Home> EEデンタル NEWSアーカイブ

EEデンタル NEWSの最近のブログ記事

クラウンの治療費変更のお知らせ

先日書かせてもらった 技工料金改定のブログ

http://eedental.jp/ee_diary/2019/09/post-1954.html 

 

技工士の世界も離職率90%以上と厳しい世界

また時代の流れでCAD/CAMの導入コストなどで数千万円の設備投資が必要という状況です。

 

http://eedental.jp/ee_diary/2019/08/post-1944.html 

でも書かせてもらいましたが、日本はかなり特殊な歯科事情ですが、

 

1つ言えることは、現在の歯科は世界中で同じような材料システムになってきており、

それに伴い治療費もグローバル価格とならざるをえません。

 

世界中で使う機械は同じでも、日本はこれまた特殊な事情で世界一高い価格で購入しています。

顕微鏡などはいい例で、同じ顕微鏡がアメリカでは日本の半額ちょっとで購入できます。

つまり、世界一高い設備費で世界一安い治療費で治療しています。

  

 

EEデンタルは世界基準での治療をスタンダードとしております。

また技工士、技工所、スタッフに十分な対価も支払うべきだと考えており、この度クラウンの費用を

2019年12月より改定させてもらいます。

 

まず世界のトレンドとしては、金属を使用しない方向になっております。

これほど何の疑いもなく、口の中に金属を使用する国は日本ぐらいで海外の患者さんの治療を行うと殆ど金属は使用されていません。

 

この理由は、

1、金属を使用しなくても治療が可能な時代となった。

2、金属の世界的な高騰

が上がります。

 

個人的には金属アレルギーの患者さんも毎年2~3人ぐらい見ており、

金属が口から無くなると症状が軽減するのを見てきて、使わなければ使わない方がいいなと思います。

 

ですので、EEデンタルでも脱メタルの方向で進んで行きます。

      

EEデンタルのクラウンですが、クラウンの種類は3つ(+1)になります。

・セラミッククラウン(ジルコニアフレーム):16万

*前歯など審美性の必要な場所にお勧め(周りの歯にあった色合わせを行います)

zi(0).jpg

基本的に見える面の色合わせを行います。(裏面は真っ白)

基本的にセラミストは上手な人にお願いしており、「1m離れた相手からは人工の歯だとは分からないレベル」で仕上げます。 

 

次に、

・フルジルコニアクラウン13万

大臼歯部や審美性をあまり気にしない小臼歯部にお勧め(周りの歯を参考に似たようなブロックで製作します)

*フルジルコニアの特性上どうしても白っぽくなってしまう傾向があり、前歯などにはお勧めできません。

zi (1).jpg

ジルコニアブロックから削りだしたものにステイニング(色出し)して、完成となります。 

*難しい色(B色、C色、D色)の患者さん、本物感を出したい方はセラミッククラウンをお勧めします。 

 

 

・ゴールドクラウン10万+金属代(1g:6000円)

最後大臼歯にお勧め

*大臼歯でおおよそ5~6gの金属を使用しますので大臼歯で10万+金属代3~3.6万が必要となります。

  

なお当院で根管治療した歯で、その後のクラウンも希望される場合は、

上記のクラウン代より1万円引き となります。

  

   

フルジルコニアでブリッジも作ることは可能です。

zi (2).jpg

zi (3).jpg

zi (4).jpg

 

ただ、現在のジルコニアブリッジの欠点としては、

メタルを使った修復に比べ接合部分が分厚くなる

zi(5).jpg

メタルであれば黄色の幅ぐらいでスマートに作れるのですが、

ジルコニアの場合多少ボリュームが付いてしまいます。

  

それと、もう1つの欠点はフルジルコニアは除去がメタルに比べ多少大変になります。

(除去できないことはありませんので安心してください)

 

 

基本的にはこの3つのクラウンですが、どうしてもメタルボンドがいいという患者さんは

メタルボンド:16万+金属代(1g:6000円)がかかってきます。

 

以上がクラウン治療費改定のお知らせになります。

  

患者さんの負担が大きくなってしまいますが、

治療費に見合った努力を歯科医師、スタッフ、技工士が行っていきますのでご理解のほどよろしくお願いします。

 

追記:

現在治療中の患者さんで治療計画書に旧治療費で書かせて頂いている患者さんにつきましては、

12月以降も治療計画書の治療費で治療を行います。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

お休みありがとうございました。

IMG_8560.jpg

今日から通常診療を行います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

明日からお休みを頂きます。

10月27日~11月4日 までお休みさせて頂きます。

*本日26日は14時までの診療となります。

また今日はスタッフが1人お休みの為、忙しい時は電話に出れないことがあります。

留守番電話にメッセージを入れておいて頂ければ後ほどこちらからお電話させて頂きます。

 

お休み中のメール、電話の返信はお休み明けの11月5日の診療日からとさせて頂きます。

 

 

最後に、

11月の新規初診患者さん枠が一杯となり、12月からのご予約となります。

 

よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

EENO ボウル 顕微鏡レジン治療 動画編集仕事  

歯科医師の先生向けです。

 

今日は、久しぶりの動画編集日

  

この動画を編集して

 

早5カ月 

 

EENOフラットの改良版の動画編集

「意外と使えるEENO」

 

そして今年最後の

「顕微鏡レジンハンズオン」 スライド使用動画 

あ.JPG

持ち帰りセットDVD-R   1セット30000円

1セット30000円 は、『嘘!』

 

ハンズオンセミナーに参加して頂いた先生には、

明日の臨床からすぐに2級レジン充填が出来るような材料セット、

レジメ(約60~70スライド)

使用動画 DVD-R

が持ち帰りになります。

  

 

最近、メタルの金属代が気になる先生こそ、

自費治療で行う精度とリアルさを追求する顕微鏡レジンをマスターされてみては!?

    

自費レジン若い先生ほど熱心な傾向はありますが、老眼が入っても顕微鏡さえあれば目はクリヤーできます!

後は、術式を覚えるのと、道具は何が良いかの情報を得ることが重要です。

 

臼歯部のレジン充填は流れとレシピが存在し、使いやすい・使える道具というのも存在します。

また設備投資は非常に少なくて済みます。 

 

 

やるのかい!?やらないのかい!?

 

では動画編集に戻ります!!(・。・ )ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

お休みの日程

10月27日~11月4日 毎年恒例の「秋休み」(今年は後半珍しく仕事をします)

12月28日~1月6日 お正月休み

をお休みさせて頂きます。

 

メール、電話の返信はお休み明けの診療日からとなります。

  

 

その他のお知らせ

先日も書かせていただきましたが、

セラミッククラウン、フルジルコニアジルコニアの技工料金改定に伴い治療費(クラウン)の改定を行います。

12月から技工料金が変わる為、来月中には治療費を決めてブログで報告させて頂きます。

 

最後に、

11月の新規初診患者さん枠も後1~2人となっております。

 

よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

明日の診療

明日の診療は一応行いますが、台風で危険を感じるようでしたら

当日の直前にキャンセルして頂いてもかまいません。 

 

午後の患者さんはかなり遠方からの来院だった為既にキャンセルをして頂きました。

 

明日は患者さんが終わり次第休診にさせて頂きますので、御用の方は午前中にご連絡ください。

 

12時には診療を終える予定です。

 

よろしくお願いします。  

  

去年の台風で我が家の塀は飛ばされましたが、台風の被害が少ないことを祈ります。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

勉強せなねぇ!

来年ですが、これ行ってきます。

https://www.dentalartsacademy.com/course/id-7302 

と言うことで、2020年2月27日(木)~2020年3月1日(日) 

までお休みを頂きます。

 

AAE(アメリカ歯内療法学会)にも参加しようと思いますので、

2020年3月29日(日)~2020年4月6日(月)

もお休みさせて頂く予定です。

2月のセミナー代をカード決済すると税理士さんは「625,000(税込)」をビックリしていました(笑)

バイク買えるわ!

  

AAEも何だかんだで、50万ぐらいかかりそう。。。 

サーフボード3本買える。。。

 

  

2月のセミナーは根管治療の後の補綴、

被せた方がいいという考え方が支配的ですが、本当に被せないとダメなのか!?

 

アメリカの調査では被せ物の方が予後がいいという結果ですが、

低所得者向けのアマルガムが多い中、コンポジストが行った質の高いレジンも出てきており、

詰め物のクオリティーは!?とも思います。

   

被せるより詰め物の方が難しいので、

高いクオリティーを維持できれば詰め物でもいいのではないかと個人的には思っています。

 

歯内療法の専門医や補綴医などは被せた方がいいという傾向がありますが、

数年前からアメリカの学会でも「ニンジャアクセス」と言って

3~4mm程度の穴から根管治療を行うような発表が出てきていますが、

まだまだ超マイノリティー派

(海外の「ニンジャ」の誤解の仕方が面白い! 忍者って今でいうスパイなのに) 

  

また、レジン押しの保存系の先生は根管治療後に詰め物でもOKと

同じ歯科医師でも専門分野により見解が異なります。 

 

 

根管治療とレジン、両方を専門にしている私は、

こんなことしていますが、 

咬合、歯ぎしりが強い人などは詰め物より被せた方がいいというのが今の結論です。

 

○○という治療法をすれば必ず安泰ということはなく、

歯の残存量と部位、咬合状態、ブラキシズムの有無、年齢などから根管治療後の判断を行います。

 

この辺りをもう少し勉強しています。

かと言って、複雑怪奇な【咬合】を勉強する気はナッシング!

 

 

話は変わりますが、今週末は久しぶりに入れ歯の勉強をしに行ってきます。

入れ歯の勉強は10年以上ぶりですね(笑)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

コンプレッサーが天に召されました。。。

お昼休み「バスン!」とかなり大きな音がして

「えっ、何!?」

 

午後スタートすると、エアースケーラーの出力が上がらず殆ど削れない

おかしい・・・

 

コンプレッサーの出力計を見るとほぼゼロ・・・

 

業者さんに電話してきてもらったのですが、

「先生ダメです、明日診療ですよね!?」

 

ということで今から会社の代替え品の入れ替えを行い明日の診療が出来るようにしてもらいます。

 

もし代替え品の調子が悪い場合などはすみませんが、休診とさせて頂きこちらから電話させて頂きます。

 

今日の午後診療をキャンセルさせて頂いた患者さん、

申し訳ありませんでしたm(_ _ )m

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

技工料金改定のお知らせ

前にブログにさせてもらいましたが、

10月より仮歯の費用が2万円になります。

 

またセラッミックの技工所からも価格改定のお知らせが来ました。

DSC04648.jpg

セラミッククラウン、フルジルコニアクラウンに関しましては、

12月より技工料金改定による治療変更を行わさせて頂きます。

(改定費用が分かり次第またお知らせさせて頂きます)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

お知らせ

10月の初診患者さん枠も一杯となってしまった為

新規初診患者さんのご予約を11月からとさせて頂きます。

(11月は8名の患者さんを予定しております) 

 

ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> EEデンタル NEWSアーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top