Home> なんとなくレジン: 2014年10月アーカイブ

なんとなくレジン: 2014年10月アーカイブ

EEデンタルでの大きな虫歯の治療の流れ

動画ができました。

 

大きな虫歯をどうなのすのか?

  

EEdental ta2 (11).jpg

以前書いたブログ

http://eedental.jp/ee_diary/2014/10/post-1057.html 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

抜髄+レジンビルドアップ治療の動画編集中!

知らない間に進行していた大きな虫歯の動画を編集中

EEdental ta2 (3).jpg

歯と歯の間の虫歯は知らない間に神経に達していることがあります。

 

 

治療の流れ

EEdental ta2 (11).jpg

根の治療とレジンが得意な歯科医院にかかれば、こんな流れで治療を行うことで大きく削らず被せ物(クラウン)にせず治療が可能です(>ω・)ノ

 

EEdental ta2 (12)a.jpg

 

  

 

忙しいので動画の方は少しずつしか進行していませんが、そのうちYou Tubeに上げますヾ(´・ω・ )

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

気になる前歯の隙間

どうも、良いと思うものは何でもマネしてみる院長です。

 

先日の講演を聞いたエッセンスを取り入れて、正中離開症例にラバーダムをしてみました。

 

今回は初ラバーダム正中離開症例

【術前】

EEdental iha  (1).jpg

歯肉圧排という意味では便利です( ̄∇ ̄)

 

 

ただ、操作をする空間を多く取る為には上顎5~5までラバーダムをはる必要があり、

少しメンドクサイですが(笑)

 

【術後1週間】

EEdental iha  (3).jpg

 

口元

EEdental iha  (2).jpg

 

黄色い透明感がある歯の再現は難しい。。。

 

イエローティント(黄色の絵具レジン)をもう少し強めに入れて、

オパールをもう少し強めに入れた方がより自然観が出たかも!?

(でも、そうすると暗い場所では色の抜け感が仇となり、グレーに歯が見えてしまうかも・・・)

 

いつも青っぽい透明感の演出はしているのですが、黄色の透明色の抜け感の表現は初めてでした。

レジンで色を表現するのは難しい。。。

  

 

実際写真より口の中は調和して見えるので、今回は修正せずに治療を終えました。

 

わざわざ遠い所からお疲れ様でした。

 

着色など気になったら遠いですけど研摩(20分)に来てくださいね!( ・ω・)ノ

 

非常に勉強になった1症例でした。

 

あっ、先日のアステリア買ってみました!

http://eedental.jp/ee_diary/2014/10/post-1049.html 

(また医院のレジンの種類が4色増えてしまいました(ノω`)ノ)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

小さくかけた歯をどう治すのか?

前歯が外傷などで小さくかけてしまうことがありますヾ(・д・。)

EEdental ka4 (1).jpg 

臨床症状なく、審美的に気にならなければそのままにしておくのも1つです。

 

ただ、女性の場合気になってしまう方は多く、小さな女の子でも同じようです。

http://eedental.jp/ee_diary/2010/03/post-60.html 

 

 

このようなケースを審美的に治すのは色々な方法がありますが、侵襲の少ないものから

1、レジン

2、ラミネートベニア

3、セラミッククラウン

などがあげられます。

 

治療法は1→2→3へは変更できますが、3→2→1には変更できません(・з・)

つまりセラミッククラウンで被せてしまうと、それが最後・・・

 

 

今回のケースは、まず低侵襲のレジンからスタートしてみました。

EEdental ka4 (2).jpg

治療時間:30分

 

ただ、この歯の縁にレジンを詰めても、レジンは非常にかけやすく同じような最初の状態になってしまうこともあります。

(接着力を求める為にかけた表面の0,03~0.05mm程度だけ削っています)

 

 

患者さんにも「取れたら、また来てね」と話し外れること前提で治療を行っています\(゜ε ゜)

 

 

外れないに越したことはないんですけどね=====( ̄∇ ̄)

 

 

人工物に問題が起こらないようにする為にはセラミッククラウンで被せましょう!

も1つの選択肢ではあると思いますが、自分なら最初は選択したくない方法ですね。

 

 

以上、前歯が小さくかけた際の1例でした。

 

EEデンタル ダイレクトベニア・4級(前歯) 60,000円〜70,000円+消費税 

(3年保障 *保障期間中レジンが外れた場合、 *初診代のみの負担でレジンの治療費はかかりません)

 

適応症かどうかはこちらが判断します。 

年に、2万円程度の負担と考えくださいヽ(・∀・)ノ 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

日本国際歯科大会 (俺ノート レジン編)

土曜、日曜、横浜の方まで講演を聞きに行っていました。

__ 1.JPG

4年に一度の国内で一番大きな大会なので、10ぐらいのホール、部屋で同時に講演がありますのでプログラムを見て好きな話を聞けます。

 

私は仕事である、歯内療法、レジン、顕微鏡絡みの話を中心に行っていました(・ω・ )

 

色々な先生の技の勘所が聞けてよかったです。

 

特に今回はレジンがかなり熱かったです。

 

 

トクヤマから出た、 『エステライト アステリア』 (高橋先生プロデュース?)

これは良い感じですね。

__ 2.JPG

デンタルショーで置いてあった「冊子をくれ」と言ったら、レジン買った人への特典らしいので貰えませんでした。

 

色々トクヤマの商品買ってんだから、「ケチケチすんなよ!」と思いました(ー_ー;)

  

 

 

今まで審美性を追求するレジンは4~5色ぐらいのレジンを詰めることで綺麗な歯を再現していましたが、

アステリアは2色で歯の色調を再現しようとする商品!

 

しかもエナメル色は基本1色なので、中のボディー色(デンチン色)を選択するだけ。

  

今までのレジンはフルセットで購入すると20色近いレジンを購入する必要があり、10万近い投資が必要でした。

また20色もあると、どの色とどの色を、どのぐらいの厚みで使うとどういう色になるかこれははっきり言って勘と経験がものをいう治療になっており、一部のマニアな先生(私含む)のみの再現性が少ない治療でした。

 

まさに職人の仕事!( ^д^ )

 

 

 

アステリアは難症例でない限り2色のレジンで色調再現が可能とのこと。

ですので、かなり色の選択がラクになります。

 

歯科医師的には導入コストが抑えられるのもかなりうれしい!

スタッフは沢山のレジンを管理しなくてようなる。(色なんか、コードネームですから思えるのも大変 「WE」とか「OC」とか「YE」「NT」.........)

 

  

 

コンセプトは根管治療でいう、シングルファイルシステム(ウエブワン、レシプロック)に似ている所があり

難症例でないかぎり、手順通り行えば誰でもシステム通りに行えば結果は出せるように!

 

いやいや、材料の進化は早いですね!

 

 

で、今導入セットでアステリア7本組み+DVDが42000円とのことなのですが、

何とかもっと安く組めないか?

 

 

個人的には、

ボディー色(デンチン):A2B、A3B

エナメル色:NE(前歯部用)、OcE(臼歯部用)

の4色あればだいたいOKではないかと推測しており、まずはそれだけ購入しようかとヾ(・∀・)/

講演後の高橋先生にも「これ以上歯科医院のレジン増やしたくないので最小導入はこれでOK?ですか」と確認してきました。

 

ホント商売の邪魔をする(笑)

 

 

 

基本的にどこの歯科医院もベースのレジンがあると思うので、

いきなりシステムを変えるよりは使う頻度の多いレジンを導入した方がいいかと思いますね。

 

A4なんて、そうそう使わないですしね( ´ з`;)

 

 

私的には、今の所

臼歯はベース「OA3」(マジェステーLV)+表層「クリアー」(プレミス)

の2シェードレシピで良いかなと思っていますので、主に前歯で使用します。 

 

アステリアのOcE(臼歯部用)もトクヤマレジン特有のベタベタ感も無くなり、プレミスっぽい固形感があります。

(*プレミスほど硬くはないですけど、扱いやすいかな)

 

 

 

 

後、気になった商品(レジン)は白水から出た『コンポコアAF』という支台築造用のレジン  

デュアルキュア系のレジンの気になる所は重合収縮

重合収縮が大きいと、せっかく無菌的に根管治療をしても、歯と土台(レジン)の隙間から唾液感染して根管治療が失敗に・・・

 

ですから、根管治療の長期安定を考えれば、コア材料の重合収縮率は私は気になる所ではありますd(ゝω・o)

 

コンポコアはデュアルキュアでも重合収縮1.2%

 

先日の 「SDR」

http://eedental.jp/ee_diary/2014/08/sdr.html 

 

メーカーの出した数字では『コンポコアAF』の方に軍配が!

 

また、コンポコアAFは私の好きな歯質と色の大きく違う白色がラインナップ!

(青色もありますが、青を歯に使うのは少し怖い・・・)

個人的には、歯の色と土台の色が違うことで再治療の際にピンポイントで人工物だけ除去ができ、

パフォレーションなどのエラーが起こりにくくなると感じています。

  

 実際商品を触ってきましたが、操作性はいいと思いました。

これもファイバーポストを入れる症例に使用してみたいと思います。

臼歯のポストなし には従来通り「SDR」の積充填で行きます。(セルフべべリングがかなり便利なので!) 

翌日講演された「歯内療法+レジン専門医」のマルコ先生もコアにはSDRだそうです。

 

この2つの材料は購入して、使ってみたいですね!

  

  

以上、材料のこと

 

後、講演のテクニック的なことも色々勉強になりました。

 

・マーカスバーグ先生 全てにラバーダムはしていない

 

・メーカーによって表記が違うので、色の目的、システムを理解する

2シェードタイプ

*デンチン エナメル

3シェードタイプ

*デンチン →エナメル →トランス(クリアー)   

*オペーク →ボディー →トランス

*デンチン →ボディー →エナメルトランス

4シェードタイプ

デンチン →ボディー →エナメル →トランス

・トランス感のある歯の表現には内部のマメロンの下にオパール色を置く

以前ウィーン・オクダ先生が言われていたリバーステクニックのようなもので、内部に透明感を入れ上にエナメル・ボディーなどを薄く盛るテクニックですね。(←比較的簡単で私もよくやっています)

 

・メタルインレー:医原性の審美障害

 

・エッチングはエナメル質には限局的にした方がいい

 

・ノンプレップ(切削なし)のエナメル質はリン酸などに対して耐酸性があるので、正中離開などのケースは表面を微妙に削った方がいい

 

・エッチング後、エナメル質へのボンディングは刷り込まないで、そっと塗る(エナメルの突起が折れるので)

(昔は1液性のものはゴシゴシ塗れ的に言われていましたが、確かにエッチングした部分の突起にはそっとの方が良さそうです^^;)

 

・光照射:マイルドな光を長くの方がいい

(私は強い光で短時間×回数で行っていましたが、収縮量が大きい気がしています)

 

・OB窩洞は先にB面(頬側)を先に8割程度詰めてしまい硬化後、1級窩洞に形を変える

 

・ボンディング塗布後のエアーブローは一方向からボンディング材が踊らなくなるまで

(メーカの指示通りのエアーの圧でボンディング剤を窩洞から追い出すイメージで)

 

・現在のフロアブルレジン、ペーストと同じ強度を持ったものも出てきている(インジェクタブルレジン)

 

・B3シェード 殆ど使わない

 

・エナメル質とレジンの透過性によりマージンがバレテしまう場合、カットバック後にロングベベルにする

 

・アステリアレジン A2B or A3B+NE が基本シェード  ホワイトニング歯はA1B or BL+WE

(その他、高橋先生に少しヒント貰いましたが、マニアック過ぎるので伏せておきます)

 

・フロアブルレジンは収縮量が多いのでエナメル質にクラックが入ることがある

 

・正中離開 1歯に詰める厚みが1mm以内なら1シェード(すなわち隙間が2mm以内)

1歯に詰める厚みが1.5mm以上なら2シェード(デンチン、エナメル)

 

・セラミックの歯頚部ラインを合わせるBTAテクニック(来年勉強しに行く予定)

 

・CAD/CAMもレジンのように1dayトリートメントであり、仮封剤、プラークの付着がないので接着がうまく行き長期安定しやすい

 

・CAD/CAMは歯質ににボンディング後、フロアブルレジンで接着させる

 

・レジン充填は、1、BALUE(明度)、2、TRANSLUCENCY(透明な抜け感)、3、FORM(形) が重要

TEXTURE(表面性状)、CHROMA(彩度)、HUE(色相)は上記の3つの後に気にする問題

 

・正中離開にはラバーダムをすることにより歯間乳頭を排除する

(その際マジックでラバーダムの正中に線を書いておくと軸がずれない)

 

・1つのレジンの色使いをマスターして、他のレジンを取り入れる

 

・レジン充填後は必ずデンタルを撮って確認する

 

・A6Bなど彩度の高いレジンを使い色の補正をする(明度のコントロールにもなる)

(私も、結構やります)

  

・正中は左右に微妙にずれても違和感ないが、正中が傾くと途端に見た目に違和感が出る

 

・レジン充填後の褐線、ボンディングの厚みを気にすること

 

・オールセラミックセット後はマイクロで縁下のレジンセメントチェックをすること(残りやすい)

 

 

 

色々な先生の話が聞けてかなり収穫がありました。

 

さっそく今日の正中離開症例にラバーダムしてみましたが、「あり」ですね!(。ゝ∀・)ゞ

 

 

各先生方の良い所取りで、目指せ日本一の真似士!

今日からフュージョンしまくりです

zl.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯科用レジンのメリット・デメリット メリットを生かした治療

レジン治療とは、平たく言えばプラスチックのことで

「コンポジット レジン」 「ダイレクトボンディング」 「ハイブリットレジン」 「審美レジン」

全て同じ治療のことで、プラスチックを歯に詰める治療です(・ω・)ノ

 

自費治療の為の命名なのか色々な名前が出てきますが全て同じ治療です(-ω- ;)

(歯医者ってなぜか自分の治療に独自の名前付けたがりますよね、またそれが患者さんを混乱させる元に)

   

 

レジンにも保険のもの自費のものが日本にはありますが、(世界中みてもこんな分け方するのは日本ぐらい・・・)

現在の保険適応レジンもかなり良いものが出てきており、自費のレジンだから物性が保険のレジンより良いということはありません。

 

http://eedental.jp/ee_diary/2014/01/post-902.html 

で高橋先生がおっしゃられていましたが、

アメリカのコンポジスト(レジン専門の先生)が選ぶ良いレジンランキングの2位の『エステライト』

などは非常に研摩性も良く日本ではこれが保険適応材料となっています。

 

 

つまり、自費のレジンより評価の高いものが保険適応として国内では使われているわけですから、

自費レジン治療 ⇒ 「物性が良く虫歯になりにくい」 

にはなりません(´ω`= )

 

 

  

さて、話をレジン治療の戻して、 

 

 

レジン治療の優れている点は

1、他の治療法に比べ歯を大きく削らずにすむ

2、白い色で詰めることができる

3、虫歯をその日のうちに治せる

*歯の治療は、虫歯の大きさや、虫歯の場所により1~6回程度通院が必要になります。

 

忙しい現代人は最小来院数で治したですよね。

 

 

 

中程度の部分的な虫歯を治す為に用いるレジンなのですが、

 

他の方法としては「インレー」という金属セラミックを用いる方法があります。

金属には:保険の銀歯、金歯(金合金)などが代表的なものです。

セラミックには:機械がブロックから削り出すもの(3Dプリンターみたいなものです)と、技工士が粘土から焼き出す方法(陶器のお皿を作る方法です)

 

これらの方法をインレー修復といい、2回の通院が必要になります。

 

 

私がインレーではなく、レジンを第一選択している理由はこちら、

http://eedental.jp/ee_diary/2014/08/post-1002.html 

つまり、大きく削らず、綺麗に治せるのがレジン治療のいい所!

 

ただ、レジンは時間と共に見栄えが悪くなることもあります。

これが欠点です。

 

この欠点はレジンの得意な先生であればある程度解決することが出来ます。

 

 

一般的なレジン治療の5~8年後

EEdental iz (1).jpg

拡大鏡、顕微鏡などでレジンと歯の縁をもう少し合わせれれば、もう少し着色は目立たないのですが、

それでもレジンの周りの褐線などは避けることができません。。。(ノ ω = )

 

 

 

この状態を綺麗にしようとすると、

1、レジン(歯医者の手間と時間は非常にかかりますが健康な歯は多く残せます)

2、セラミッククラウン(歯の60%ぐらいを削ってしまうので私はお勧めしません)

上の写真の患者さんは、まだ20代前半で今後のことを考えるとレジンを選択しておかれた方が歯の寿命は延びると考えレジン治療で治療をおこないました。

術後(治療個所:16か所)

EEdental iz (2).jpg

非常に手間はかかりますが、大きく削らずともこのような修復は可能な時代になっています。

(16か所の前歯を治すのに4時間をかけています。

 

 

先にも書いたようにレジンは時間の経過とともに変色、着色が付いてきます。

そういった場合は表面のレジンを1層削って綺麗に治す必要が出てきます。

(簡単な研摩修正で30分程度で終わります)  

 

そうすれば、被せ物にせずに歯の寿命も同時に手にいれることができます( ・ω・)ノ

 

 

逆に言えば、セラミッククラウンで治療をした場合、被せ物の縁が歯茎に中に隠れ込み

審美的なトラブルは起こりにくい のですが、歯を大きく削ってしまう手前問題が起こった際には

リカバリー治療が大変難しく、最悪抜歯になることもあります。

 

  

歯を長持ちさせたければ、

審美的理由で健康な前歯をさし歯にしては絶対ダメです!=(。・`ω´・。)

 

 

 

やり代えの2回目以降のレジンは非常に手間のかかる治療ということで、

まず2000~3000円(3割負担で700~1000円)の保険治療では赤字になってしまいます。

保険治療でこのような数時間かかる治療を希望されても、

「いや、綺麗にしたいのならセラミッククラウン(10~18万)」となってしまうかもしれません。

 

   

ここが歯の寿命の大きな分岐点の1つなのですが、

歯科医院も経営して行く為には採算性を考えますのである面仕方がない日本の医療の実情があります。

 

 

ですので、自費レジンは担当の先生の時間、技術を買ってもらう治療です。

(私の中での解釈では、レジンは先生の技量に結果が大きく依存する治療の1つです(= ̄ω ̄))

  

 

EEデンタルも、このレジン治療は全て自費治療(1本5~6万)です。 

(EEデンタル保険医療機関ではないので初診から全て治療は自費治療となっています) 

 

 

保険治療の安いという部分は非常に魅力的に見えるかもしれません、

ただ、30年前と同じ治療費で、最新の技術を取り入れた治療というのは実際無理があると個人的には思います。

 

各メーカーの努力で良い材料が出てきても、それを生かす環境が日本にはないのが悲しい部分。。。( ノω-、)

 

 

 

歯をなるべく削らずにレジンで治したい患者さんはレジン治療の得意な歯科医院を探して受診してみてください。

 

写真のケース、研摩、修正で15~20年は持たせたいですね!(^ー^)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home> なんとなくレジン: 2014年10月アーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top