Home> EEデンタル こだわりアーカイブ

EEデンタル こだわりの最近のブログ記事

銀歯の中の巨大な虫歯! 歯髄保存(神経の保護)

違和感が出てきたという銀歯を外してみると・・・

 

中には虫歯が大きく広がっていました。

 

神経が透けて見える状態でしたが、今回は神経の保存処置を行い仮歯まで入れました。 

  

3カ月程度症状が出ないか経過をみて、最終的な被せ物を行います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

メタルインレー治療後に起こりやすい虫歯

中等度の虫歯の治療 

色々な方法があります。

・メタルインレー(銀合金・金合金) 

・セラミックインレー

・レジン

 それぞれにメリット・デメリットが存在し

どのメリットを重視するか、どのデメリットが気になるか?

で治療法を選択する訳なのですが、

 

実はこれら3つの方法すべてに精通している先生というのは非常に少なく

どの治療法で治すかとなった際にには、歯科医師の得意な方法を勧められることなります。

 

先日もあまり削らず、白く治したいという患者さんがかかった歯科医院でゴールドインレーを勧められたそうで、ネットで調べ「レジン治療」で治せないかと来院されました。

 

歯科医院選択の難しい所で、ある程度歯科に知識がありかかる歯科医院が何か得意かしらなければ、希望の治療はできない現状があります。

 

私は、3つの中では「レジン」が最も優れた方法であると感じています。

1、削る量が少ない

2、3つの中では確実な防湿接着ができる

3、経年変化が歯に近い

4、問題が起こった際リペアがしやすい

などから私が詰めれそうなケースにはレジンをお勧めしています。

 

また、

保険の銀歯より金の方がかみ合わせに馴染む

など聞いたことはありませんか!?

 

実は【保険の銀インレー】でも【自費の金インレー】でも

圧倒的に歯より硬い為、起こる経年変化はほぼ同じです。

*最初の適合は理論上、金の方に軍配があがりますが、材料の前に歯科医師の腕の方がよっぽど適合に関しては大きな因子です。

  

金属修復で治療を行うと

機能咬頭の金属の横の歯が負け、かけてしまいそこから虫歯が侵蝕。。。

上顎:口蓋咬頭

下顎:頬側咬頭

に多く見られます。(これ大学で教えておいた方が・・・)

 

因みにレジンで最初から治療を行えば、機能咬頭付近を削ることはありません。

金属、セラミック系の修復はレジンに比べ便宜的にかなり健康な部分を削る必要があります。

*かなり理想的なことを書いています。 

 

ケース動画 

特にこのような穴は1mm以下程度ですから、検診などでは殆ど見逃されてしまい

虫歯が大きく侵蝕してから気づく場合が殆どで・・・

神経を取るなど後手後手の治療になってしまいます。。。

 

一方レジンではこのような経年変化は起こらず、歯の表面からの2次虫歯が多いので比較的早い段階で気づき治療することが可能となります。

 

ですからこういった面からも私は「レジン治療」押しのスタンスを取っています。

ただ、どの方法を選択しても一生持つ訳ではありませんので、日ごろの歯磨きが非常に重要となります。 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

いやいや、凄いわ!

仮歯をはずしてセラミックを置いたところ

2018 EEdental MH1 (1).jpg

「おぉ~~!」 

*1週間もすれば歯肉がセラミックの形状に合い始めもっと調和すると思います。

 

実はこの歯のセラミックは、
2018 EEdental MH1 (2).jpg

*土台の状態

 

今回のケース土台ごと歯が取れてしまい、

根管治療+土台+仮歯 ⇒ セラミッククラウン

という流れで治療させてもらいました。

2018 EEdental MH1 .JPG

 
綺麗に修復することが出来ました!ヾ(・ε・ )

 

EEデンタル、土台の型を取り、後は口の中の写真を撮って色はすべて技工士任せ!

そこまでタイトな色合わせはしていませんが、写真だけでこの色を再現できるのは凄いと思いますね!(・。・;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯科用顕微鏡3D動画 感想文

先日書いたブログの続き

http://eedental.jp/ee_diary/2018/07/ee-5.html 

2018 EEdental  (1).jpeg  

非常に興味深いツールで面白い経験をさせて頂きました。

白水さん、SONYさんありがとうございましたm(_ _ )m

 

 

感想としては、

・インパクトが大きく8割の患者さんは驚いていた

・2Dの治療動画を見たことのある人ほど3Dの感動が大きい

・眼鏡をかけている人は眼鏡をかけた状態で、3D眼鏡眼鏡をした方がいい

・立体的にどこの場所が悪かったか患者さんに説明しやすい

・ここから虫歯になっているとか

録画の方法として

・ターゲットの歯にピントを合わせ4~5秒静止させた方がいい

(動いていると3Dで少し分かりにくい)

・より立体的に見せるためには窩洞を上からではなく、少し斜めから撮影した方がいい

(フレームの中に歯頚部付近の歯肉を映すとより深さのある立体構造として見える)

・2Dに比べ3Dの方が治療の荒が分かりやすい、

・2台のカメラを取り付けることで、顕微鏡が重くなる。

(顕微鏡のネジを少し強めにしめる分、顕微鏡の動きが多少悪くなる⇒2日くらいで慣れました)

・現段階のリモコンが使いづらい(学習リモコンがあるとか)

 

基本的には通常通りの顕微鏡治療でした。

  

  

1週間使った感想としては、「これは、いいね!」です。

   

 

ただ、立ちはだかるのがコストの問題

保険治療ではどれだけ説明に時間を要しても、器材にお金をかけても患者さんから頂ける費用は「0円」です。

自費治療専門の歯科医院でも2Dから3Dに移行した所で頂ける費用を上げることはまず不可能です。

ざっくり今回のシステムの費用を聞いたところ、カメラ2台、録画・画像処理機器、モニターで 500万円

2018 EEdental  (2).jpeg

中でもモニターの200万がネック。。。

  

既に顕微鏡3D動画は医科には導入されつつあるそうですが、日本の歯科の場合

世界でも後進国並みに費用が安いので、この金額で開業医が導入できるか!?と言われればまず不可能かと思います。

 

 

私の患者さんへの説明用動画ツールは、

2018 VICTA (1).jpg 

約150万です。

 

500万から値段がどれほど安くなるのかが問題ですヾ(・ε・ )

  

 

また、

このシステムは大学の教育機関には非常に有用ではないかなと感じました。

私が学生の頃、教育実習で生徒4~5人で患者さんの周りから先生の治療を見るのですが、

口の中なんて見えませんし1m以上離れた所から歯を見ろなんて不可能、ただ見ているふりをしないと怒られる。。。

    

私が学生の20年近く前の当時は治療を写真でも見せてくれませんでしたし、見るのであれば3cm程度の小さなレントゲン

顕微鏡もなく動画でも見ることができませんでしたが、3D動画でリアルタイムに見ることができればより治療を理解しやすいのではないかなと思いました。

  

私は、「つまらねぇ~」と思いながら、あくびしながら見ているふりだけしていた学生でいたが、たぶん今の学生の何割かもこうでしょうね。

 

教育側の問題点は、

治療を見せる立場の先生は治療のミスや荒がダイレクトに生徒に分かってしまうのでやりにくいでしょうね(笑) 

2018 EEdental  (5).jpg 

 

 

最後に、

偶然ですが、1週間の期間中にSONYの録画装置の製造をしている方や、SONYと共同研究している患者さんがおられ世間の狭さを痛感!

 

色々内情を知っている患者さんには

「先生、これに莫大な投資するより新しいアイボ待合室で遊ばせておいた方が患者さん受けいいですよ」とアドバイスを頂き、

2018 sony1.jpg  

「あっ、アイボいいね!」(^▽^)

*性別も選べ、2年かけて大人になるそうです。

 

ということで、

 

3Dシステムより30万のEEデンタル犬「アイボ」を買おうか検討します!

 

 

以上、3D録画システムの感想でした。

2018 EEdental (3).jpeg.jpg 

 

そのうち、白水さんのブースで今回の治療動画が見れるかと思います。

患者さんの立場になって見てもらえると結構インパクトありますよ!♪(・∀・)
 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「すげぇ~!」ものがEEデンタルに来たざんす! 歯科用顕微鏡3D動画

2018 sony eedental.jpg

「プロジェクト ONE」

 

EEデンタルの診療室にある 

2018 sony (1).jpg

my愛機「ピコモーラー MKⅡ(ティターンズ仕様)」に

 

2018 sony (2).jpg

右目カメラ!(たぶん数百万)

 

2018 sony (3).jpg

左目カメラ!(たぶん数百万)

 

高級カメラを左右に装備!

 

で、  

 

治療動画を撮影 モニター(4K)

2018 sony (4).jpg

このボケた画像が

 

2018 sony (5).jpg

眼鏡をかけると!

「すげぇ~!」 ことが起こります。

 

「すげぇ~」って、何が!?(?。?)


 

治療が3次元で見えます(映画の3Dをイメージしてください)

 

2018 sony (6).jpg

左右の高級カメラ(Carl Zeiss君)の動画がこの中で処理され、

 

2018 sony (7).jpg

パソコンみたいな装置に左右の高級カメラ画像が入ってきて

処理をかけテレビモニターに3D映像を映します!

  

最後の患者さん、

治療動画説明を聞いて

「凄ぇ~!、これスゲ~!」とかなり興奮していました。

  

スタッフも診療後、眼鏡をかけて動画を見て

「凄い、凄いこれ!」と

 

今の所、日本でも3D治療が見れるのは「EEデンタル」だけ!

否、世界でも「EEデンタル」だけ!!

  

 

嘘、嘘、SONYさんに実際使った感想を聞かせてくださいとのことで

1週間限定治療です。

 

今週の患者さんはラッキーかも!?

  

診療後に延長申し込みをしているので、来週も3D治療が見れるかも!?

もし延長が認められれば、

7月1日(水曜日)9:30~11:00までの1枠にキャンセルが出たので

体験したい方は予約(電話で金曜日に先着順)入れてください。

*You Tube動画を見てくれている方にはホント3Dは面白いよ!

  

 

今日1日の患者さんの声は、

「えっ、こんなに虫歯深かったの!?」(←そう、毎回深い虫歯を説明したかったんです!)

「えっ、歯の神経ってこんな洞窟みたいな穴なの!?」(←そう、こんな深い穴を治療しているんです!)

「歯を削るってこんな感じなんだ!」(←こんな小さな道具で!)

 

 

患者さん説明の際に口蓋側のWSDなんかは

2018 sony (8).jpg

立体映像が分かりやすいです!ヽ(  ̄▽ ̄)ノ 

*白い被せの輪郭がダブって見えていますが、専用メガネをかければ立体化して見えます。

 

是非とも12月の講演のネタにしたい内容です(笑) 

 

 

私は開業当時から患者さんに「見せる治療」を意識してきましたが、

今の所

手鏡 <<< 静止画 <<< 2D動画 < 3D動画

*手鏡で見せる何十倍もインパクトはあります。 

 

ただ、歯科医師の荒も○見えになってしまいますが、

「見せる治療」を意識している先生には大きな武器になるかもですね!

 

 

さて気になるのがお値段、

このシステム組むと一体いくらするんだ!?

  

 

たぶん

2018 sony (10).jpg

という金額でしょうね。。。

 

   

弱小歯科医院に支払えるシステム値段だと助かるのですが・・・

2018 sony (11).jpg

 

 

個人的に嬉しかったのが、こんな田舎の小さな歯科医院でも、

「SONY」と仕事って出来るんだなぁ 

と改めて思います。

   

 

そういえば、

「パソコンはSONY時代のVAIO[Z]です! よろしく!」( ・ω・)ゞ

と自己紹介すればよかった・・・

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

自然な感じで前歯を(前装冠⇒セラミッククラウン)

その人の印象までも決めてしまう前歯

真ん中の前歯2本が対称性であることが見た目を綺麗に見せる1つのポイントです。

 

術前⇒術後

2018 EEdental TJ.jpg 

ただ、人の手で作るものなので作る人のセンスに見た目は大きく影響されてしまいますね。。。

  

今回のケースセラミスト(技工士)に頑張ってもらい、

セラミックブリッジでも綺麗に修復することができました! 

*左上1は欠損歯です。

 

 

注意)、こんなセラミック症例出してしまっていますが、

現在、新規の患者さんで前歯のセラミック治療は現在お断りしております。

特に美容歯科でセラミック矯正などをされた患者さんの治療はトラブルが出やすいので

申しわけありませんが、上手な歯科医院へご相談くださいm(_ _ )m

 

 

患者さんの歯を長く保存させる専門から言わせてもらえば、 

歯を大切にしたい患者さんは見た目の為に健康な前歯をクラウンにしない方がいいですよ! ( ゜口゜)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

根管治療(動画)からのセラミック治療

根管治療から2年半かかりましたが、

抜歯せずに綺麗にセラミックまで入りました。

2018 EEdental TA (1).jpg

  

術前 なぜか連結のセラミッククラウンが

2018 EEdental TA (2).jpg

 

前歯の根管治療が必要このとでレントゲン 

大きな病変が2つ

2018 EEdental TA (8).jpg  

と言うか、この長い長い金属の土台

どうしましょ!?

 

たぶん入れられた先生は再治療のことは全く考えていないでしょうね。。。

 

リトルジャイアントを用いて、コア除去⇒根管治療

こんな感じで歯内療法専門医は長い土台でも除去してしまいます。 

 

根管治療後

2本の病変1本は根管治療で治ったのですが、

病変の大きかった1本は治らず外科的歯内療法・・・

http://www.eedental.jp/surgery.html 

 

   

歯ぐきの下がった前歯もやり代えたいとのことで

4本の支台歯形成 

2018 EEdental TA (3).jpg

 

セラミストに作ってもらった2回目の仮歯 

2018 EEdental TA (4).jpg

本歯に近い形態で経過観察

 

外科後問題がないのをレントゲンで確認して 

セラミッククラウン4本Set(単冠) 

2018 EEdental TA (6).jpg 

患者さんに「宝石みたい」と非常に喜んで頂き

かなりやりがいのある治療でした!

 

術後レントゲン

2018 EEdental TA (9).jpg

2番は外科時に頬側から口蓋側までスル―&スル―で

2018 EEdental TA (10).jpg

骨が貫通してなかったので、治癒には時間をようすると思いますが、

外科治療以降、腫れ・痛み・違和感などないことより

1年後にまたレントゲン撮影を行い経過を見ます。

 

セラミックを作った模型に

2018 EEdental TA (5).jpg

 

仮歯を戻すと 

2018 EEdental TA (7).jpg

ナイスフィット!ヾ( ̄∇ ̄)ノ

  

患者さんが非常に喜んでくれたのが印象的でした!ヾ(・ω・)ノ 

 

歯科治療は「積み木」と同じ1つずつの治療を丁寧に行わないと

すぐにまたやり直しとなってしまいますので注意してくださいね! 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

アートサーフボード 『和』

以前のブログ、

http://eedental.jp/ee_diary/2017/09/post-1656.html 

70Sのラトニングボルトの赤い板からボードの入れ替えを診療後に行いましたた。

  

 

今回もシェーパー(板を削る人)はマッカラム

(私は、ここ数年マッカラムの板の面白さにハマっています)

グラッサー(板に色・コーティングをする人)は

斬新で色使いの素晴らしい「アレックス」

にお願いしました。 

 

いつもお世話になっているNEW EVOさん に、

「アウトラインはエッグで6'8の漆みたいな感じなアートボード希望」 

とオーダー

 

ほぼ飾ることを前提とした「作品」レベルで

 

 

待つこと数カ月

 

こんな感じに仕上がりました。

b.jpg

いやいや、好きですねこういった漆黒に生える『金色』 

 

下には、はマッカラムの『1$』

c.jpg

にしてもらいました! 

  

全ての工程を手仕事で技術を要する、手間をかけている仕事(作品)です。

 

 

メチャメチャ

2018a.jpg

カッコいい「アートボード」になりました!(・∀・)ノ

 

 

医院に起こしの際には是非とも

アメリカ人アーティストの『和』をご覧くださいm(_ _ )m

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

超マニアック「歯牙形態」

ネットでたまたま見つけた本

DSC01737.jpg

材料屋さんに注文すると

「えっ、先生いいんですか!?これ技工士の本ですよ」


「いいの、いいのこの本で」

というやり取りがあり

 

昨日本が届き、診療後パラパラ読んでみると・・・

 

うわぁ、超マニアック!

好き好き!ここまでマニアな内容!

「隆線の交わる部位には、お互いの隆線が存在し合っている」

DSC01733.jpg

 

「捻転による歯軸の見え方」

DSC01735.jpg

 

天然歯の写真と、石工模型がこれでもか!というぐらい出てきており

トップ技工士はここまで細かな歯のことを理解しているのか!と驚愕

 

 

一応、私は口の中で歯を作らないといけない

2014 EEdental  rezin.jpg

「なんちゃってコンポジスト」ですから

歯の形状をより深く勉強せねばと思い購入した本ですが、 

まだまだ全然理解できていないことだらけと痛感・・・  

 

 

歯の形態は1本ずつ違います、

ただし、体・形態のルールはある程度存在します。

ルールや方程式を知ることでより完成度の高いものに近付けれるんではないかなと思います。

 

 

歯牙形態:http://nagasueshoten.shop-pro.jp/?pid=76999418 

定価4600円+税

*是非とも臼歯部編を希望!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

1本の銀歯治療から年々銀歯が増えていく訳(推測)

患者さんにいうと結構驚かれることなんですが、

銀歯を入れた歯の隣の健康な歯の多くは近い将来虫歯になることが多い気がします。
  

 

何故か!?

 

私は治療の際に、

隣の健康な歯の表面を削ってしまうことではないかと考えています。

今週来られた患者さんの歯の銀歯

DSC01731.jpg

銀に何度も何度も削られた痕があり凸凹です。 

 

これも・・・

2018 MY.jpg

銀歯に削った痕が・・・

 

 

顕微鏡で隣在歯を観察すると・・・

 2018 Ha.jpg 

こんな感じで隣の歯は90%以上削られています。。。

 

 

レントゲンで見ても

本来は歯と歯は卵と卵が1点で接触しているような形状で、

青矢印が本来の丸み

2018 EEdental  K (1).jpg

赤矢印が削られて隣の銀歯が入り込んできている 

2018 EEdental  K (3).jpg 

同じ患者さんの上の歯を見ても・・・

治療した歯の隣は100%削られているような状況。。。

事実銀を外すと削られた部分から虫歯が・・・(; ̄д ̄)

 

このケースなんか、

2018 EEdental FU.jpg

誰がどう見ても完全に手前の歯を・・・   

*やはり10倍以上で拡大して見る顕微鏡治療と裸眼(老眼、乱視)での治療、「差」は出てしまうものです・・・

 

 

では、

「削られた後に、なぜ虫歯になるのか!?」

 

私たち歯科医師が削る際に用いる『ダイヤモンドバー』

簡単なイメージでは「金ヤスリ」のメチャクチャ荒いものです。

これで健康なスベスベエナメル質を傷つけてしまい

ザラザラ・凸凹のエナメル質に変えてしまい、そこに汚れ(細菌)が定着し徐々に悪くなる

と私は推測しています。

 

 

歯と歯の間の虫歯の多くはクラックカリエスで、

多くの場合で咬み合わせにより微細な亀裂が入り、

その亀裂から歯と歯の間にに虫歯が出来ると思います。

*また歯と歯の間の虫歯は顕微鏡診断がかなり有効な診査法だと私は思います。

 

患者さんは頑張ってフロス(糸楊枝)を通してもらってますが、

これが虫歯予防に効果があるとの強いエビデンスは残念ながらありません・・・(○□〇;) 

 

 

じゃあ、

「なぜ削ってしまうのか!?」

 

歯と歯の間の隙間はおおよそ0.05mm (髪の毛とほぼ同じ)

歯と歯の隙間が1mmぐらい開いてくれていれば

隣の歯を削ることはないでしょうが0.05mmしか間があいていませんから・・・

 

削る道具(ダイヤモンドバー)の一般的な厚みは1mm

顕微鏡専用の細いダイヤモンドバーでは0.3mm程度のものもありますが、

どれだけ細い物を持ってきても0.05mmの隙間を傷つけず治療することはできません。。。

  

私は、患者さんに

「残念ながら、歯科治療はそんなもの」

お話をしています。 

 

 

じゃあ、出来るだけ削らない方法はないのか!?

 

答え、「あります!」 

 

私は金属の鉄板を持ってきて、隣の歯の保護をしています。

metaru (2).jpg

鉄板を「コの字」になるように曲げて使用します。

metaru (1).jpg

 

これを入れると隣の歯がガードされます。

2018 EEdental Su (2).jpg

治療前に、歯と歯の隙間にメタルマトリックスを入れ

隙間の虫歯の歯を削っていきます。(レジンの詰め直し)

2018 EEdental Su (3).jpg

虫歯の染出し液を使い

2018 EEdental Su (4).jpg 

虫歯除去後にメタルマトリックスを抜くと

metaru (3).jpg

金属の板には傷が入っていますが、隣の歯には傷を付けずに済みます。

↑これでも顕微鏡下で金属板を触らないように削ったつもりなのです(-ω-;)

 

2018 EEdental Su (6).jpg
レジン充填

 

という感じで私は金属の板を使って隣在歯への配慮を行っています。

 

 

自費治療と言っても歯科医院毎バラバラです。

私の治療は、「自分が受けたい治療」を基準に治療を行っています。

 

当然虫歯にはなりたくないですから、そういった面からの配慮も大切かと思います。

 

同じように見える歯科医院

でも、やっている治療中の小さな配慮で大きな差が生まれることもあります!( ・∀・)ノ

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> EEデンタル こだわりアーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top