Home> EEデンタル こだわりアーカイブ

EEデンタル こだわりの最近のブログ記事

2018年度「EEデンタルの顕微鏡録画システム」(器材)

昨日最後の赤字の質問にもありましたが、

http://eedental.jp/ee_diary/2018/12/2018129-3.html 

 

EEデンタルの顕微鏡システム

「顕微鏡録画をどうしているか!?」

「動画をどうやって編集しているか!?」

と質問を受けますが、

 

基本的に私はあまりそっち関係は強くないのでどこまで参考になるか・・・

 

 

私が開業した2007年当時

顕微鏡の選択は8社ぐらい、カメラの選択は、1CCD or 3CCD という選択肢でした。

勤務医時代

澤田先生などのオフィスを見学させてもらった際に、澤田先生にこんなアドバイスをいただきました。

「顕微鏡は何を基準に買えばいいか!?」

『先生の予算内で一番高い機種を考えたらどうでしょう?』

「カメラは!?」

『勉強会や学会報告などする予定があれば3CCDカメラの方がいいですね』

  

↑上記の意見は今私が同じ質問受けた時に返している言葉にもなっています(笑)

 

また、私の同級生のコンサル(歯科医師)からは、

「この先、井野先生の目となるものだから、ここはケチらない方がいい」

「我々の職業は目が命だから、目のことを考えた機種選びをすべき」

 

と言うことで、超貧乏開業にも関わらず、

kamera (6).jpg

【ZEISSのピコモーラー】

kamera (5).jpg

+【ビクター製3CCDカメラ】 140万

トータル=700万 (開業11年、十分元は取ったと思います)

 

 

録画機器はメーカー(白水)と話し合って最小限の【DVDレコーダー(ビクター)】 4万

という選択をしました。

 

ただ、顕微鏡環境は私の時代と今は変わり

 

kamera (1).jpg

ハンディーカム、1CCD、3CCD、ハイビジョンカメラ などの選択肢があり画角も16:9になっています。

 

そのうち8Kまで出てくると思いますが・・・

4K、8Kなどはデーター量がベラボウに大きいのでその点はマイナスかなと思います。

 

それに、ハイビジョン、4K、8Kで高画質で撮っても、パワポに張るならMP4に変換って何の為の高画質録画。。。

 

カメラはマストアイテムなのですが、

今は「ハイビジョンカメラ」がスタンダードではないでしょうか。 

(拡張性があれば、最初は1CCDカメラでもいいと思います)

 

スライドにも書いたように画質より、

フレームに入るように、患者さんに説明できるようなカット割りの方が重要かと思います。

 

 

では録画しておく装置は

kamera (2).jpg

私は現在DVDレコーダーに顕微鏡の映像を録画していますが、

デッキ(1テラ)もので患者さん1日6人× 3~15分の録画でだいたい2年半ぐらい分記録できています。

 

レコーダー内の記録は、

月が終わると1カ月の録画した動画をブルーレイにダビングして、動画管理をしています。

(私のカメラはデーター量が少ないので、1カ月を1枚のブルーレイディスクで保存できます)

 

電気屋の知り合いの疋田さん曰く、ハードディスクは飛んだら終わりだから

大切なデーターはディスクにこまめに焼いてリスクの分散をした方がいいとのこと。  

ただ最近6年前に買ったパナソニックのレコーダーの調子が悪いので、

12月が終わったら、パナからSONYのブルーレイレコーダーに入れ替えをする予定(大掃除の後にでも)

kamera (4).jpg 

コジマの疋田さんから購入 

  

次に、

「モニター」に関しては、なんでもいいと思います、

私はちょっと前までは20インチぐらいの3万ぐらいの安いモニター使っていましたが、

それでも十分説明できていましたが、

 

ちょっと前に将来の3D化を見据えて3Dテレビにしました。

 

たぶん、99.99%の先生は「3D !?」と思うでしょうが、

 

以前書いたブログ:http://eedental.jp/ee_diary/2018/08/3d.html 

SONYは、

FDAなどの申請にお金がかかった為、医療用の3Dモニターは200万近くするそうです。

 

200万あれば安い顕微鏡買えますわね。。。

 

ただ、ラッキーだったのが患者さんの技術者さんに聞くと、

医療用モニターも民間のものとまず変わりはないと思いますけどねぇ・・・

 

と、

モニターも6年近く使っているし、3Dを買うかと思いましたが、

メーカーに聞くと今は4K、8Kが主流になり2016年で3Dテレビの生産は終わってしまったとのこと。。。

   

そこで!すぐにヤフオク検索

 

で、その日に25000円で中古のかなり状態の良いSONY3Dモニター(37インチ)をゲット!

(望んではいなかったのですが、ラッキーにもスピーカーバーも付いてきました(笑))

kamera (3).jpg

3Dモニターは30インチ以上のデカイのしかないのがネック・・・

 

ヤフオク中古の25000円が医療用3Dモニター200万とはたして同じなのか!?

(2.5万なら外しても、そんなに大きな痛手にはなりませんね(笑)

 

で、またまた電気屋の知り合いのコジマの疋田さんに話したら

『えっ、井野さん・・・ 確か3D映像は3つぐらい出力方式があると思いますよ。』

『医療用の出力方式調べました!?』

 

「・・・、知らないわ。。。」

「でも、でも、SONYのモニターの最終形買ったから互換性はあるでしょう!?パナじゃないし」

 

『最低限のラインは合わせていますね。。。(笑)』

 

で、川本先生にこの話をしたら、

フレームシークエンシャル方式(アクティブ)と偏光フィルター方式(パッシブ)と赤青メガネのアナグリフ方式

があると調べてくれて、

買ったものは赤青メガネのアナグリフ方式ではないので、当選確立が1/2 となりました(笑)

 

 

なので、今はモニターがデッかいやつですが、

患者さんには昔の小さいものより見やすいといわれます。

 

最後に、

「動画をどうやって編集しているか!?」

 

動画の編集は伊藤先生に教えてもらった

「TMPGEnc Video Mastering」 

http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/tvmw7.html

という動画ソフトを使っています。

*簡単な動画編集と拡張子を替えれる

 

 

編集はソフトは、なんでもいいと思いますけどね。

 

 

以上、EEデンタル 2018年顕微鏡周辺機器 情報でした。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

セラミッククラウンの段差は先生のこだわり度の現れ

現在朝の6時半

波があると思ったものの・・・

IMG_5770.JPG 

完全に外してしまい、そのまま海で

来週のスライドと貯まった症例編集をしております。

 

 

今回のケースは

全体的に治したいと来院された40代女性患者さん

 

前歯を見ると

2018 EEdental Ha (1).jpg

2本のセラミッククラウンが入っているのですが・・・

 

レントゲン

2018 EEdental Ha (2).jpgのサムネイル画像

歯と被せ物に大きな段差・隙間がありそこから虫歯になってしまっています。

  

患者さんの中には経年変化で自分の歯と被せ物に隙間が出来と考える方がおられますが、

 

違います!

 

歯と被せ物の隙間は入れた被せ物を入れた時点で出来ているのです!

 

「えっ、いいの!?」と思われるでしょうが。

 

実は被せ物の精度というのは、先生のこだわりというか先生毎の基準次第です。

 

ただ、セラミッククラウンに隙間があると段差部分が汚れ、食べカス、細菌が貯まってしまい。。。

 

⇒【虫歯】。。。 

これは、良くはないですわね。 

 

段差をゼロにすることは不可能ですが、患者さんが歯ブラシがしやすいレベルまで段差を小さくすることは可能です。

*多少の段差をどこまでOKとするか、私は80点アベレージの治療を1つの基準にしています。

 

 

また今回の治療で問題になるのが、

側切歯(2番)は被せ物の中に大きな虫歯があり保存できるか・出来ないかの瀬戸際

また金属の影響で黒く変色してしまった歯。。。 

 

そんなこんなで周りの歯の虫歯治療とホワイトニングまで行い

2本のセラミックSet

2018 EEdental Ha (4).jpg

*セラミッククラウンを入れた直後で歯ぐきがまだセラミックに馴染んでいませんが、

1週間程度で馴染んできます。

 

レントゲンチェック(適合チェック)

2018 EEdental Ha (3).jpg

OK、OK! 適合よく綺麗に入りました!( ̄∇ ̄)┘

 

遠い所から豊橋まで通院お疲れ様でした。

また雪の季節が終わったら残りのセラミック治療を行いますね。

 

歯科医院と言えばどこの歯科医院も同じように見えるものですが、

私は、「自分が受けたい治療」を基準に治療を行っています( ・ ε ・ )ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

EENO FLAT(錦部製作所)を用いたレジン治療 上顎編

動画を上げました。

今回は上の歯の一番奥の回転切削器具が入らない場所の虫歯治療

EENO FLAT 当院では無くてはならない道具の1つです。

 

お知らせ、

12月9日の懇親会で錦部社長から「EENO FLAT」ビックプレゼントがあるそうです。 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

無駄な労働力。。。

先日ヤフーニュースで、

お店を予約したにもかかわらず、連絡なく来店しない「無断キャンセル」は飲食業界の予約全体の1%に上り、年間約2000億円の損害が出ているということです。飲食業界の団体らがまとめた報告書では、無断キャンセル対策としてコース予約をした場合にはそのコースの全額を、席だけを予約した場合には平均客単価の5割から7割を請求するルールが良いとしています。これを受けて、飲食業界やIT業界などが「無断キャンセル対策推進協議会」を設立し、問題の解決に向けた取り組みを本格化します。

 というニュースがありました。

 

気にはなっていました、キャンセル問題。

 

当然歯科でも日常で、当院でも先日こんなことがありました。

 

遠方から前歯を仮歯にしたまま数年経つという自称歯科恐怖症の患者さん

 

「治療の話をして、治療するなら仮歯の準備をしてからスタートになります。」

「次回は仮歯の型取りで治療時間は10~15分です。」

  

「一度家で考えて治療するか決めてもらえばいいですよ。」

 

といつも通りの話をしたのですが、ここで親切心を出してしまい、

「遠方なので型取りをしておいて、もし治療するなら後日電話で連絡してもらえれば仮歯を作れるようにしておきます。」

と言ってしまい初診当日、型取りを行いました。

 

患者さんは治療する気で受付で次回の治療予約を取って帰られたので

仮歯の準備をすべく、診療後に模型を見ながら技工士と話し合ってバランスのよい形態を模型上で探り、

綺麗な3本の仮歯を製作。

 

その後、

 

予約された治療は直前になりキャンセル。。。

 

再予約され治療されると思い待っていても連絡はなく、

3カ月経過したので、患者さんに連絡をして治療されないのであれば

「技工士に支払う技工代だけ支払ってください」

と電話するも

「そんな費用の話は聞いていない・・・」

 

 

説明不足と言えば説明不足ですので、

技工士に支払う技工代はEEデンタルが負担することになりました。

(かわりにブログのネタにさせてもらいました) 

 

  

こちらは治療するということで、時間を割いて技工士も手間をかけて患者さんの為に作ったものが・・・

*当然、その人に合ったカスタムメイドですので他の人の仮歯としては使用できません、廃棄になります。 

 

最初のヤフーニュースのような被害額ではないですが、

正直、【無駄な仕事だったなぁ~】

と思ってしまいます。 

 

治療する・治療しないはその場で決めてもらわなくても結構で一度家で考えて頂ければいいです。

ただ、患者さんが治療をするという意思表示があれば、我々は次の治療の為の下準備をしております。

 

そういう影の労働の部分を知って頂きたいと思いブログにしてみました。

 

今回の反省から、

仮歯代だけ先払いにして対応させてもらおうか検討します。。。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

パーフォレーション後の補綴

http://eedental.jp/ee_diary/2018/09/post-1811.html 

 

ようやくクラウンまで終わらせることができました。
2018 EEdental YT2.jpg

経過など見ていくと根管治療10ヶ月後にクラウンまで入れています。

 

私は病変の有/無、大きさを見てクラウンを入れる時期を決めています。

病変がないような場合:1~3カ月仮歯、腫れや痛みが無ければ最終補綴

病変がある場合:6か月仮歯で経過をみさせてもらいます。

特に病変が大きな場合1年近く経過をみる場合もあります。

 

被せ物は家でいう屋根・外壁みたいなものですので、

精度の高い被せ物を入れた方が病変が出来にくいという報告もあります。

*個人的には土台の精密さの方を気にしています。 

 

一応、根管治療をさせてもらった歯に関しては、被せ物まで希望があれば治療を行いますのでもし被せ物までという場合は、お申し出ください。(3、6カ月後のレントゲン検診の時に言ってもらってもOKです)

*すみません、現在前歯の被せ物(セラミック)だけの審美治療は行っておりません。 

私が根管治療を行った歯のセラミックは行っております。 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯を残すこと、その後に難しい色合わせ

お騒がせしました、無事昨日退院できました。

今日から通常診療に戻ります。 

 

先々週終わったケースになるのですが、

C色の歯の色の患者さん

2018 EEdental SA1 (2).jpg

前歯に1本上手なセラミックが入っているのですが・・・

 

違和感の原因は根尖病変のようです。

2018 EEdental SA1 (1).jpg

根尖病変がある歯にセラミックが入っていると、

その歯は【外科の対象歯】という基準もありますが、

私はこの基準大反対!

 

高価な被せ物を外さず行う外科処置(歯根端切除)の

成功率は50%と言われおり、この外科処置が失敗すれば抜歯となります。

 

いくらでも作り変えの効く1cm程度の小さな人工物の為の治療方針で抜歯になっていては・・・

 

非常に上手なセラミックでしたが、

患者さんにまずはきちんと根管治療を行い歯の保存を行いましょうと話をし

根管治療後、他の歯のレジン治療をやり直しました。

2018 EEdental SA1 (0).jpg

根管治療した歯の仮歯はレジンのステイニング剤でちゃちゃっと色付けしました。

 

基本的に私は、A系の色以外の患者さんには最初に「たぶん色合わせれないよ」とお話します。

今回たまたま綺麗に詰めれちゃいましたが、超マグレです。 

 

*最近よくやる前歯の小技に「ホワイトステイン」があります。 

今回の場合、オレンジ系の色も混じっていたので「オークル」もステイン材料で使用してみました。

 

  

審美は置いておいて、私の主は「歯を残すこと」ですから、

根管治療後

2018 EEdental SA1 (3).jpg

骨が出来てきているのを確認して、

セラミッククラウン!

2018 EEdental SA1 (4).jpg

患者さんも「うゎ、自然な感じ!」と喜んでくれました!

 

偶然が重なり綺麗に治療できた1ケースです。

患者さんに喜んでもらえてよかったです(・ε・)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

銀歯の中の巨大な虫歯! 歯髄保存(神経の保護)

違和感が出てきたという銀歯を外してみると・・・

 

中には虫歯が大きく広がっていました。

 

神経が透けて見える状態でしたが、今回は神経の保存処置を行い仮歯まで入れました。 

  

3カ月程度症状が出ないか経過をみて、最終的な被せ物を行います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

メタルインレー治療後に起こりやすい虫歯

中等度の虫歯の治療 

色々な方法があります。

・メタルインレー(銀合金・金合金) 

・セラミックインレー

・レジン

 それぞれにメリット・デメリットが存在し

どのメリットを重視するか、どのデメリットが気になるか?

で治療法を選択する訳なのですが、

 

実はこれら3つの方法すべてに精通している先生というのは非常に少なく

どの治療法で治すかとなった際にには、歯科医師の得意な方法を勧められることなります。

 

先日もあまり削らず、白く治したいという患者さんがかかった歯科医院でゴールドインレーを勧められたそうで、ネットで調べ「レジン治療」で治せないかと来院されました。

 

歯科医院選択の難しい所で、ある程度歯科に知識がありかかる歯科医院が何か得意かしらなければ、希望の治療はできない現状があります。

 

私は、3つの中では「レジン」が最も優れた方法であると感じています。

1、削る量が少ない

2、3つの中では確実な防湿接着ができる

3、経年変化が歯に近い

4、問題が起こった際リペアがしやすい

などから私が詰めれそうなケースにはレジンをお勧めしています。

 

また、

保険の銀歯より金の方がかみ合わせに馴染む

など聞いたことはありませんか!?

 

実は【保険の銀インレー】でも【自費の金インレー】でも

圧倒的に歯より硬い為、起こる経年変化はほぼ同じです。

*最初の適合は理論上、金の方に軍配があがりますが、材料の前に歯科医師の腕の方がよっぽど適合に関しては大きな因子です。

  

金属修復で治療を行うと

機能咬頭の金属の横の歯が負け、かけてしまいそこから虫歯が侵蝕。。。

上顎:口蓋咬頭

下顎:頬側咬頭

に多く見られます。(これ大学で教えておいた方が・・・)

 

因みにレジンで最初から治療を行えば、機能咬頭付近を削ることはありません。

金属、セラミック系の修復はレジンに比べ便宜的にかなり健康な部分を削る必要があります。

*かなり理想的なことを書いています。 

 

ケース動画 

特にこのような穴は1mm以下程度ですから、検診などでは殆ど見逃されてしまい

虫歯が大きく侵蝕してから気づく場合が殆どで・・・

神経を取るなど後手後手の治療になってしまいます。。。

 

一方レジンではこのような経年変化は起こらず、歯の表面からの2次虫歯が多いので比較的早い段階で気づき治療することが可能となります。

 

ですからこういった面からも私は「レジン治療」押しのスタンスを取っています。

ただ、どの方法を選択しても一生持つ訳ではありませんので、日ごろの歯磨きが非常に重要となります。 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

いやいや、凄いわ!

仮歯をはずしてセラミックを置いたところ

2018 EEdental MH1 (1).jpg

「おぉ~~!」 

*1週間もすれば歯肉がセラミックの形状に合い始めもっと調和すると思います。

 

実はこの歯のセラミックは、
2018 EEdental MH1 (2).jpg

*土台の状態

 

今回のケース土台ごと歯が取れてしまい、

根管治療+土台+仮歯 ⇒ セラミッククラウン

という流れで治療させてもらいました。

2018 EEdental MH1 .JPG

 
綺麗に修復することが出来ました!ヾ(・ε・ )

 

EEデンタル、土台の型を取り、後は口の中の写真を撮って色はすべて技工士任せ!

そこまでタイトな色合わせはしていませんが、写真だけでこの色を再現できるのは凄いと思いますね!(・。・;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯科用顕微鏡3D動画 感想文

先日書いたブログの続き

http://eedental.jp/ee_diary/2018/07/ee-5.html 

2018 EEdental  (1).jpeg  

非常に興味深いツールで面白い経験をさせて頂きました。

白水さん、SONYさんありがとうございましたm(_ _ )m

 

 

感想としては、

・インパクトが大きく8割の患者さんは驚いていた

・2Dの治療動画を見たことのある人ほど3Dの感動が大きい

・眼鏡をかけている人は眼鏡をかけた状態で、3D眼鏡眼鏡をした方がいい

・立体的にどこの場所が悪かったか患者さんに説明しやすい

・ここから虫歯になっているとか

録画の方法として

・ターゲットの歯にピントを合わせ4~5秒静止させた方がいい

(動いていると3Dで少し分かりにくい)

・より立体的に見せるためには窩洞を上からではなく、少し斜めから撮影した方がいい

(フレームの中に歯頚部付近の歯肉を映すとより深さのある立体構造として見える)

・2Dに比べ3Dの方が治療の荒が分かりやすい、

・2台のカメラを取り付けることで、顕微鏡が重くなる。

(顕微鏡のネジを少し強めにしめる分、顕微鏡の動きが多少悪くなる⇒2日くらいで慣れました)

・現段階のリモコンが使いづらい(学習リモコンがあるとか)

 

基本的には通常通りの顕微鏡治療でした。

  

  

1週間使った感想としては、「これは、いいね!」です。

   

 

ただ、立ちはだかるのがコストの問題

保険治療ではどれだけ説明に時間を要しても、器材にお金をかけても患者さんから頂ける費用は「0円」です。

自費治療専門の歯科医院でも2Dから3Dに移行した所で頂ける費用を上げることはまず不可能です。

ざっくり今回のシステムの費用を聞いたところ、カメラ2台、録画・画像処理機器、モニターで 500万円

2018 EEdental  (2).jpeg

中でもモニターの200万がネック。。。

  

既に顕微鏡3D動画は医科には導入されつつあるそうですが、日本の歯科の場合

世界でも後進国並みに費用が安いので、この金額で開業医が導入できるか!?と言われればまず不可能かと思います。

 

 

私の患者さんへの説明用動画ツールは、

2018 VICTA (1).jpg 

約150万です。

 

500万から値段がどれほど安くなるのかが問題ですヾ(・ε・ )

  

 

また、

このシステムは大学の教育機関には非常に有用ではないかなと感じました。

私が学生の頃、教育実習で生徒4~5人で患者さんの周りから先生の治療を見るのですが、

口の中なんて見えませんし1m以上離れた所から歯を見ろなんて不可能、ただ見ているふりをしないと怒られる。。。

    

私が学生の20年近く前の当時は治療を写真でも見せてくれませんでしたし、見るのであれば3cm程度の小さなレントゲン

顕微鏡もなく動画でも見ることができませんでしたが、3D動画でリアルタイムに見ることができればより治療を理解しやすいのではないかなと思いました。

  

私は、「つまらねぇ~」と思いながら、あくびしながら見ているふりだけしていた学生でいたが、たぶん今の学生の何割かもこうでしょうね。

 

教育側の問題点は、

治療を見せる立場の先生は治療のミスや荒がダイレクトに生徒に分かってしまうのでやりにくいでしょうね(笑) 

2018 EEdental  (5).jpg 

 

 

最後に、

偶然ですが、1週間の期間中にSONYの録画装置の製造をしている方や、SONYと共同研究している患者さんがおられ世間の狭さを痛感!

 

色々内情を知っている患者さんには

「先生、これに莫大な投資するより新しいアイボ待合室で遊ばせておいた方が患者さん受けいいですよ」とアドバイスを頂き、

2018 sony1.jpg  

「あっ、アイボいいね!」(^▽^)

*性別も選べ、2年かけて大人になるそうです。

 

ということで、

 

3Dシステムより30万のEEデンタル犬「アイボ」を買おうか検討します!

 

 

以上、3D録画システムの感想でした。

2018 EEdental (3).jpeg.jpg 

 

そのうち、白水さんのブースで今回の治療動画が見れるかと思います。

患者さんの立場になって見てもらえると結構インパクトありますよ!♪(・∀・)
 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> EEデンタル こだわりアーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top