Home> マニアックレジンアーカイブ

マニアックレジンの最近のブログ記事

講演スライド ちょっと見せ

12月の講演スライド

2020 12 rezin.jpg

講演をやるとデーター収集をするので

自分の臨床が客観的に見えてくる。

 

間接法のインレーの便宜形態の1つ「スライスカット」

インレー後のレジン治療においては、この部分は「害」でしかない。

隣接面カリエスは最初から「レジン」選択すれば予知性が高い治療なのに・・・

 

 

エンドの予後も追いたいのだが、

上手く行って症状がないのか5割ぐらいしか来院がない。。。

だいたい原因は分かっている

6カ月予後で私が「上手く行き初めて骨が出来ている」というのが

問題なんだと思う・・・

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

手間はかかるが上手く行けばメリット大!

以前治療させてもらった患者さんの検診

2020 EEdental OOA (5).jpg

  

レントゲンを撮ると銀歯の段差から虫歯になっている歯が・・・

2020 EEdental OOA (1).jpg

特に右側は、虫歯が大きい

2020 EEdental OOA (3).jpg

一般的には2本歯神経の治療が必要になりそう・・・

 

 

治療後6カ月

2020 EEdental OOA (6).jpg

全て神経を保存して治療を行いました。

 

レントゲン

2020 EEdental OOA (2).jpg

 

2020 EEdental OOA (4).jpg

神経も死ぬことなく順調に経過しております!

  

フルジルコニアクラウン×1本

レジン×6本

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

初期の外科的レジン+神経保存の覆髄

患者さんは30代女性

前歯に大きな詰め物がありその下に大きく虫歯が広がっています。

 

特に症状はなし

2020 EEdenntal TR (1).JPG

レントゲンでは虫歯が大きく歯茎の下の方まで広がっているように見え、

神経の治療が必要にも見えました。

 

治療を行うと案の定、虫歯は歯茎の奥深く進行しており、

珍しく骨付近まで進行していました。

 

教科書的に言っても「抜歯」も1つの選択肢・・・

 

患者さんには犬歯は非常に重要な歯で、この歯を失うと後で歯を作るのが難しいので

とりあえず歯の保存を行うと説明し、「覆髄」+「外科的レジン」で対応 

患者さんには歯茎の下にレジンを詰めるので、その部分をよく磨くように指導

 

先日来院された際にレジンの変色が見られた為レントゲン撮影を行い見てみると

2020 EEdenntal TR (2).JPG

歯髄、歯茎ともに問題なし!

  

今の教科書的なアプローチでは

神経の除去、矯正、外科、クラウンというフルボリューム治療

 

私が行ったのは、覆髄+レジン治療 と非常にシンプル

この歯は今の所問題がでていないので今後も経過観察で十分そう!

 

医療は今のスタンダード治療が30年後には否定されることもあります。

教科書から少しだけ外れた、自分なりの医療解釈をさせてもらうこともあります。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

大きな虫歯の神経保存処置 AIPC(非侵襲性歯髄覆罩)

患者さんは16歳女性 症状はない、レントゲン上では過去に一度治療はしているが、

虫歯が大きく取り残されており全て虫歯を除去すると露髄し神経を取る治療になりそうです。

 

10代で神経を取ったはの長期予後は悪いことが想像できるのでできるだけ神経の保存をしたいところです。

 

レントゲン

2020 EEdental AR a (1).jpg

治療をしてもこれだけ多くの虫歯を取り残していては・・・

 

またすぐに悪くなることも予想できます。

治療動画

 

術後レントゲン

2020 EEdental AR a (2).jpg

 

神経保存には大きく分けて 

1、神経が露出した所に薬を置く「直接覆髄法」

2、神経付近まで削って薬を置く「間接覆髄法」 の2つがあります。

また間接覆髄には色々な方法がありますが、今のデーターでは間接覆髄の方が成功率が高いとされています。  

 

今回はAIPC(非侵襲性歯髄覆罩)という神経付近の虫歯を残し薬剤(テンポラリーセメント・ソフト)の力で虫歯をもう一度固い歯に変える方法で歯髄の保存を行いました。

 

この方法は数年後に再治療前提の治療となります。 保存歯科学会でも推奨がされている神経保存の方法になります。 https://minds.jcqhc.or.jp/n/cq/D0003328  

 

今回のケースは1年半~2年 様子を見た後に再治療予定です。

(シールドレストレーションの考えでそのまま行くかもしれません)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

12月講演動画作成中

頂いた質問にもあった、私が虫歯除去に用いる道具説明用の動画を作ってみました。

先日のこのケースです。

http://eedental.jp/ee_diary/2020/10/post-2134.html 

 

使用道具一覧

虫歯除去 (1).jpg

 

虫歯除去 (2).jpg

C2のカリエス除去にはこれらの道具を使用しております。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

10代の虫歯は要注意!若い患者さんの虫歯

以前、治療させていただいた患者さんの息子さん

15歳男性

近医で虫歯があると指摘され来院

症状は「アイスを食べるとしみる」

 

レントゲンを撮ると

2020 EEdental KoT  (1).jpg

結構大きな虫歯が・・・

大人の虫歯の所見とは違い虫歯のグラデーションが分かりにくい・・・

 

 

口腔内はを見ると

2020 EEdental KoT  (2).jpg

この黒い点が虫歯の入り口と思われる。

(すみません顕微鏡画像で・・・)

 

う蝕検知液で染めながら虫歯を確認&除去

2020 EEdental KoT  (3).jpg

*緑っぽく染まっている部分が虫歯

どんどん深く大きくなる。。。

 

エキスカ、EENOスフィア・EENOボールを使いできるだけエナメル質を残す為

入り口小さく中で広げる切削をして虫歯除去を行いました。

http://www.nishikibe.co.jp/blog/eenoball

  

若い人の虫歯は進行が早くレントゲンで確認した以上に広がります。

  

う蝕検知液が殆ど染まらなくなる所まで虫歯を取り切り

2020 EEdental KoT  (4).jpg

レジン充填 

術後レントゲン

2020 EEdental KoT  (5).jpg

幸い遠心よりの虫歯だったので露髄せずに済みましたが、これが近心側に虫歯があったら・・・

確実に露髄していたでしょうね(  ̄ Д  ̄;)

 

 

個人的な見解ですが、無菌的なアプローチをせずに行う10代の根管治療歯は非常に予後が悪いです

正直一生持たせるのはかなり難しいと推測します。

 

ですので、10代でできた虫歯はなるべく神経を残せるようにアプローチした方がいいと思います。

ただ、若い人の虫歯治療は難しい。。。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

見えない奥歯の虫歯治療

患者さんの大多数は

・歯科医師の治療=虫歯を完全に取っている

・詰め物は段差のない状態が当たり前

と思われていると思います。

 

 

ただ・・・

 

歯科治療ってこの2つをきちんとやるのは相当な手間と技術がかかります。

 

先日のケース 上の奥歯に銀が入っているのですが、

2020 EEdental KR1 (1).jpg

銀は浮いており、遠心側は全然あっていない状態・・・ 

今のレジン系セメントは優秀で、簡単には外れません。

  

ただ、患者さんは見えなく痛みもない為 全く気にされていません。

 

正直、こういった治療は上下の第2大臼歯に多く見られます。

 

レントゲンを撮ると

2020 EEdental KR1 (2).jpg

銀歯の下はかなり大きな虫歯 ⇒「たぶん虫歯の取り残し」が見られます。

  

厳しめの言い方をすれば、

前回の治療は治療の意味あったんでしょうか・・・

  

患者さんに顕微鏡画像などで説明を行い、治療をやり直すことに

 

すると、かなり大きな虫歯があり、かなり神経付近まで削ることとなりました。

2020 EEdental KR1 (3).jpg

麻酔をしっかりした後に、

何度も検知液で染め、虫歯の除去に30分

その後レジン充填

2020 EEdental KR1 (4).jpg 

アンレータイプの修復物でしたが、

非機能咬頭でこの部分に咬合がなかった為レジンで行けると判断

 

きちんとした治療を希望されるのであれば、

奥歯の虫歯治療には顕微鏡・拡大鏡などの拡大ツールはあった方がベターだと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

来る度に綺麗になっていく歯

患者さんは40代女性

虫歯など放置してしまい、銀の所も全体的に治したいとのこと 

2020 EEdental OY  (1).jpg

調べてみると、銀歯の下にも大きな虫歯が・・・

 

先日の患者さんもそうでしたが、問題なく見える銀歯の下に大きな虫歯が隠れていることも多々あります。

 

 

左下の大きな虫歯から治療を始め、最後に段差の大きな銀歯の右下を治療

2020 EEdental OY  (4).jpg

 

治療後

2020 EEdental OY  (5).jpg

 

患者さんは「来る度に白く治っていくのが嬉しい」とおっしゃられていました。

 

2020 EEdental OY  (2).JPG

2020 EEdental OY  (3).JPG

虫歯が大きくても残せる神経は残す方向で治療を行わさせてもらいました。

今回は神経の処置はせずにすみました。  

   

手間はかかりますが、神経を残すメリットというのはかなり大きいと思います!ヾ(・∀・)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

直接覆髄後の大きな痛み

患者さんは40代女性

以前全顎検査を行い、何本か治療をさせて頂き一旦治療は終了したのですが、

ある日突然奥歯に激痛が出てしまいEEデンタルへ連絡

   

この歯は過去に他院で直接覆髄+レジン充填が行われており、

全顎検査時には虫歯もなく詰め物の適合も問題なし綺麗な治療がしてあると判断し治療は行いませんでした。

  

関西方面の患者さんで、「その日のうちに治療を行いたい」との希望

基本的にEEデンタルは初診日には診査と説明のみで、必要があれば応急処置を行う程度で、

初診日には治療は行っていませんが、

過去に全顎検査(検査代2万円)など行いレントゲンや口腔内写真・顕微鏡映像などの資料があれば、

だいたいどのような治療になるか見当がつくので初診日に治療を行うことも可能な時があります。 

*資料がないとどういう状況で何の処置になるか見当がつかないので、残念ながら当日は応急処置にとどまります。

    

  

とわいえ、近日中で空いている枠は1時間 

今回の歯は、歯髄炎を起こし要根管治療と事前に判断

 

実際来院して頂くと、

2020 EEdental NaM (1).jpg

根尖に怪しい所見がでてきています。。。

  

打診などから歯髄炎を起こしていると判断し、3mmの穴から根管治療

2020 EEdental NaM (2).jpg

神経は死んでおり、歯髄の出血は全くみられませんでした。。。

(健康な歯髄は血液が通っており、神経が見えると出血してきます)

 

1時間という時間でしたので、髄腔開口・穿通(4根)・拡大・洗浄まで

 

 

2回目の来院の際には痛みもなくなり、根管充填 

2020 EEdental NaM (3).jpg

 

で、ここで「ん~、どうしよう」

2020 EEdental NaM (4).jpg

以前のレジン充填、適合はいいのだが、黄色の部分のカウントゥアーがレス

(レジンのボリュームが歯の形になっていない)でここが気になる・・・

ピンクの矢印はMB、MB2

  

  

これだけレスだと物も詰まりやすく、掃除も大変なのでやり替えることにしました。

2020 EEdental NaM (5).jpg

一番下の歯

  

治療回数2回

根管治療+土台+レジン充填の治療となりました。

 

 

今回のような直接覆髄法

非常に予知性の低い治療法で私も直接覆髄をしますが、昔より適応範囲は狭くなってきています。

特に歯髄の状態を拡大して行わない直接覆髄は失敗が多いと思われますので、

歯髄の保存に固執しない方がいいと思います。

 

歯の神経を残されたい方へ注意事項:http://eedental.jp/ee_diary/2010/10/post-166.html

 

この歯も今後経過を見ていきます( ・∀・)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

人は出会った言葉で生きている

80代の患者さん

前歯の審美障害を主訴に来院

2020 EEdental ER (2).jpg

歯茎の下に虫歯が進行しており、神経付近に達する虫歯

*歯茎が下がってくる60歳以降は歯茎が下がった歯根部分に虫歯が出来やすくなります。

  

  

患者さんには神経を取ってレジンで治すことを説明

予定:根管治療+土台+レジン 18万+Tax

 

1時間半後

2020 EEdental ER (1).jpg

神経は取らず、歯髄保存を行い、審美的にレジン充填

「根管治療+土台+レジン」⇒ [ 歯髄保存+レジン充填 ]:10万円+Tax

 

患者さんには術前時に神経が残せれば歯髄保存を行うと説明させて頂いておりましたが、

患者さんも神経が残せたことに喜んでくれました。 

 

 

治療後、患者さんに

「先生は上手で当たり前だけど、スタッフさんも大変お上手ね!」

とスタッフのことを褒めてもらえました。

  

歯科医師の技術は結果として評価されることがありますが、

スタッフの接遇やバキュームの吸引、気遣いなどを評価して頂けたのは自分のことのようにうれしく思いました。

   

 

最近ネットで見たのですが、

人はかけられた言葉などで感情や精神状態が左右されるとのことで、

うれしい一言でした。

  

逆に言えば、SNSやネットなど言葉の暴力が蔓延っているものもある程度の距離を保つ必要はあるなと感じます。   

  

 

最後に患者さんに言われた、

「先生は上手で当たり前だけど」

確かに、自費専門で技術売りなので先生は上手で当たり前というのは的を得ている気がします(笑)

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> マニアックレジンアーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top