Home> マニアックレジンアーカイブ

マニアックレジンの最近のブログ記事

13歳の患者さんの虫歯治療と歯髄保存(直接覆髄&AIPC)

基本的に私は大人の虫歯しか治療できません。

 

その理由は、

「顕微鏡治療をしたいから」です。

また子供を見れるようなスタッフもいませんしね。。。

 

顕微鏡で治療をしようとすると、

・長時間(約1時間)口を開いてもらい(バイトブロック/開口器を咬んでもらいますので)

・長時間(約1時間)動かずいてもらう必要があります(1日の半数の患者さんは寝ていますね)

この2点はどうしても患者さんに負担してもらう部分になってしまいます。

 

逆に言えば、「質」を落として裸眼でパァパァっと治療していいと言われれば

15分もあれば治療可能でしょうか、結果はモロに悪くなると思います(笑)

 

 

まぁ~特にこれといった特殊能力もない凡人が「質」を求めようとすると

どうしても患者さんにも負担して頂く面が出てきてしまいます。

 

   

ただ、子供といっても中学生ぐらいになれば、

なぜ動いてはいけないかなど理解してもらえれば治療は可能になります。

 

顕微鏡治療は患者さんがちょっと動くだけで、

ピントがずれ顕微鏡の合わせ直しなどをしなくてはなりません。。。

また神経近くの繊細な処置中に急に動かれると、ズボッと削りすぎてしまい神経の保存も失敗してしまいます。

  

 

今回の患者さんは13歳の女の子

近医の先生が虫歯が大きいから『専門の歯科医院で治療した方がいい』

ということで、ご紹介頂きました。 

  

2回で前歯5本の虫歯治療を行いました。 

術前⇒術後

2019 EEdental UM.jpg

5本中2本を『直接覆髄』をして歯髄保存を試みました。

http://www.eedental.jp/mta.html  

*最近MTAの粉末は入れていません。 

 

13歳ですから神経を残すということは今後の人生でもかなり大きな選択になってきます。

 

【歯髄保存】と言えば、

最近は『AIPC(非侵襲性歯髄覆罩)』なども行っております。

2019 EEdental YR.jpg

こちらは20歳の男性患者さん  

 

よく見ると10カ月でだいぶ第2・第3象牙質が出来てきてくれています。

2019 EEdental YR (2).jpg

もう半年ぐらいしたら、リエントリーをする予定です。

 

神経を残す治療は非常にセンシティブで1回だけの治療法になります。

 

直接覆髄もAIPCもレジン治療代の他に別途費用がかかりますが、

神経が残った場合の費用対効果というものはメチャメチャ大きいものになります。

 

 

今回の女の子の治療の前歯で使用した「セパレーターテクニック」

顕微鏡レジンセミナーでやってもらいます!

前歯の歯のレジンの再治療にも「アイボリーのセパレーター」

 

セパレーター結構使えるヤツです!(‐_―>

 

 

 

13歳の女の子の神経も今後経過を診ていきます!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

レジン治療【術後】 と抜去歯

とりあえず、【術後】写真だけ

2019 EEdental SS (2).jpg

  

第2回 顕微鏡レジンは3月3日に行います。

抜去歯の方の変更を

上顎大臼歯 1級窩洞を削ったものを2本 

下顎大臼歯 1級窩洞を削ったものを2本 2級窩洞を削ったものを1本

(智歯でもかまいません。 カリエスを取ってきてください。)

  

小臼歯は「なし」でOKです。

 

当日は、 

天然歯 4~5本 エポキシ歯6本 詰めるかなりタイトなスケジュールの充填セミナーです。

 

よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯科医師による治療方針の差

ここ最近立て続けにあったのですが、

1、歯の表面にクラック(ヒビ)があり、先生に被せ物にしないといけないと言われた

2、歯ぎしりが強く、歯がすり減っているので被せ物にした方がいいと言われた

3、前歯が歯が少しかけてしまい被せ物で治す方針を言われた

 

と全て小さなトラブルを大きく削って治療する方針

 

「患者さんとしては大きく削りたくない!」

 

ということで相談に来られたケースなのですが、

これは担当する先生の治療方針なので、歯科医院によって差があります。

 

2002年にFDI(国際歯科連盟)はMIという

「治療はなるべく削らずにすむように考えましょう!」

と打ち出しているのですが。。。

  

残念ながら日本の歯科治療(保険治療)はガラパゴス化しており世界のトレンドからは外れたもの・・・

その例が、

大きく削る=治療費が上がる↑ という摩訶不思議な費用形態。。。

特に前歯は大きく削れば削るほどお金になるので、どんなに健康な歯が残っていても

「神経を取った歯=被せ物」 の方程式が見事に出来てしまっています。

   

逆にいうと、『小さく削って問題を解決する方法』などは、

手間も技術も時間も器材もかかるうえに治療費は微々たる金額

歯科医師と言えど生活がありますから、より効率的な方法を選びます。

 ↑これは仕方がありません。  

  

極論を言えば、

保険治療の安い治療費維持には患者さんの健康な歯の犠牲はやもうえない

 

 

ただ、私個人の考え方は

「なるべく歯は削らい方がいい(健康な部分は残す)」

「治療は必要最低限の回数で」

ぶっちゃけ、「『質の低い治療』を受けるぐらいなら虫歯は放置した方がいい」

と思っています。

   

これは私が自費治療専門で、

慌ただしい環境で治療を行っていないので言えることかもしれません。

 

日本では2019年も1日20~30人もの患者さんの診察をしています。

 

私の顕微鏡治療は1日5人が限界です。

患者さんに顕微鏡を使った診査・治療を行いたいので

私の治療枠時間を買ってもらうという歯科医院にしました。

 

特に、顕微鏡治療での歯の保存(虫歯、神経の治療、被せ物)を行うスタイルの歯科医師です。

どのようにすれば歯が長持ちするか診査をします。

   

 

今回のケースは

矯正治療中なのですが、昨年の5月(8か月前)に自分の歯がかけてしまい

その部分をレジンで治したのですが、また同じ所がかけたとのこと

2019 EEdental TT (1).jpg

インビザラインの矯正期間中、現在かけた部分に強いかみ合わせがある。

 

モース硬度:6 水晶と同じ硬さのエナメル質が負けかけてくるぐらいですから、

レジンのようなプラチックは。。。

  

ただ、前回の治療時に

「たぶん外れるかもしれないけど、大きく削るの嫌でしょ!?」

「外れたら外れたでスグにリペアできるから」 

と話していたので、患者さんにまたレジンで治しますね!

 

15分後

2019 EEdental TT (2).jpg

OA3+乳歯+XW 全てフロアブルのマジェステー(クラレ)

 

「矯正期間中で変な所に噛み合わせがあるからまたかけたら来てね!」

と説明

 

治療費:3年保障ケースだったので再初診料金のみ(1万+Tax)

 

   

このカケ程度で被せ物にしますか!?

 

たぶん多くの歯科医師は自分の歯なら詰め物で行くと方針を出すんじゃないかな!? (?。?;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

食べカスの詰まりやすい斜めに生えた親知らず ⇒虫歯

現代人の多くの方の親知らずは窮屈な位置に生えており、

半数ぐらいの方は親知らずが斜めに生えてしまっています。

 

斜めに生えた親知らず、大きく分けて2パターン

1、歯ぐきの中に埋まっており親知らずが口の中に見えない

2、部分的に親知らずが口の中に出ており、毎回食べカスが詰まる

 

1のケースはケースbyケースで抜歯した方がいいのですが、

2のケースは殆どのケースで予防的に抜歯を勧めます。

  

その理由は・・・

食べカスが詰まることによって手前の第2大臼歯の大臼歯を虫歯にしてしまいます。

 

今回の患者さんも、親知らずの抜歯をしたら第2大臼歯に虫歯ができて

ネットでEENO Flatでの治療を見つけ来院された30代の男性患者さん

 

レントゲンを撮ると、

2019EEdental MY1.jpg 

大きな虫歯が出来てしまっています。。。

 

動画のような治療を行い

 

術前⇒術後

2019EEdental MY.jpg

電気メスで除去した歯肉はだいたい2カ月ぐらいで元の形近くに回復してくれます。

 

ここの部位の虫歯治療は非常に難易度が高く、

道具(回転切削器具)が届かない為、神経を取って被せ物をすることが一般的です。

 

今回のように顕微鏡下で音波で虫歯を削り、フロアブルレジンを用いることで、

神経の保存と歯質の保存が行えます!d (・ ε ・)

 

誰だって、神経取りたくないですし、歯も残したいですよね。

 

手間と時間をかければ、こんな治療法もあります。

(治療法というより削り方ですね^^;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

今年1年の集大成動画 覆髄⇒レジン充填

今現在出来るようになった治療です。

 

レントゲン

2018 EEdental TY.jpg

 

顕微鏡を覗きっ放しの1時間半でした。

10倍速のレジン充填の動画を見ていると餅つきのように見え(餅をつく⇒ひっくり返す)

的確にレジンに光照射をしてくれているスタッフには感謝です!

 

また、根管治療も色々経験値を詰める1年でした。  

今年1年のレントゲンデーターを見て、年末にブログにでもしてみます。

 

 

以上、今年1年のまとめでした。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

レジン充填に関する質問

すみません、懇親会動画の質問を頂いたのですが、

http://eedental.jp/ee_diary/2018/10/post-1824.html 

自費開業に関する質問には答えているのですが、レジンに関しては・・・

 

と言うことで、

今日のブログはメールで頂いた質問に簡単に答えようのコーナー

 

>こんばんは。

>大阪府のY歯科医院 Yと申します。

>いよいよ講習会が近づいてまいりました。

 

>質問受付の期日は過ぎてますので迷いましたが、めったにない機会ですので、良ければ重ねてご質問させて頂きます。

>細かなテクニックについてたくさんありますが、お教えいただければ幸いに存じます。

 

>現在、私のダイレクトボンディングは、高橋登先生や、青島徹児先生のセミナーで基礎的な事は学びましたが、その他の多くの部分は、井野先生のYouTube動画を参考にして、

>自己流半分で見よう見まねでやっているような気がします。

>それでもマイクロスコープを使ってなんかはとても出来ず、ツアイスの5倍のルーペで行っています。 

>YouTubeだけで勉強していると、どうしても上手くいかない事や、疑問点も出てきます。

>そんなところを教えて頂ければと思います。

 

>1.ウェッジについてですが、これは是非とも教えて頂きたいと思います。井野先生が使っているのはどこのウェッジでしょうか?

モリタから販売されている「Wedge Wands(Medium Orange)」です。  

>ウェッジの位置によって、離開量をコントロールするテクニックを使いたいのですが、私は現在、カーのアダプトルーシーウェッジを主に使っていますが、

>あのウエッジはおそらく平行に作ってあるため一旦入ってしまうと離開量の拡大はできないように思います。

>出入りの業者に探させましたがわかりませんでした。よろしくお願い致します。

 

麻酔をしている前提で、 マトリックスを歯頚部のマージンに合わせ(←これがポイント)

マトリックスが動かないように強めにウエッジを挿入、フロアブルでコンタクトの上まで壁を作り

マトリックスを引き抜き、その後力の限りウエッジを押し込み、歯を離開させています。

*後、ウエッジはカッターで上の部分をそぎ落とし加工しています。(日曜日に話しますね)

ただ、私の2級レジン充填の術式は顕微鏡用というか、

歯を0.1mm以下ですがその単位で離開させて歯を真上から見ないと詰めれないのでルーペだとキツイと思います。

顕微鏡を購入して是非顕微鏡レジンセミナーへ(笑)

 

>2.おそらく同じ事が原因にあると思いますが、リングを使わずにアダプトセクショナルマトリクスとルーシウェッジだけでコンタクトを作ると、同じようにエキスプローラーの先で押さえ て照射を行ってもなんとなくコンタクトが甘くなってしまいます。何かコツはありますでしょうか?

 

色々リングを使いましたが、リングは使いません。(理由はコンタクトが緩い感じがするのと邪魔だから)

コンタクトは横積層(3層)を行い作りますが、コツは規則化して詰めることでしょうか。

*この辺りは来年の顕微鏡レジン充填で勘所を話します。(文字にはしにくいです・・・)

http://eedental.jp/ee_diary/2018/09/post-1813.html 

 

 

3>.ティント(ステイン)を行っているツールはどこの物でしょうか?また何番のKファイルでしょうか?

>ホルダーにつけていろいろ8番やCプラスファイルなどいろいろ試しましたが、なかなか上手にできません。

>現在はエキスプローラ―で裂溝の位置を大まかに描いたあと、トクヤマGDSのフロアブルアートの尖った方で彫り込んで、TMDU充填器5番で寄せて裂溝を作っています。

 

#08Kファイルです。

私が使用しているのは販売が終わってしまった「ZIPPERER MC K-Feiles」です。

*私は無くなると思い大量(6本入り7セット)のまとめ買いしました(笑)

顕微鏡レジンセミナーの為に代用品は考えましたので、明後日のスライドに載せます。

 

 

>ティントは怖いので硬化させてから入れています。

ティントは硬化前に入れた方が色の乗りがいいです。

後、ステインを入れる際に裂溝の深さもコントロールしています。

 

 

>4.DF078R(エースクラップ)のツールも以前フィードにあったみたいですが、今は取り扱いが無くなっています。どうされていますか?

ササキに言えば売っていますよ。

*これも廃盤の匂いがプンプンするのでまとめ買いしています(笑)

 

5.オペークと隣接面に使っているフロアブルレジンは、現在何でしょうか?シェードは何でしょうか?

オペークはマジェスティーLV OA3(クラレ)

後は、

マジェスティーLV 乳歯色(クラレ)*明度コントロールをしています。

マジェスティーES XW(クラレ) クリアーのボリュームを付足しています。

になります。

 

 

>見てますと、最近の動画でも、隣接面を作る時に、シーラント用27ゲージのチップと、0.5㎜ぐらいのチップとナノチップと使い分けておられる気がします。

>どういう基準で使い分けておられるのでしょうか?

 

気分と雰囲気(笑)

 

ナノチップは先が短い為、咬合面付近に限定されてしまいます。

窩底部付近はビューティーシーラント ニードルチップ27G(松風)を使用しています。

 

 

>6.隣接面カリエスが歯肉縁下に入っている場合、電気メスで処理するのですが、それでも出血で、接着に苦労することがあります。切除が足りないのでしょうか?

隣接面縁下は圧排して、縁下の部分にレジンを流し縁上に変えてからマトリックスを入れ普段通り詰めています。

*これ結構重要

> また、ウェッジやセパレーターでの出血にも困る時があります。本来はラバーダムの使用が原則なのでしょうが、止血剤やボンディング剤など何をお使いでしょうか?

 

私は無理してラバーはしていません、邪魔とか詰めにくいと感じれば簡易防湿しています。

止血剤は「ボスミン」

ボンディング材は「ボンドフォース」

 

 

>7.保険診療の合間にダイレクトボンディングを行っていますので、インレーを外してみたら思いのほか深いカリエスだったり出血が多かったりすると、時間切れとなり、

>やむを得ずカリエス除去、覆罩オペーク、隣接面、辺縁隆線の充填だけやって、咬合面は後日となることが、まれですがあります。

>接着の原則から考えるとできるだけそうならないようにはしたいのですが、例えばセレックを用いないセラミックインレーなどはどうしても後日接着しかできません。

>青島先生は2ステップ法と紹介されていましたが、後日接着の、CR面、象牙質面の処理の仕方など、もし先生なりの知見があれば教えて頂けたらと思います。

 

私もエンド後のレジンなどは青島先生の2ステップアプローチの考え方ですね。

レジンは歯面に対して1回で詰めた方がより接着は安心できますが、レジンを2回に分けて詰めては駄目といわれれば、間接法など全てアウトだと思います。

後日の接着は、表層を削ってシラン処理+ボンドフォースですね。

 

 

>多数の細かな質問になり、申し訳ありません。

>先生のYouTube動画には本当に感謝しています。

 

>可能な範囲で結構ですのでよろしくお願いいたします。

という感じですかね、簡単に書いたつもりで30分も書いていました(゜ー゜;)

 

後、毎回講演後にメールで質問される先生がおられますが、質問あれば会場で聞いてね。

(各先生に返信するのが大変なので。。。)

 

 

では、日曜日参加して頂く先生、よろしくお願いしますm(_ _ )m

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯と歯の間の虫歯の多くはクラックが原因と思われる

分かりやすいケースだったので動画にしてみました。

 

40代以上は歯と歯の間はフロスより歯間ブラシをお勧めします。

(時間があればフロスもやってね!)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

奥歯の治療には顕微鏡はあった方がいい

たまにあることなのですが、一番奥歯の詰め物を外すと

虫歯がどっさり出ていることがあります。

2018 EEdental SS(3).jpg  

やはり暗い場所を手探りだけで治療するには限界があります。

 

奥歯に関しては裸眼では相当注意深く治療しないと、

『見えているようで見えていない』のが現実かと思います。

 

また患者さんの歯ブラシが届きにくい所は

歯科医師が治療する際にも道具が届きにくく、虫歯の取り残しなど発生しやすいものです。

 

なるべく奥歯まで意識して歯を磨いてくださいね!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

個人的な感想「間接法のレジンと直接法のレジンは別物」

開業時にはEEデンタルもセラミックインレーをやっていたのですが、

技工士と色々ディスカッションして出た結論が

「セラミックインレーは適合を良くする為にはどうしても形成量が必要」⇒健康な歯を犠牲にする必要があります。

 

これがどうも抵抗があり、同時にレジン充填が出来るようになってきて、

⇒セラミックインレーから撤退!開業3年目ぐらい

 

その後、大きな詰め物で白いものがいいという患者さんに

ハイブリット(レジン)アンレーを作っていたのですが・・・

すり減りが早い、よく割れるという問題が出てきたと同時に大きな詰め物もレジン充填が出来るようになり。

⇒ハイブリットアンレー撤退!開業後5年目ぐらい

 

で今はレジンで詰めれるケースは患者さんにレジン治療を勧めています。

 

 

 

今回の患者さんは40代 女性

歯ぎしり・噛みしめなどの歯ぎしりで数年前治療した

ハイブリットインレーがことごとく割れてきたという患者さん

 

接着を気にしていても、

厳密には間接法のレジンは「モノブロック処理」(歯と一体化)できないので・・・

 

こうなると、一般的には金属修復を勧めることが多いのですが、

私は間接法のハイブリットインレーより直接法のレジン充填が得意なので、

あえて金属ではないレジンを使用させてもらいました。

2018 EEdental WA.jpg 

レジン治療10本

フルジルコニアクラウン1本

*フルジルコニアクラウンは今年から取り入れました。

治療費は10万+Tax

 

いい感じで治療できたかと思います。

さてさて、何年間この状態を維持できるでしょうかヽ( ̄▽ ̄ )ノ

 

 

お父様の紹介ありがとうございました。

家族の方の紹介が最近多くなりありがたいことです!m(・▽・)m 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

中国で根管治療を受けられた患者さん の痛みの原因

40代の女性患者さん、 

話を聞いてみると、親知らずの影響で第2大臼歯が虫歯になり

中国で神経の治療を受けた歯に痛みがあるとのこと・・・

 

 

親知らずによる第2大臼歯の虫歯と言えば「EENO フラット」

用いてチマチマ治療すれば大きく削らず済むことがるのですが・・・

http://eedental.jp/ee_diary/2018/06/post-1772.html 

全く一般的な治療ではないので大きく削っても仕方がありませんね(・ε・;) 

 

 

初診時、患者さんに聞いてびっくりしたのが中国の治療費!

  

1本クラウンまでで40万(香港の先生らしい)

その患者さんが受けられたのはちょっと安い先生で1本25万という金額

 

 

マジで!!

 

私が聞いた話だと、

中国の歯科医師(都市部)の先生は相当お金持ちらしい。

(ホントかどうか知りませんけど、治療費が物語っているかと・・・)

 

アメリカや日本の一流といわれてる歯内療法専門医で1本25万ぐらい

+クラウンが高い先生で1本20万 

ですから、いつの間にか中国も高価格帯の治療費のようですね。

 

   

まぁ、考え方によってはインプラント治療が現在40万ぐらいで

根管治療はインプラントより数段難しい治療をしている訳なので労力的に1本40万でもおかしくないと言えばそうなのですが。。。

 

ただ、この治療費で全ての人が治療を受けているかと言えば、

半分以上の方は治療費が払えず、悪くなった歯は抜くを選択されるそうです。

  

日本は99%の人は気軽に医療を受けれる環境なので素晴らしい制度ではあります。

 


 

さて、中国からの患者さん

痛みがあり、香港の歯科医院に行くと

「痛みがあるなら抜いてインプラントにすればいい」

と、日本でもよく聞く治療方針。。。

  

中国の日本人歯科医師のいる別の歯科医院に行くと、

「日本の歯内療法専門医に一度見てもらった方がいいよ」

ということで遠路遥々EEデンタルまで来院されました。

 

レントゲンを撮ってみると、

2018 EEdental NT (1).jpg

「!?」

「なんじゃこら・・・」

 

歯ぐきの中に大きなレジンが埋まっている。 

2018 EEdental NT (2).jpg

 

  

一応CT撮ってみましたが、

根尖病変はなく根管治療が痛みの原因になっている訳ではなさそう・・・

 

患者さんに痛んだ時の痛み方を聞くと

「歯の周りの歯ぐきが痛かった」とのこと

 

で、患者さんに

『これは歯内療法ではなく埋まっているレジンを取りだす治療をしないと痛みは取れないと思うよ』

と説明

  

こうなると歯内療法専門医の範囲外なのですが、そこはCR/Endo専門医

 

 

また話を聞くと、どうやら【根管治療をしたのは中国の先生】

【詰め物をしたのは日本の先生】

 

ん~~~、日本の先生。。。(>。<)

 

世界的に歯科医師の間で認識されているのは

『日本の歯科医師は下手!』

 

このレントゲンを見るとあながちそういった解釈でもおかしくない気がします・・・

 

 

さて、患者さんには、

「歯を抜く必要のない、根管治療も必要ない」ことを説明して、

埋まっているレジンを除去してレジン充填を行いました。

2018 EEdental NT (3).jpg

動画で歯ぐきの中に入っていたレジンがボコッと出てきたのを見て驚かれていました。

 

レントゲンで段差がないかチェック

2018 EEdental NT (4).jpg

 綺麗に充填できています!

 

患者さんは歯科医院によってこうも治療が変わってくることにびっくりしていましたが、

同じように見える歯科医院でも歯を自分の歯少しでも残したい患者さんは

『歯科医院を選ぶ時代」』だと思いますよ!

 

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> マニアックレジンアーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top