Home> EEデンタル こだわりアーカイブ

EEデンタル こだわりの最近のブログ記事

レジン治療を中心とした全顎治療

前歯の歯内療法で来院された40代の患者さん

http://eedental.jp/ee_diary/2018/02/post-1717.html 

 

問題が出ないようにきちんと治したいとのことで

2018 EEdental ET.jpg

レジン治療(直接法アンレー含む):17本

歯内療法:1本

セラミッククラウン:1本

 

 

治療した歯が多く毎年どこかが悪くなり歯科医院通いが

日課のようになっている40~60歳の患者さんは、

一度きちんと全顎治療を受けられた方が歯科の負のループから抜け出せる可能性が高いです。

 

右の歯の治療が終わって半年したら今度は左上が痛い・・・

 

ホントこのパターンが多いですが、

一度同じ時期にきちんと全体的に治療を受けることで、

口の中の問題を整理しメンテナンス中心に代えることが出来ます。

  
自己修復機能のない小さな歯の治療は治療出来る回数も決まっています。

同じ歯は触れて4~5回です。

 

より削らない、精密な丁寧な治療が必要とされます。

 

 

今回の患者さんケース、

自分なにりレジンでかなり綺麗に修復することができました!V(・∀・)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯内療法専門医が手掛けるなんちゃって審美治療

腫れの原因は側枝×3 感染根管治療

http://eedental.jp/ee_diary/2017/11/post-1682.html 

 

の続き、

2018 EEdental HaM (1).jpg

外科後あれだけ治らなかった歯ぐきの腫れ(膿)などは一切見られなくなり

レジンを詰めて歯の修復を行うことになりました。

  

長い間神経が死んだままだったので歯の色が褐色系に変色しており

かんじゃさんにこのまま詰めていいか聞くと、白く治したいとのこと

 

ということで、インターナル+ウォーキングブリーチを行い、

真っ白にした後、他の歯もホワイトンング

2018 EEdental HaM (2).jpg

だいぶ白くなり、歯の裏側の根管治療をした穴にレジンを詰めたのですが・・・

 

患者さんは歯の長さが気になる・・・

2018 EEdental HaM (3).jpg

「じゃあ、この部分だけ削りましょう!」となり

 

3分後『再撮影』 

2018 EEdental HaM (4).jpg

OK!

  

この範囲は歯内療法専門医の仕事ではありませんが・・・

  

歯の保存もでき、綺麗に治せたかと思います!(・∀・)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

術前写真なしでまた後悔 エンド&レジン&セラミック 総合治療

まずは左が術中⇒右が術後

2017 EEdental ITY (1).jpg

エンド:合計4本 右下5・6 左下5・6

レジン:合計4本 右下4・7 左下4・6

セラミック:合計3本 右下5・6 左下5

 

上の写真は術中で 

右下4・7のインレーをレジン充填

右下5・6仮歯

という右下の治療後です。

 

患者さんの主訴がエンドだと、口腔内写真は撮っていないので・・・

いつも術中⇒術後になります(笑)

 

主訴は右下6の根の治療後から痛い

2017 EEdental ITY (2).jpg

 

左下も根尖病変があったので

2017 EEdental ITY (3).jpg

綺麗に骨も出来てきてくれています!

 

専門のエンド+専門のレジン+技工士の技の総合修復

 

 

悪くしないように歯磨頑張ってくださいね!!(・ω・)ノ~~

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

顕微鏡歯科 モビルスーツ編

セミナー、学会などに行くとたまに面識のない先生から声をかけられます。

 

多くの場合はブログを見てという出会いですが、

先日の先生は

「学生の頃から先生のブログをみています」

「顕微鏡を使えば先生と同じことが出来ると思ったのですが、現実できません」

と話されていました。

 

10年もブログを書いているとネット世代の学生さんが歯科医師にもなりますよね( ̄ー ̄;)   

 

 

今の私には顕微鏡はマストツールですが、

スタート時から今と同じことが出来た訳ではありません。

 

卒後、遊び過ぎていて何一つ得意分野がない人間でした。

kenbiktou (1).jpg

私が大学を卒業する頃にようやく「拡大鏡」という単語がでてきましたが、

モビルスーツ(顕微鏡)の噂は聞く程度で現実実機は見たことさえありませんでした。

   

師匠の歯科医院に就職してしばらくして、

モビルスーツに体験機会があるということで

kenbiktou (2).jpg

とりあえず、書籍を読みまくる

 

 

その後、

kenbiktou (3).jpg

実戦に出る前にひたすら練習

・拡大視野に慣れる(酔う時がある)

・左右逆の動きがスムーズに出来るようにトレーニング

*医科の顕微鏡治療とは異なり歯科は鏡に反射した像を見ながらなので、余計に難しい施術となります。  

    

ある程度慣れた所で実戦へ

kenbiktou (4).jpg 

 

まずは拡大視野で相手を見ること、

amuro.jpg

対象物にピントを合わせることからスタート


 

  

裸眼では全く気付かないことだらけで、

自分の物差しが変わると同時に、

kenbiktou (11).jpg

自分の「裸眼治療の質」に愕然とする。。。

見えているようで全く見えていない

   

 

そんなうちに、裸眼時代必要とは思わなかった

小さな部分を攻める色々な武器(道具)が欲しいと感じ始める。

kenbiktou (10).jpg 

「ビームジャベリンなんかいるかよ!」 

と思っていても意外に使いやすかったりするんです。

 

ビームライフル(タービン)があるのに

kenbiktou (11).jpg

ガンダムハンマー(手用切削器具)とか

 

 

色々できるようになると、モビルスーツの性能も向上させたくなり

kenbiktou (9).jpg

モーラ―機能を取り入れたり、バリオスコープを取り入れたり、マグネットコーティングしたり、

自分なりにカスタムしたくなります。

 

  

そんなこんなで毎日使っていると、ある程度自由に使いこなせるよになります。

kenbiktou (5).jpg

  

ドム

kenbiktou (6).jpg

 

ドム・ドム・ドム・ドム

kenbiktou (7).jpg

見える!  

 

 
 

kenbiktou (8).jpg

コンスコン「バケモンか!」 

 

 

というレベルまで行くのが理想ですね!

 

 

モビルスーツ乗りの今日の一症例を  

2017 EEdental HaM (1).jpg

2017 EEdental HaM (2).jpg

縁下~歯髄付近まで広がる大きな虫歯

たぶん、裸眼では90%以上抜髄と判断するかと思います。

 

私も最初は「神経を取ります」と言って治療を始めたものの

モビルスーツで探って行くとピンクスポットで処理できそうだったので方針転換をして

覆髄を行いレジン充填 1時間半  

 

神経付近の処理も縁下からのレジン充填も拡大視野でなければ不可能かと思います。

 

モビルスーツ乗りは繰り返し治療を行い少しずつスキルを身につけます(笑)

 

何だかんだで13年もモビルスーツ乗ってんのか!!

*自分の機体は「ジムカスタム」です(-ω-;)ゞ
(ガンダムは高くて買えない・・・)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

全顎治療 下顎編

根管治療をしてから違和感が消えず仮歯ままという患者さん

  

の治療がフィニッシュ!

2017 EEdental IY0 (3).jpg

*術前の口腔内写真を撮っていませんでした。。。

左下7、右下5、左下4、左下6 レジン

右下5・6、左下5セラミッククラウン

 

主訴の根管治療

右下5・6

2017 EEdental IY0 (1).jpg

左下6

2017 EEdental IY0 (2).jpg

綺麗に治ってくれて、症状も改善しました!

 

根管治療の主訴 ⇒ 根管治療後 ⇒ 他の歯も見て!

という患者さんが最近多くなってきています。

(1本治療を受けて治療に安心できそうと判断したとのこと)

   

ただ、スタート時から全顎治療希望の患者さんは術前から口腔内写真など

を撮るのですが、根管治療1本の主訴の場合私は口腔内写真を撮らないので

どうしても術中からの写真になってしまい、すみませんm(_ _ )m

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

下顎の全顎治療

下顎の全顎治療

2017 EEdental KK0.jpg

歯内療法:1本

セラミッククラウン:1本

プラスチック治療:9本

 

右下6はゴールドアンレーにしようか迷いましたが、

レジンで詰めれそうだったのでレジンで修復を行いました。

 

綺麗に治療できたかと思います!(^ー^)v

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

単発で急上昇するはなぜ!?

ちょっと前のことなのですが、

1日のビュー数が急激に上がりまして

2017 you tube (1).jpg

1日「9121」は最高記録

  

何でやねん!?

2017 you tube (2).jpg

いきなりビュー数が上がった動画はこちらでした。

 

このケースは自分でもかなり手ごたえがあった症例です。

普通のアプローチでは神経の治療⇒銀歯になるケースだったかと思います。  

 

 

どこでこの動画を見られているか付きとめることは、

私の能力では不可能でした。。。 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

患者ニーズと歯科治療のズレ

現在日本の歯科保険治療費は先進国の中ではありえないぐらい安価なもので、

今や東南アジアの方が治療費が高くなっています。

 

面白いと思った記事があります⇒

http://news.livedoor.com/article/detail/13820310/ 

 

海外に行くと日本の物価の安さに気づかされます。

5年前バリのホテルの近くでパスタとピザを食べたら1人4000円でビックリしました。

アメリカ圏は安くすませるにはファーストフード(でも1000円前後) 

 

かなり住みやすい環境だと思いますね! 

  

 

話を医療に戻して、

 

一方、日本の歯科医院の設備などは、

世界でもトップクラスで良い環境で治療を受けられ、

・歯科用CTの所有率は日本が1位、

・顕微鏡の所有率も世界トップクラス

・清潔的な環境も世界トップクラス

・費用も世界でも断トツで格安!

 

これで歯科医院経営は成り立つのか!?

因みに歯科産業はパチンコ産業の1/10の市場規模です。
(パチンコ店1.1万店 歯科診療所6.8万件)

  

現行の制度で設備投資代などを回収するには患者さんの数を見なくてはなりません。

海外では1人1時間の治療も、日本では1時間で3~5人が普通です。

ですので、説明などは必要最低限での治療が一般的です。

  

50年前の患者さんニーズとは異なり、今は治療前にある程度説明を受けてから治療を受けたいという患者さんも多くなっていますが・・・

 

現状疑問を多く持っている患者さんには今の保険治療では満足できない状態となってしまっています。

 

 

 

今回の患者さんも、なんとなく痛いという主訴で歯科医院を受診した所

いきなり神経治療が2本始まり、C1程度の虫歯を削られ、仮詰め

 

不安に思い専門医であるEEデンタルに受診

2017 EEdental OM.jpg

根管治療途中の歯の中には「ペリオドン」(ホルマリン系)が入っていました。

*現在私はペリオドンは使用していませんし、否定派になりました。

 

全体的にきちんと治したいということで、

歯内療法:2本

ゴールドクラウン:2本

プラスチック治療:9本 

 

綺麗に治療を行うことができました!d(・ω・)

  

 
恵まれた保険制度自体の崩壊もささやかれてきていますので、

なるべく健康に気を使う、病気にならない時代がそこまで来ているのかもしれません。

(今回も消費税見送りは保険医療制度に大きな一撃になるかと・・・ 今が良ければそれでいいのか!?)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

どこまで範囲が広がるのか!?

先日こんな記事がありました。

「プチ整形」や「脂肪吸引」といった美容医療サービスの誇大広告などをきっかけに消費者トラブルが相次ぐ事態を受け、厚生労働省は25日、医療機関の広告規制を見直し、「ビフォー・アフター」として効果をうたった術前術後の写真掲載を原則禁止する方針を固めた。

 学会などが掲載する写真は、消費者への誘引性がないとして規制の対象外とする。省令に新たな広告禁止事項として定め、来年6月までに適用したい考え。

 医療法は虚偽・誇大広告を禁じているが、術前術後の写真は加工や修正が施されていても、立証や見分けが難しい。写真を見て美容外科を受診し、トラブルになるケースが後を絶たないため、内閣府の消費者委員会が広告規制の見直しを求め、厚労省が有識者検討会で議論してきた

 

個人的にはですが、美容治療は病気を治す医療とは異なりますので、

商業的な要素がどうしても大きくなってしまうと思いますし、

テレビの美容系CMもどうかと思います。

  

歯並びの悪い方は必見!http://eedental.jp/ee_diary/2015/10/post-1276.html

*問題の起こりやすいセラミック矯正 リカバリー治療も非常に難しくトラブルが起こやすいので止めておいた方がいいですからね。

 

というか一般の人は絶対やっちゃダメ!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

10年ひと昔

まだ10年は経過していないのですが、

昨日、レジンがかけたと昔治療させてもらった歯科医師の先生が来院

 

レントゲンを撮らせてもらうと

2017 EEdental OA.jpg

問題なさそうです。

 

ただ、過去の自分の根管治療を見ると

やはり昔と今は考え方が変わっているなと感じます。

 

自分なりに臨床から得られるものをフィードバックして

今の臨床になっていることを感じます。

 

また数年後今やっている自分の症例を見れば、

また違った部分、修正した方がいい部分が出てくると思います。

  

退化にならない変化をしていきたいと思います!

 

年齢的にも後数年で歯科医師のピークを迎えるんだろうなと最近よく思います。

ただ、歯科医師はスポーツ選手と違いピークを越えてどう変化していけばいいのか、

その辺りも手探りで探って行きたいと思います。 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> EEデンタル こだわりアーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top