Home> EEデンタル NEWSアーカイブ

EEデンタル NEWSの最近のブログ記事

EEデンタル2019年 歯内療法専門医 根管治療傾向

毎年1月にスタッフに集計をしてもらっているのですが、

毎回、放置気味で・・・

2018年のデーターは何故か10月に

http://eedental.jp/ee_diary/2019/10/ee2018.html

 

今年は先週データーが上がってきたので、忘れないうちに

 

2019年 根管治療総本数:149本

抜髄14本 

感染根管(ネクローシスパルプ含む)135本

【外科】 

外科的歯内療法:14本

ヘミセクション:2本

【レスキュー】

パーフォレーションリペア:9本

ファイル除去:4本

 

MTA根管充填 83本

  

【自分のエラー】 

フレアーアップ:2本

http://eedental.jp/ee_diary/2014/10/post-1042.html 

*去年は奇跡的にゼロでしたが、今年は2本なので1.3%という発生率です。

ファイル破折:0本 

*トライオート2+プロテーパーゴールドの組み合わせはバッチリ!

パーフォレーション:0本

 

治療回数

前歯:1回34本 2回4本

小臼歯:1回31本 2回11本 3回1本 4回1本 5回2本

大臼歯:1回20本 2回29本 3回5本 4回3本 5回2本 6回3本 8回2本 11回1本

 

MB2穿通率:50%

  

と大体去年と同じ数字になりました。

今後も精進していきたいと思います!!ヾ( ̄∇ ̄ 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2019年 新規患者さん動向

久しぶりに新規初診患者さんが来られた地域を調べてもらいました。

  

2019年 新規患者さんの来られた場所

 

1位 愛知県:97名

豊橋21名 名古屋16名 岡崎14名 豊川11名  

安城・田原 各4名

大府・豊田・小牧 各3名  

日進・西尾・知立・蒲郡・新城・半田 各2名

常滑・あま市・幸田・刈谷・一宮・武豊町 各1名

 

2位 静岡県 6名

3位 三重県 5名

4位 岐阜県 東京都 各3名

5位 京都府 兵庫県 大阪府 神奈川県 石川県 各2名

6位 埼玉県 千葉県 中国 各1名

 

計:127名  でした。

 

2015年とそんなに差はないですね。

http://eedental.jp/ee_diary/2016/09/2015-4.html 

相変わらず市外の患者さんメインの歯科医院です(笑)

 

遠方からありがとうございます!(^。^)

 

再初診患者さんはカウントしていませんが、

毎年沖縄や九州から来られる患者さんなどがおられますので期待に沿えるように頑張りたいと思います!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

全顎治療と私の咬合の考え

最初に、私は咬合(噛み合わせ)の勉強はしたけど、殆ど理解できませんでした。

  

歯を失う理由の1つは誰でも知っている虫歯、2番目は歯周病、そして3番目に咬合

そう歯が無くなる理由の3つめには【咬む力】というものがあります。

      

   

私が考える咬合とは、

・治療を行うと必ず咬合は下がる、変わる(元の咬合接触点に位置・強さを戻せるとは思えません)

・臨床上なるべく咬合を大きく下げないように気は使う

・機能咬頭側に咬合の接触点を可能な限り持ってくる

・理想的な所に咬合を持ってきても歯と違う材料で治すので経年変化に差が出てそこに問題が起こる

・固い人工物は一生咬合調整が数年おきに必要になると考える

・咬合理論は雲をつかむようなイメージ(点で表現できるとは思えない)

・人それぞれ咬合も許容量があり少し変わっただけで体調を崩す人がいる(生物学的な強い・弱いが咬合でも存在する)

*下顎第2大臼歯に平らな銀歯が入っていても多くの人は問題なく生活しています。

・噛める所で噛めばいい、噛める物を食べればいい、歯なんてなくても生きていける。(歯がなくても100歳まで生きれる時代) 

 

  

かなりというか超振り切った考え方です。

 

 

学問的にそれを研究する人も必ず必要ですが、

私のように出来ないものは割り切って捨てる性格の人間には

噛み合わせを相談されても残念ながら対応できません・・・

 

   

20代の男性患者さん

2020 EEdental BT(7).jpg

歯内療法:1本

レジン:16本

セラミッククラウン:3本

治療期間:10カ月

今回の患者さんのように犬歯誘導がしっかり確保されており、

多くの臼歯の機能咬頭が残っている患者さんは治療もトントン拍子に進みます。

   

 

逆に、被せ物が多い特に歪んだ形状のクラウンの多い患者さんでは時間もお金もかかる割にはしっくりこないケースもあります。

つまり、過去の医療介入でどこまで大きく元の歯を削り、元の形に近い形状の被せ物を入れたかなどで治療の難易度・予後は大きく変わるものだと私は思います。

  

昨日も説明をすると患者さんが後悔されていましたが、治療はなるべく削らない方法から試した方がいいですよ!(>ω・)ノ 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

本日より2020年の診療をスタートします。

あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします。 

 

今年の目標は『より正確に緻密な治療』です!

保守的になりがちな年齢となりましたが、必要な時には攻める治療を心掛けたいです。

    

  

お休みの連絡ですが、

2月27日~3月2日まで

「ぺンシルバニア大学のエンドと補綴臨床教授によるハンズオン」

に参加の為お休みを頂きます。

 

また3月29日~4月6日までAAE(アメリカ歯内療法学会)inナッシュビル

参加の為お休みを頂きます。

 

仮ではありますが、

ゴールデンウィークは

仮:5月3日~6日までの予定です。 

秋休みは

仮:10月11日~19日

 

 

最新のトピックスと自分のスキルアップの為、ご迷惑をおかけしますが

患者さんに還元出来るように努力いたします。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

診療日改定のお知らせ

2019年の診療も今日で終わりとなりました。

2007年の5月に32歳で開業して、今年で45歳になりました。

 

   

ここ豊橋で開業したのも、朝波乗りしてから仕事をしたいという所からでしたが、

http://eedental.jp/ee_diary/2011/07/post-319.html

最近は、朝波乗りをすると1日の集中力の維持がしにくくなってきた為

ここ1~2年は午前中にキャンセルがあったり、患者さんの予約が入っていない

十分休みを取れゆっくり出来るという日以外仕事の前の波乗りは止めてしまいました。

   

そういう面からも歯科医師としての体力的ピークは既に向かえていると感じます。 

     

 

奥さんの治療で来て治療を見学していた旦那さんにも

「よく2~3時間も顕微鏡見て細かい作業で集中力が維持できますね!」

2019 Endo.jpg

と言われましたが・・・

 

若くはないので、その代償が診療後に出ている日もあります。。。

(主に頭痛とひどい肩こり)  

  

私の治療は0.1mm~0.1mm以下をこだわりたいので殆ど顕微鏡での治療をさせてもらっています。

*そこをこだわらないと治らないというケースもあります。 

2019 Endo2.jpg

3mmの穴からMB2を含む4根管を治療 

その後支台築造(レジンコア)+レジン充填(プラスチック)

これも顕微鏡を見ながら合計3時間半(来院回数2回)

 

毎日連続で診療するよりは、今より休みを増やして、目を酷使しない時間を作り、

クオリティーの維持と向上を狙うと結論を出しました。

(この先、知識と経験値は上がって診断能力は上がるかもしれませんが、体力から来るクオリティーの維持は・・・) 

 

 

ということで、現在隔週でお休みを頂いている木曜日を

2021年からは木曜日は全てお休みとさせていただこうと考えました。

(と言っても木曜日に事務仕事やスライド仕事すると思うんですが・・・) 

 

このまま体調を壊し診療できなくなり、多くの患者さんにご迷惑をかけるよりはいいかなと・・・ 

 

 

こんな無駄にも思える造形がしたいのです!

2019 rezin1.jpg

治療時間1時間45分 レジン治療2本 

 

 

2019年12月現在

木曜日は歯科医師の先生が多くおられ次回の治療空き枠は3月となっております。

現在通院中の先生は後1年あれば診療は余裕で終わらせられると思いますので、

ご迷惑をおかけせずに済むかと思います。

 

追記:

今日の歯科医師の先生 主訴「歯冠破折」

2019 EEdental M.jpg

タイトル「超超石灰化!!」 1回法 治療時間2時間

 

木曜日はエンド依頼の歯科医師の先生が多いのですが、

もし全顎治療希望のご予約が3人ぐらい入ると木曜予約は締め切る感じになるかもしれません。

 

長くても来年の10月ぐらいからは木曜希望の患者さんの受付は終了する予定ですので

もし来院を希望される木曜休みの先生はお早めに(笑) 

 

元々、そんなに仕事の虫でもありませんでしたが、こだわりは持ってい続けたいので

このような判断をさせていただきました。

  

まとめますと、

2020年は今年と同じように奇数週の木曜日9:30~14:00 偶数週休み とさせて頂き

2021年からは日曜・月曜・木曜日をお休みさせていただきます。

 

よろしくお願いしますm(_ _ )m

 

追記2:

今年1年ありがとうございました。

多くの方に支えられ1年が「あっ!」という間に過ぎてしまいました。

 

スタッフの2人、技工所&技工士、メーカー&ディラーのみなさん、花屋さん、税理士さん、患者さん、歯科医師の先生

本当にありがとうございました。

次回の診療は2020年1月7日からとなります。

メール・電話の返信は7日から順次行います。

 

それではよいお年を!

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

今年のイメージは「Youtuber」

個人的に今年は「Youtuber」という単語が印象に残ります。

  

歯科関係でも顕微鏡治療の動画や説明・解説動画が多くなっており、

ただ、アップしても色々知識がないと直ぐに埋もれてしまいます。

(私は全くその知識がない・・・)

 

 

EEデンタルのチャンネルの場合、今年でyoutube11年目

去年の前半辺りは1日3000回再生ぐらいあったのですが、 

今年の後半に入り1日の再生回数も300回程度となっています。 

2009 2019 Youtube.jpg

*1日17000再生された日もあるみたいです(汗)

  

特に広告収入目的ではないので、減ったら減ったで気にもしていませんが、

似たような歯科治療動画が沢山になった為の現象だろうなと推測します。

 

私の場合は患者さんの説明用や勉強会、学会の為に制作した動画の2次利用

といった感じで活用をさせてもらっています。

  

年に2人ぐらい「youtubeでEEデンタルを知って来院した」という患者さんもいますし、

過去には先生の動画全部見てきたという方もおられました。

  

タダで(その分情報を吸い取られているがしますが・・・)、

こんな小さな町医者でも世界に向けて情報発信ができるのはありがたいことですね!

http://eedental.jp/ee_diary/2016/01/youtube.html 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

お知らせ!

今日12月14日は名古屋で知立の勉強会講師の忘年会があるので、

診療を17時までとさせて頂きます。

   

電話受け付けなどは18時半まで行っております。

  

なお2020年1月の新規患者さん枠も定員となった為

本日14日まで1月予約で、来週17日より2020年2月からのご予約となります。

 

お正月休みは

12月28日~1月6日までとなります。

  

よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

知ってる人は知っている前歯の綺麗な見せ方

お知らせ

12月の治療枠も埋まってしまいましたので、

治療枠などは2010年の1月からとさせて頂きます。

  

新規患者さんも1月枠来週で締め切りとさせて頂きます。

 

さて、

前歯に根に問題がある患者さん 女性患者さん

が治療から1年完成 ようやくフィニッシュ!

2019 EEdental KUK (2).jpg

綺麗に入りました!

 

セラミッククラウン(ジルコニアフレーム)!?

 

3本のセラミッククラウン症例です。

  

さすが、一流処のセラミスト!

特に中切歯!!

 

 

審美性を気にする患者さんは知っておかれた方がいいと思います。

実は、口元の印象はこの『真ん中の歯2本』が決めてしまいます。

 

この歯がいかにシンメトリー(左右対称)に作られているかで、自然感がかわります。 

 

幅、長さ、色、傾き、透明感なのですが、

2019 EEdental KUK (3).jpg

写真左が天然歯、写真右がセラミッククラウン

 

でもこれ実は、

患者さんの要望で「ねん転具合(ネジレ)を天然歯より少なくしたい」とのことでした。

  

ねん転度を抑えても左右対称感がある。

 

これは高等テクニックの1つで

微細な凹凸によるテカリを利用しています。

ラインアングルという歯の特徴的な出っ張りを利用して左右対称感を出します。

2019 EEdental KUK (4).jpg

天然歯とセラミッククラウン、大体左右対称にテカリ・艶があります。

 

ここがポイント!

  

これぞ、上手なセラミスト(技工士)!

 

このテクニックは技工士のなかでは極一般的なテクニックですが、

いかんせ、難しいのと手間と時間がかかる。

 

今年、当院の技工士さんから技工料金を上げさせてくださいと要望があり、

今月よりセラミックの料金を上げさせてもらいました。

http://eedental.jp/ee_diary/2019/11/post-1978.html 

 

私の歯科医院と同じコンセプトです、

持っている知識・技術を最大限発揮したい! ので大量生産はできませんし、しません。

 

見た目も長持ちさも両立したいのです!

 

 

因みに取引先の技工士さんは

値上げダメという歯科医院は無かったそうです(^。^) 

 

EEデンタル

12月からセラミッククラウン16万にさせてもらいました。

*特に前歯~小臼歯までがお勧めです!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2019年 新規患者さん

12月の定員も一杯となってしまいましたので、

2019年の新規患者さんの受付を終了させていただきます。

 

つきましては来年2020年1月からのご予約とさせていただきます。

 

よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

クラウンの治療費変更のお知らせ

先日書かせてもらった 技工料金改定のブログ

http://eedental.jp/ee_diary/2019/09/post-1954.html 

 

技工士の世界も離職率90%以上と厳しい世界

また時代の流れでCAD/CAMの導入コストなどで数千万円の設備投資が必要という状況です。

 

http://eedental.jp/ee_diary/2019/08/post-1944.html 

でも書かせてもらいましたが、日本はかなり特殊な歯科事情ですが、

 

1つ言えることは、現在の歯科は世界中で同じような材料システムになってきており、

それに伴い治療費もグローバル価格とならざるをえません。

 

世界中で使う機械は同じでも、日本はこれまた特殊な事情で世界一高い価格で購入しています。

顕微鏡などはいい例で、同じ顕微鏡がアメリカでは日本の半額ちょっとで購入できます。

つまり、世界一高い設備費で世界一安い治療費で治療しています。

  

 

EEデンタルは世界基準での治療をスタンダードとしております。

また技工士、技工所、スタッフに十分な対価も支払うべきだと考えており、この度クラウンの費用を

2019年12月より改定させてもらいます。

 

まず世界のトレンドとしては、金属を使用しない方向になっております。

これほど何の疑いもなく、口の中に金属を使用する国は日本ぐらいで海外の患者さんの治療を行うと殆ど金属は使用されていません。

 

この理由は、

1、金属を使用しなくても治療が可能な時代となった。

2、金属の世界的な高騰

が上がります。

 

個人的には金属アレルギーの患者さんも毎年2~3人ぐらい見ており、

金属が口から無くなると症状が軽減するのを見てきて、使わなければ使わない方がいいなと思います。

 

ですので、EEデンタルでも脱メタルの方向で進んで行きます。

      

EEデンタルのクラウンですが、クラウンの種類は3つ(+1)になります。

・セラミッククラウン(ジルコニアフレーム):16万

*前歯など審美性の必要な場所にお勧め(周りの歯にあった色合わせを行います)

zi(0).jpg

基本的に見える面の色合わせを行います。(裏面は真っ白)

基本的にセラミストは上手な人にお願いしており、「1m離れた相手からは人工の歯だとは分からないレベル」で仕上げます。 

 

次に、

・フルジルコニアクラウン13万

大臼歯部や審美性をあまり気にしない小臼歯部にお勧め(周りの歯を参考に似たようなブロックで製作します)

*フルジルコニアの特性上どうしても白っぽくなってしまう傾向があり、前歯などにはお勧めできません。

zi (1).jpg

ジルコニアブロックから削りだしたものにステイニング(色出し)して、完成となります。 

*難しい色(B色、C色、D色)の患者さん、本物感を出したい方はセラミッククラウンをお勧めします。 

 

 

・ゴールドクラウン10万+金属代(1g:6000円)

最後大臼歯にお勧め

*大臼歯でおおよそ5~6gの金属を使用しますので大臼歯で10万+金属代3~3.6万が必要となります。

  

なお当院で根管治療した歯で、その後のクラウンも希望される場合は、

上記のクラウン代より1万円引き となります。

  

   

フルジルコニアでブリッジも作ることは可能です。

zi (2).jpg

zi (3).jpg

zi (4).jpg

 

ただ、現在のジルコニアブリッジの欠点としては、

メタルを使った修復に比べ接合部分が分厚くなる

zi(5).jpg

メタルであれば黄色の幅ぐらいでスマートに作れるのですが、

ジルコニアの場合多少ボリュームが付いてしまいます。

  

それと、もう1つの欠点はフルジルコニアは除去がメタルに比べ多少大変になります。

(除去できないことはありませんので安心してください)

 

 

基本的にはこの3つのクラウンですが、どうしてもメタルボンドがいいという患者さんは

メタルボンド:16万+金属代(1g:6000円)がかかってきます。

 

以上がクラウン治療費改定のお知らせになります。

  

患者さんの負担が大きくなってしまいますが、

治療費に見合った努力を歯科医師、スタッフ、技工士が行っていきますのでご理解のほどよろしくお願いします。

 

追記:

現在治療中の患者さんで治療計画書に旧治療費で書かせて頂いている患者さんにつきましては、

12月以降も治療計画書の治療費で治療を行います。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> EEデンタル NEWSアーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top