Home> なんとなくレジン > 小さくかけた歯をどう治すのか?

小さくかけた歯をどう治すのか?

前歯が外傷などで小さくかけてしまうことがありますヾ(・д・。)

EEdental ka4 (1).jpg 

臨床症状なく、審美的に気にならなければそのままにしておくのも1つです。

 

ただ、女性の場合気になってしまう方は多く、小さな女の子でも同じようです。

http://eedental.jp/ee_diary/2010/03/post-60.html 

 

 

このようなケースを審美的に治すのは色々な方法がありますが、侵襲の少ないものから

1、レジン

2、ラミネートベニア

3、セラミッククラウン

などがあげられます。

 

治療法は1→2→3へは変更できますが、3→2→1には変更できません(・з・)

つまりセラミッククラウンで被せてしまうと、それが最後・・・

 

 

今回のケースは、まず低侵襲のレジンからスタートしてみました。

EEdental ka4 (2).jpg

治療時間:30分

 

ただ、この歯の縁にレジンを詰めても、レジンは非常にかけやすく同じような最初の状態になってしまうこともあります。

(接着力を求める為にかけた表面の0,03~0.05mm程度だけ削っています)

 

 

患者さんにも「取れたら、また来てね」と話し外れること前提で治療を行っています\(゜ε ゜)

 

 

外れないに越したことはないんですけどね=====( ̄∇ ̄)

 

 

人工物に問題が起こらないようにする為にはセラミッククラウンで被せましょう!

も1つの選択肢ではあると思いますが、自分なら最初は選択したくない方法ですね。

 

 

以上、前歯が小さくかけた際の1例でした。

 

EEデンタル ダイレクトベニア・4級(前歯) 60,000円〜70,000円+消費税 

(3年保障 *保障期間中レジンが外れた場合、 *初診代のみの負担でレジンの治療費はかかりません)

 

適応症かどうかはこちらが判断します。 

年に、2万円程度の負担と考えくださいヽ(・∀・)ノ 

Index of all entries

Home> なんとなくレジン > 小さくかけた歯をどう治すのか?

購読
Powerd By

Return to page top