療法になるかと思います。

 

先生によっては、

3、レントゲンで虫歯が大きい=神経を取ると判断される先生もおられます。(←別に否定している訳ではありません) 

保険内の治療であれば時間との勝負なので時間をかけて治療は難しいと思います。

*上の写真も虫歯除去に何度も虫歯の染め出し液を使い30分ぐらい使っています。 

  

 

ただ、個人的には可能であれば歯の寿命の為にも神経は残すべきだと思いますし、

詰め物のセラミックインレー・アンレーの良い適合を獲得為には虫歯以外にだいぶ削る必要があり、

またかなり上手な技工士でないと適合・色合わせなどは難しいと思います。

 

私はメリットよりデメリットが気になりセラミックインレーは止めてしまいました。

  

 

今回のケース、必要最低限の削除量で私はレジンで詰めてしまいます。

2017 EEdentalTM0.jpg

フロアブルレジンを駆使することで、大きな窩洞でも隙間なく詰めることが可能です。

治療時間1時間半 治療費:75,000円 

 

術後チェックのレントゲン 

2017 EEdentalTM3.jpg

OK!ヽ( ̄▽ ̄)ノ 

 

 

ある患者さんが治療後の帰り際に

「今回、歯科医院って同じに見えて大きな違いがあることを知りました」

とおっしゃられていましたが、その通りなんです!ヽ(・д・)ノ
 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

テトラサイクリンのC色のレジン充填は難しい。。。

もうちょっと、シェードマッチング出来ればなぁ~、と

2017 EEdental KO.jpg

  

メーカーに希望したいのは

万能C系オペーク作ってくれ・・・

 

  

そら、頻度的に少なく売れないから企業も作らないわね(-д-;)

歯科医院も準備しても不良在庫になり期限が来て廃棄するだけだから買わないわね(-д-;)

 

50代前後に多い抗生剤(テトラサイクリン)による変色は、

患者さん個人は困っているのですが、全体で見れば絶対数が少なく現在の歯科医院ではセラミッククラウンでの対応となります。

⇒つまり大きく削る治療一辺倒

 

何とかレジンで治そうとしても・・・

2017 C.jpg

一般的なA系統のレジンしかないので、こんな感じになってしまいます。
http://eedental.jp/ee_diary/2011/08/post-350.html   

 

偽コンポジストとしては、

もうちょっと対応できるレジンの種類があればなぁ・・・

と思います。

 

が、

 

 

ただ、売れないだろうな。。。( ̄ー ̄;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

テトラ系C色は難しい~!

小さい頃にテトラサイクリン系の抗生剤を飲んでいた40代、50代の患者さんは歯の色が白よりの黄色ではなく、グレー、紫ベースの歯の色になります。

  

このテトラ歯の色のバリエーションも多く、難しいケースだと茶色から紫そしてグレーな白に移行する歯の色もあります。

材料メーカーもこのC色の歯の色には対応しておらず色合わせがほぼ不可能です・・・( ̄  ̄;)

 

私も術前時には必ず

「色はまず合わないですからね、虫歯はきちんと取ってきちんとレジンを詰めることはしますので」

と話して治療スタートします。

 

と言ってもいつものレシピを使用する訳ではなく、可能な限り色合わせは行います( ̄ω ̄;)

 

術前⇒術後 

2017 EEdental K (1).jpg

側面

2017 EEdental K (2).jpg

レシピ:

1層目:象牙質は濃いオレンジ色だったので、まずはサービカル色でマスキング

2層目:エナメルはグレークリアー

3層目:ラベンダー(紫)で色付け+XWで白さを出しつつコーティング

 

今ある技術で可能な限り合わせてみました。

自分では綺麗に行った方だと思いますが、C色は難しいです!( ・ω・)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

でっきるっかな♪ でっきるっかな♪ さてさてほほー♪

私が開業前の14~15年前に治療させてもらった患者さんの1年前の口の中

2017 EEdental KH (1).jpg

この当時、勤務医だったので師匠の方針で臼歯部のレジン治療はほぼやっていませんでした。

 

ですので、臼歯部には適合精度がよくなるゴールドを使用させてもらい間接法で治療をしていました。(・ω・)

 

  

15年もするとそろそろ修復物(接着剤)の寿命が来ることになり、

左下一番奥のゴールドアンレーが外れてきてしまいました。

2017 EEdental KH (2).jpg 

  

歯肉縁下(歯ぐきの中)に小さな虫歯はありましたが、大きな虫歯はなくやり代えとなりました。

  

虫歯除去後

2017 EEdental KH (3).jpg

さて、ここからどう治すか?(・д・)ノ

 

7番で十分な時間もあり、

レジンででっきるっかな♪  でっきるっかな♪

 

さてさてほほー♪

 

2017 EEdental KH (4).jpg

レジンアンレーで修復してみました。

*治療費75,000円 治療時間1時間半 

  

一応補足で言うと、現在私は

ゴールドアンレーとレジンアンレーで治す場合半々であります。

 

15年前には出来なかった技術が今はあると、長く通院して頂いている患者さんの口の中を見ると思います。( ̄∀ ̄)ノ

 iryu.jpg

 

今出来るベストな方法で治させて頂きます!(・ε・) 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

20世紀基準の歯科治療から21世紀基準へ

最近、アンレーの詰め方が分かってきた為か1時間半でだいたい詰めれるようになってきました。

2017 EEdental OJ2.jpg

と言うか、咬頭に虫歯なんか出来ないんだから・・・(p・Д・;)

時間短縮の為に機能咬頭安易に削り過ぎの気がしますが。。。  

   

接着の進化がもたらす21世紀標準の治療

  

なるべく削らない治療って既に良い線まできていますよ!d(・ω・)

*ドックベストとか3Mixのことではありませんのでね、むしろ私は薬剤に頼る治療は嫌いですし否定派です。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

レジン充填にラバーダム

私は根管治療時には99.9%ラバーダムを行っています。
 
ただ、レジンに関してはちょっと前までラバーをする割合は10%ぐらいでした(o・д・;)

  

何故かと言われれば、してもしなくても簡易防湿さえきちんとしていれば予後に大きな影響はないと考えていたからです。

(今でもそう思います。)

  

そんな私がここ1年ぐらいでラバーダムの装着頻度が上がってきています。

現時点でおおよそ40%ぐらい(主に大臼歯で90%近く 前歯は10%ぐらい)

 

なぜラバーダムをするのか?φ(・ω・ ) 

 

一番の理由は「ラバーをした方がレジン充填がしやすい、充填時間の短縮に繋がる」というものです。

1、簡易防湿だと頻繁に唾液を吸う必要がありますが、それがいらない

2、歯頚部からの浸出液が上がってこないので、隣接面の接着力が上がる

3、舌がないぶん充填操作がしやすい

(ホント臼歯などの2級は騙されたと思ってやってみてください)

   

後、文献的にラバーダムをした方が術後出てしまう褐線が入りにくくなるとの報告もあります(・З・)ノ

 

 

ただし、そこはエンドの人間

保存科の先生のように1~2本のレジン充填の為に8本ぐらいの歯を防湿するようなことはしません。

(大学の時にもそう教えられましたが・・・)

 

  

わたしは必要最低限のラバーダム防湿しかしていません(笑)

だって連続防湿メンドクサイんだもの・・・(★д★;) 

 

またラバーダムの登場はレジン充填するときだけ!(・д・;)

(ラバーすると顕微鏡下で削る作業がしにくい ミラーを置く位置に制限が出る)

 

  

今週の5・6番のレジン充填

2017 EEdental KK (04).jpg

必要最低限の3本のラバーダム(笑)

 

レントゲン(術前⇒術後)

2017 EEdental KK (03).jpg

デッカイ虫歯がセラミックアンレーの下から出てきました。

 

歯髄付近でしたがとりあえず歯髄の保存を行いレジン充填でフィニッシュ! (・∀・)ノ

 

何かとメリットのあるレジン充填の際のラバーダムの協力よろしくお願いしますm(_ _)m

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

3時間半の格闘

木曜は波乗りでヘトヘトになっていましたが、

昨日、金曜日はレジン治療でヘトヘトになりました(〇 □〇;)

  

期限付きで歯を治したいという東京の患者さん

(以前患者さんだったお母さんからの紹介)

2017 EEdental IA (1).jpg

典型的な日本人の口の中。。。

  

昨日は右下4本(写真の左側奥歯)の治療 

治療時間:3時間半(午後1人だけ)

銀歯を白くレジンで

2017 EEdental IA (3).jpg

 

 


 

こんな感じで修復を終え白い歯に

2017 EEdental IA (4).jpg

自分なりにアンレー充填が安定してきました。
 

ただ・・・

銀歯の下から虫歯が出るわ出るわ。。。 

 

インレーの中の歯髄付近なので、殆どが前回の治療の際の虫歯の取り残しの気がします。。。(・д・;)

 

虫歯1に呈して健康な部分を4~5削る「インレー治療(銀歯)」

 

虫歯を治療の為にやもうえず健康な歯を犠牲にしているのですから、虫歯はきちんと取らないと・・・

大きな虫歯を残して治療していては「トレードオフ」になっていない気がします(-ω-)

 

 

次回はホワイトニング後の前歯のレジン治療になります。

残り2回で全顎治療終了へ!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

術前写真を撮り忘れた。。。

術前の口腔内写真がありませんでした・・・

  

術後だけ・・・
2017 EEdental AK2 (1).jpg

2017 EEdental AK2 (2).jpg

プラスチック治療:12本

治療個所:右上4・5・6・7 左上4・6・7 左下:6・7 右下5・6・7

セラミッククラウン:1本

 

わざわざ岡山県からお疲れさまでしたm(_ _;)m

メンテナンス頑張ってください!

 

 

先日、全顎治療が終わりその後来院された患者さんが

「メンテナンスに行ったら井野先生のこと知っていて、レジン見て見分けがつかないと嬉しそうに言っていました」

と報告をもらいました(笑)

 

所詮レジンですが、天然の形を模倣をすると以前の銀歯より咬みやすくなったという患者さんも出てきます。

ただし、こういう患者さんはレアです(p・Д・;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> なんとなくレジンアーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top