Home> なんとなくレジンアーカイブ

なんとなくレジンの最近のブログ記事

でっきるっかな♪ でっきるっかな♪ さてさてほほー♪

私が開業前の14~15年前に治療させてもらった患者さんの1年前の口の中

2017 EEdental KH (1).jpg

この当時、勤務医だったので師匠の方針で臼歯部のレジン治療はほぼやっていませんでした。

 

ですので、臼歯部には適合精度がよくなるゴールドを使用させてもらい間接法で治療をしていました。(・ω・)

 

  

15年もするとそろそろ修復物(接着剤)の寿命が来ることになり、

左下一番奥のゴールドアンレーが外れてきてしまいました。

2017 EEdental KH (2).jpg 

  

歯肉縁下(歯ぐきの中)に小さな虫歯はありましたが、大きな虫歯はなくやり代えとなりました。

  

虫歯除去後

2017 EEdental KH (3).jpg

さて、ここからどう治すか?(・д・)ノ

 

7番で十分な時間もあり、

レジンででっきるっかな♪  でっきるっかな♪

 

さてさてほほー♪

 

2017 EEdental KH (4).jpg

レジンアンレーで修復してみました。

*治療費75,000円 治療時間1時間半 

  

一応補足で言うと、現在私は

ゴールドアンレーとレジンアンレーで治す場合半々であります。

 

15年前には出来なかった技術が今はあると、長く通院して頂いている患者さんの口の中を見ると思います。( ̄∀ ̄)ノ

 iryu.jpg

 

今出来るベストな方法で治させて頂きます!(・ε・) 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

20世紀基準の歯科治療から21世紀基準へ

最近、アンレーの詰め方が分かってきた為か1時間半でだいたい詰めれるようになってきました。

2017 EEdental OJ2.jpg

と言うか、咬頭に虫歯なんか出来ないんだから・・・(p・Д・;)

時間短縮の為に機能咬頭安易に削り過ぎの気がしますが。。。  

   

接着の進化がもたらす21世紀標準の治療

  

なるべく削らない治療って既に良い線まできていますよ!d(・ω・)

*ドックベストとか3Mixのことではありませんのでね、むしろ私は薬剤に頼る治療は嫌いですし否定派です。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

レジン充填にラバーダム

私は根管治療時には99.9%ラバーダムを行っています。
 
ただ、レジンに関してはちょっと前までラバーをする割合は10%ぐらいでした(o・д・;)

  

何故かと言われれば、してもしなくても簡易防湿さえきちんとしていれば予後に大きな影響はないと考えていたからです。

(今でもそう思います。)

  

そんな私がここ1年ぐらいでラバーダムの装着頻度が上がってきています。

現時点でおおよそ40%ぐらい(主に大臼歯で90%近く 前歯は10%ぐらい)

 

なぜラバーダムをするのか?φ(・ω・ ) 

 

一番の理由は「ラバーをした方がレジン充填がしやすい、充填時間の短縮に繋がる」というものです。

1、簡易防湿だと頻繁に唾液を吸う必要がありますが、それがいらない

2、歯頚部からの浸出液が上がってこないので、隣接面の接着力が上がる

3、舌がないぶん充填操作がしやすい

(ホント臼歯などの2級は騙されたと思ってやってみてください)

   

後、文献的にラバーダムをした方が術後出てしまう褐線が入りにくくなるとの報告もあります(・З・)ノ

 

 

ただし、そこはエンドの人間

保存科の先生のように1~2本のレジン充填の為に8本ぐらいの歯を防湿するようなことはしません。

(大学の時にもそう教えられましたが・・・)

 

  

わたしは必要最低限のラバーダム防湿しかしていません(笑)

だって連続防湿メンドクサイんだもの・・・(★д★;) 

 

またラバーダムの登場はレジン充填するときだけ!(・д・;)

(ラバーすると顕微鏡下で削る作業がしにくい ミラーを置く位置に制限が出る)

 

  

今週の5・6番のレジン充填

2017 EEdental KK (04).jpg

必要最低限の3本のラバーダム(笑)

 

レントゲン(術前⇒術後)

2017 EEdental KK (03).jpg

デッカイ虫歯がセラミックアンレーの下から出てきました。

 

歯髄付近でしたがとりあえず歯髄の保存を行いレジン充填でフィニッシュ! (・∀・)ノ

 

何かとメリットのあるレジン充填の際のラバーダムの協力よろしくお願いしますm(_ _)m

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

3時間半の格闘

木曜は波乗りでヘトヘトになっていましたが、

昨日、金曜日はレジン治療でヘトヘトになりました(〇 □〇;)

  

期限付きで歯を治したいという東京の患者さん

(以前患者さんだったお母さんからの紹介)

2017 EEdental IA (1).jpg

典型的な日本人の口の中。。。

  

昨日は右下4本(写真の左側奥歯)の治療 

治療時間:3時間半(午後1人だけ)

銀歯を白くレジンで

2017 EEdental IA (3).jpg

 

 


 

こんな感じで修復を終え白い歯に

2017 EEdental IA (4).jpg

自分なりにアンレー充填が安定してきました。
 

ただ・・・

銀歯の下から虫歯が出るわ出るわ。。。 

 

インレーの中の歯髄付近なので、殆どが前回の治療の際の虫歯の取り残しの気がします。。。(・д・;)

 

虫歯1に呈して健康な部分を4~5削る「インレー治療(銀歯)」

 

虫歯を治療の為にやもうえず健康な歯を犠牲にしているのですから、虫歯はきちんと取らないと・・・

大きな虫歯を残して治療していては「トレードオフ」になっていない気がします(-ω-)

 

 

次回はホワイトニング後の前歯のレジン治療になります。

残り2回で全顎治療終了へ!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

術前写真を撮り忘れた。。。

術前の口腔内写真がありませんでした・・・

  

術後だけ・・・
2017 EEdental AK2 (1).jpg

2017 EEdental AK2 (2).jpg

プラスチック治療:12本

治療個所:右上4・5・6・7 左上4・6・7 左下:6・7 右下5・6・7

セラミッククラウン:1本

 

わざわざ岡山県からお疲れさまでしたm(_ _;)m

メンテナンス頑張ってください!

 

 

先日、全顎治療が終わりその後来院された患者さんが

「メンテナンスに行ったら井野先生のこと知っていて、レジン見て見分けがつかないと嬉しそうに言っていました」

と報告をもらいました(笑)

 

所詮レジンですが、天然の形を模倣をすると以前の銀歯より咬みやすくなったという患者さんも出てきます。

ただし、こういう患者さんはレアです(p・Д・;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

レジンで治す4/5冠

左上がなんとなく痛いという患者さん

2017 EEdental TM (1).jpg

2本の銀歯のうち痛みの種類から手前の不適合な銀歯が怪しいとふんでいるのですが、
銀歯で大きく覆われている為、レントゲンでは中の状態は全く分からず。。。(・∩・)

 

患者さんには一度外して確認する他ない、もし虫歯が大きければ神経を取ります。 

と説明し治療スタート

 

2017 EEdental TM (2).jpg

虫歯はありましたが幸い神経は出なかった為神経の保護へ
 

 

と同時にこの後どう治すか?

 

イメージで言えば「歯科医師100人に聞きました」

1、このままもう一度金属で4/5冠:50人

2、もうここまで削ったのでフルクラウン(セラミッククラウン):50人

という感じになるでしょうか。

  

ただ、今回の場合  

治療時間も十分ありましたし、

2017 EEdental TM (3).jpg

レジン充填してみました(笑)

 

術前時形態のバランスの悪い4/5冠でした(その為縁下には歯石がビッチリ・・・)

バランス良くレジンを詰め元の形状に近い形に修正しました。

 
「術前⇒術中⇒術後」

2017 EEdental TM(4).jpg

プラスチック治療 治療時間1時間半 

治療費7.5万+Tax

 

これをセラミッククラウンで治した場合:10万オーバー

(EEデンタルでセラミックで治した場合:15万+Tax)

患者さん的には【歯も大きく削って治療費が高くなる】

一方、

歯科医師は【その方がラクだし収入も増える】

 

私に経営センスがないだけと言われればそうなのですが。。。 

  

一概にどちらがベターとは言えませんが、

手間と時間さえかければこんなことが可能な時代になってきています!( ^ω^)ノ

 

次回奥の銀歯を治します。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

インレー治療を辞めて早8年 最近はアンレーも・・・

講演のスライド作りも煮込みの段階です。

なるべく分かりやすくと思い最近の動画を使うことにして動画編集の方をしています。

2017 EEdental KK.jpg

このケースで私が行っている2級レジンとレジンアンレー

HowToを説明したいと思います。

 

フル動画だと55分あり、90分の講演時間の半分以上使ってしまいます(。-`ω-) 

ですので、3倍速にして6分程度に編集しなおしました。
 

講演で紹介するはずの道具 

調べてみると私の使用している器具は。。。

2017 rezin.jpg
廃盤・販売中止のものがチラホラありました(ー`´ー;)

 

スタッフに問い合わせてもらうと

F社「すみません、取り扱いがなくなりました」

S社「取引はありますが、海外からの取り寄せになるので時間がかかります」

 

個人的にはこういうのは慣れっ子なので、

自分がいいと思った道具は毎回まとめ買いしているので、

現在在庫が6本あるのでしばらくは安泰なのですが。。。

 

日本でない以上、一応買い増ししておいた方がいいかなと思いはじめました。

なんせ1級レジン充填の7割はこの道具に頼るので、ないとまた道具を探さないといけなくなり・・・

 

来週は日本にない材料を紹介させて頂きます(笑) 

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

技術は身を助ける【3mmの穴からの根管治療】

大学を卒業してすぐに、友人の先生に

「お金を取るか? 休みを取るか? 技術を取るか?」

  

歯科医師として働く際にどれを重視して就職先を探すのか選ぶ必要があります。

 

私は卒後2年は休み重視で・・・

 

波乗りばかりいました(笑)

 

卒後3年目にこれではいかん!と思い

師匠と仰ぐ奥村先生の歯科医院に就職させてもらいました。

   

その当時同期のバリバリ稼ぐ先生は月60~80万ぐらいもらっていましたが、

私は総額20万(保険・ボーナスなし)その代わり師匠の技術を見る・得る機会を選びました。

   

師匠にも「若い時はお金より技術を得ておくべきだ」「技術は後で身を助ける」と色々言われました。
周りに比べても給料は安かったですが、診療後道具を自由に使わせてもらえたので勤務から1年半週4日毎日夜22時近くまで練習ができました。

 

ただ、月20万だと歯科の高い勉強会やセミナーなどにも参加できず、親に勉強代など出してもらいセミナーなど参加させてもらう生活でした。

(親も歯科医師なので技術は買ってでも得ろという人でした)

  

当時は必死になって色々試行錯誤し、毎日注意を受けていましたが今になって若い頃に技術を追っておいて正解だったなと思えるようになりました。 

  

 

そんな一例を  

若い衛生士さん、大学病院を受診後一番奥の歯の神経が死んでいると診断を受け

2017 EEdental HS (0).jpg

何故か大学の先生はEEデンタルを紹介してくれました。

(たぶん大学の先生がブログを見ていた為か!?) 

  

虫歯など一切なく誰も手を入れていない歯で、クラウンにするにはもったいないので、

患者さんに3mm程度の穴を開けそこから根管治療を行うと説明

2017 EEdental HS (1).jpg

プローベで3mmと見せると衛生士さんも

「こんな小さな穴から根管治療出来るんですか!?」 

と、 

『えっ!? 普通にできるよ!』

 

小さな穴を開ける位置とフレキシブルなファイルを使用すれば十分可能です。 

2017 EEdental HS (3).jpg

教科書的にいえば、クラウンにする前提で上の歯は大きく削って道具が入りやすいように行うのが通法です。

 

ただ、個人的にはできるのであれば必要最低限の削除量で同じ結果が出せればなおいいと考えます。

 

医科の世界は機材などの進歩により【腹腔鏡手術】【内視鏡手術】などなるべく低侵襲での治療が行われています。

 

歯科だけ従来の侵襲の大きな方法でいい訳がありません。

マイクロスコープ、フレキシブルなファイル、超音波・音波切削器具、電気根管長測定器、マイクロオープナーなど  

 

30年前に比べこれだけ機材が進歩しているのですから、その分技術も進歩すべきかと思います。

  

この3mmの穴から治療を行い

2017 EEdental HS (5).jpg

根管充填

  

その後、3mmの穴はレジンで封鎖

2017 EEdental HS (2).jpg

レジンも30年前に比べ

接着も格段に上がっていますし、フロアブルレジン(液状)、収縮量の小さなレジン、色付けを行うレジンなど色々な材料進化があります。

 

これらをミックスすることで3mmの穴からでもケースを選べば十分治療は可能となります。

 

ある面歯を削れば削るほど、歯は弱くなり、寿命は縮み、次の治療選択肢は少なくなる。

何一ついいことなどありません。

削れば削るほど歯科医師はラクに治療でき、お金になるというシステムでは・・・

 

*今回のケースも採算さえ無視すれば保険治療で行えますが、従来の治療より数倍難しい上に治療費は大きく削った方がはるかに高くなります。

**個人的には小さい侵襲で同じ結果になるのであれば、小さく削る高い技術の方が治療費が高くなるべきかと思うのですが・・・

この国では沢山削った方が、また歯を抜いた方が治療費に繋がるので、こういった低侵な治療・考えはメジャーにはなれません。。。

2017 EEdental HS (4).jpg 

保険治療の外に出てしまったので、私は保険のルールに関係なく今持っている知識と技術で出来る選択をさせてもらっています!(・∀・)ノ

 

以前、歯内療法の有名な先生にも

「こんな小さな穴で根管治療など・・・」と突っ込まれましたが

 

『だって、俺出来ちゃうんだもん!』(・3・)ノ

 

「技術は身を助ける」「苦労は若いうちにしろ!」というのはあながち間違えではないようです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

おおよその治療費のお知らせ(C2とC3では治療費が倍以上異なる)

全顎治療を受けて頂いた患者さんには
治療計画書という形で治療法や治療費を書いた見積もりをお渡ししています。

また局部的な歯内療法希望の患者さんには同意書に治療費を書かせてもらっています。

*因みに計画書の有効期限は3か月とさせて頂いております。

     

「自分の歯を治そうと思うといったいいくらかかるのか!?」

 

ざっくり大きく2つ分にけられます

 

1、神経が生きており神経が保存できる場合

2、虫歯が大きい、膿が出る歯の神経の治療が必要な場合

 

このような神経が生きており、治療する場合

2017 EEdental ET16 .jpg

1本:プラスチック治療で5~7万円ぐらい

ゴールドを用いた場合9万円

*神経が露出した場合直接覆髄を行うと+2.5万

  

 

病態のステージがもう1段進行した神経の治療になると
http://www.eedental.jp/endo.html 

 

「歯内療法+土台+仮歯」の3つの治療が必要になります。

rei (1).jpg

歯内療法:8~16万 土台+仮歯:3万

(パーフォレーションやファイル破折があると別途費用がかかります)

 

参考 【歯内療法+土台+仮歯】の治療費になります。

前歯  抜髄:11万 感染根管:14万

小臼歯 抜髄:14万 感染根管:16万

大臼歯 抜髄:16万 感染根管:19万

 

本歯は6か月後検診でOKが出たらかかりつけで作って頂ければ結構です。  

 

病変が治り、本歯をEEデンタルで継続して作りたいとなると更に

rei (2).jpg 

更にゴールドクラウン9万、セラミッククラウン14万の費用がかかります。

http://eedental.jp/ee_diary/2016/07/1-httpeedentaljpee-diary2015031-4html.html 

   

まとめると、

C2の虫歯治療 5~9万

C3の神経の治療 11~19万 

*被せ物希望方は+9万or14万

となります。 

 

ですので、C2とC3では治療費が3~4倍違ってきます。 

 

 

家で例えると、分かりやすいかもしれません。

model1.jpg

C2は外壁の修理・補修

C3は骨組からの家丸ごとリフォーム

なので金額、治療期間に差が出てしまいます。

 
 

被せ物の多い患者さんであれば治療計画書で400万と見積もりを出したこともあります。

保険治療で行えば30万もかからない治療で下ので、その患者さんはびっくりされて2度と来院はありませんでした。。。

 

  

C3治療はかなりしっかり治療しないと次は抜歯⇒インプラントになります。

 

ある歯内療法専門医の先生がおっしゃっていましたが、

悪くなった自分の歯に20~30万出すのか、

悪くなって抜いた後にインプラントに30~40万出すのか!?

の違いである。

  

「インプラント」と言っても一生持つ訳ではなく、

厳しい成功率で見れば歯内療法の方が成功率は高いという事実もあります。

 

また、インプラント実態調査では

60.8%のインプラント従事者が問題を抱えている  

という報告もあり、

インプラントがトラブルフリーで天然歯より快適な訳ではありません。

インプラント除去手術は抜歯より大変です

**後、安いインプラントは絶対避けた方が無難(レーシック事件と同じ)  

 

個人的には

残っていれば自分の歯に投資をした方が部がいいと思います

 

 

上記のレントゲンの患者さんも4本根管治療して、4本とも歯が残ったことに

「遠くから先生の所に来て本当によかったです!」

とおっしゃっていましたが、

  

「○○さんがたまたまラッキーだっただけだよ」

と即答しました(⌒_⌒;)

  

先日の

http://eedental.jp/ee_diary/2017/03/post-1569.html 

の患者さんにも全て歯が残り非常に感謝されました。

*完全まぐれです、私でしか治せない歯はこの世に存在しませんのでね(-ω-;)ゞ 

  

その費用を支払って歯を残すかどうかはその人の価値観ですので、

患者さん毎に考えて頂ければと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

短期全顎治療終了!

まずは術前⇒術後

2017 EEdental AT.jpg

銀歯(金属)を一掃しました。 

 

治療内容

プラスチック治療:13本

歯内療法:1本

セラミッククラウン:1本

治療期間:4カ月 

 

遠方から新幹線でお疲れさまでしたm(_ _ )m

  

メンテナンスで長持ちさせてくださいね!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> なんとなくレジンアーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top