Home> EEデンタル こだわりアーカイブ

EEデンタル こだわりの最近のブログ記事

全顎治療後5年

5年前に治療をさせてもらった患者さんが久しぶりに

見てもらいたいとのことで全顎検査しました。

 

今回の口腔内写真 

2017 EEdental IMa (1).jpg

5年前に

・レジン8本 

・ゴールド1本 

・歯内療法2本

の治療をさせてもらいました。

 

転院の主訴である左下6(1年根管治療をしていても治らないとのことで)

2017 EEdental IMa (2).jpg

いい感じで治ってくれています!

 

今回は特に要治療の歯もなく、このまま行きます。

 

まだ5年ですが、

患者さんの歯ブラシ能力が高いので良好に経過しています。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

流石! 凄いわ!!

10月のお休みのお知らせ

10月15日~23日までお休みを頂きます。

  

 

テトラ系の歯の色の患者さんの

セラミッククラウン試適

2017 EEdental M2.jpg

入れた瞬間、セラミスト

「マヂスゲ~わ」( ̄Д ̄;)

と思いました。

 

試適前

2017 EEdental M3.jpg

右上6が支台歯形成後

 

因みに臼歯は全部で5面ありますが、

色合わせが出来るのは頬側(見える側)の1面のみになります(・ε・)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

全てレジン治療での全顎治療

20代のちょっと怖がりの女性患者さん

近医で神経を取る必要があると言われ来院

 

治療後は何か所も見え、虫歯の取り残しのようなレントゲン所見がチラホラ。。。

 

覆髄できるところは覆髄して神経の保存を行いレジンで治療を行いました。

術前⇒術後

2017 EEdental FR.jpg 

プラスチック治療:12本

*親知らずは口腔外科で抜歯してもらいました。 

 

 

個人的な見解ですが、

自称歯科恐怖症の患者さんの多くは先生との関係で克服できる問題だと思います (・∀・)ノ

(何をされるか分からない、大きい痛みが来るのでは!? 削る音がトラウマ 匂いが嫌など) 

 

歯科治療が怖いからといって虫歯を放置しても、良くはならないので怖がりの方ほど早目に治療を勧めます。

*悪くなればなるほど、時間もお金もかかり成功率や予後の見通しが悪くなりますのでね(-∀-;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

セラミックの前歯の歯の長さ

EEデンタルの「EE」って何の略!?と聞かれますが、

 

歯を残す専門でC2~C3の歯が主の治療です。(根管治療/レジンの専門医です)

これが「Endodontics」が最初のE 

 

造形の仕事は昔から好きだったので、審美治療も少しかじっています。

ですので、2個目のEは「Esthetic」のE

 

で、EEデンタルです。

 

大切なお知らせ:

今後の展開として審美セラミックからは撤退しようと考えています。

http://eedental.jp/ee_diary/2017/09/post-1648.html 

(新規初診患者さん含め、今予約を頂いている方に関しては全力審美治療は行います!)

  

 

審美セラミック止めるのに、こんな症例を一例 

今回の患者さんは前歯を綺麗にしたいという女性患者さん

  

15年以上前に審美歯科で入れられたオールセラミックを入れられたのですが、

この当時のセラミックは下地の色をモロに拾ってしまい

メタルコア(金属の土台)が透けてグレーに見えます。

  2017EEdental IN (1).jpg

 

術前時の歯の長さを見てみると

4前歯の長さがほぼ同じでもう少しメリハリをつけた方が綺麗に見えそうです。

2017EEdental IN (5).jpg

計測では中切歯がもう少し長い方がゴールデンプロポーションになります。 

 

そこで仮歯を仮歯職人製作+セラミスト製作と2回作り歯の形状を患者さんに提示

2017 EEdental IN(8).jpg

(*あまり仮歯を2回作ることはしませんが・・・)

 

個人的には良い感じと思うのですが、患者さん的に

1、角の形が四角張っている。

2、正面から見て2番根の歯との段差がある。大きく見える
3、左右に平面的に並び、弧がない

と意見をもらい

 

セラミストに相談した結果、

回答1は解決できます。

2・3は歯の位置的に不可能

2017EEdental IN (6).jpg

また、幅径(歯の幅)も

2017EEdental IN (7).jpg 

左右差が存在し、シンメトリー(左右対称)が難しい

 

かなり難易度の高いケースのようです。

 

 

ただ、そこは上手なセラミスト

セラミック仮置き

2017EEdental IN .jpg

「おぉ~~~~~~!」 

 

 

と、私的には綺麗に見えたのですが、

 

患者さん的には

「もうちょっと短い方がいい」とのこと

 

マジックでセラミックに色を付け、削る量を決めていきます。

2017EEdental IN (3).jpg

すると、術前と同じ長さが好みのよう

 

写真で見ても、  

ん~、個人的には削らない方が綺麗にみえてしまう。

 

4前歯揃うと「獅子舞」の前歯のようにも見えます。

*4前歯が同じ長さの患者さんは殆どいませんが、稀におられます。

 

 

その日はセットせず、

写真にして見てもらい数日患者さんに検討してもらい 

 

結果、

「マジック部分は削らずセットで」

と答えを頂き

2017EEdental IN (4).jpg

綺麗に入れることができました。

 

ご自身・家族と長年短い歯を見慣れていた為に短い方が自然に見えたのかもしれません。

 

どうでしょう、上と下どちらが好みでしょうか? 

 

 

歯内療法などの治す為の科学的アプローチ治療ではなく

依頼主の好みに合わせて作り込む審美治療

(今回の場合は私よりに好みを合わせてもらった格好ですが・・・)

  

少し治療アプローチが違うことを感じますが、

審美は審美で非常に奥が深く難しい治療分野です。

 

 

最後に繰り返しになりますが、

このような審美治療は今後やらない方向で考えています!m(_ _;)m

(極々・簡単なケースであれば・・・)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

何屋さん!? スタイル

前を歩いていた2人が会話の中で、

「何屋さん!?」

DSC00856.jpg

*現在:70s 『ライトニングボルト』ディスプレー中 

 

たぶん、歯科医院ですヽ(・д・ )

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ショック!! 神経を取った前歯は変色する! ⇒ 改善方法『インターナルブリーチ』 

なった人にしか分からないと思いますが、

前歯の神経を取ると徐々に茶褐色~グレーに変色してきます

  

また神経を取った歯に詰めてある材料によっても変色は様々です。

 

今回は私自身初白くなり過ぎてしまったケース

 

患者さんは 最近歯の変色が気になる

20代女性 主訴「前歯を綺麗にしたい」

  

高校生の時に外傷で前歯の神経を取ったとのこと

また時々違和感を感じるが痛みではない

2017 EEdental MA1 (1).jpg

真ん中の歯2本というのは、人に与える印象を決める歯です。

この歯2本が左右対称(形・位置・色)であるほど美しく感じます

 

 

ですので、

特に中切歯(真ん中の歯)の治療は非常に重要で難易度も高い治療になります。

 

 

主訴の歯を裏から見ると

2017 EEdental MA1 (2).jpg

金属が入っており、

この金属が歯にグレー感と暗い感じを与えています。

 

レントゲン

2017 EEdental MA1 (3).jpg

高校当時の治療なので神経管も太かった為か、歯根吸収を起こした為か、

根管内に死腔がみられます。

 

今回の歯に関しては基礎の根管治療から治療をスタートしました。

2017 EEdental MA1 (4).jpg

 

その後、インターナルブリーチ(ホワイトニング)をしたのですが・・・

予想以上に歯が白くなってしまった為に、逆に1本だけ歯が白い状態になってしまいました。

 

そこで急遽、他の歯のホームホワイトニングもしてもらい

全体的に白くして調和をはかることにしました。

 2017 EEdental MA1 (5).jpg

だいぶ目立たないようになりましたヽ(・ω・)ノ

 

インターナルブリーチはやってみないとどこまで白くなるか分かりません。

あまり白さが改善しない人もいます

 

今回のように歯が多く残っていれば、大きく削らずこのような修復法を選ぶのも1つです。

ただ、高い審美性を求められるとこの方法は選択しない方がいい場合があります。

 

 

今回の白くなり過ぎたケース私自身も初の経験で、こんなこともあるんだなといい経験をさせてもらいました!!(ノ ̄ー ̄)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

段差の少ない被せ物 セラミック編

前歯の隙間に食べカスなどが貯まるという患者さん

2017 EEdental HM (1).jpg

赤色の部分に段差+虫歯が見られます。

原因は審美性を求めるあまり歯茎の中まで深く削っているケース・・・ 

 

 

根管治療から一度やり代えて

2017 EEdental HM (2).jpg

段差をできるだけ少なくなるように

顕微鏡下でガタつきが無いように削り

マージンラインがしっかり出た印象を取り

正確な精度で練った技工用模型

セラミストの腕

で被せ物が出来上がってきます(・ω・)ノ

 

 

ただ、ここまでしても段差はゼロにはまりません

私はゼロを目指しますが、0.1mm以内の段差であれば誤差の範囲としています。

*究極の段差ゼロ希望の患者さんにはすみません答えられませんm(_ _;)m

 

レントゲン

2017 EEdental HM (3).jpg

段差を少なくすることで歯磨きがしやすい口腔内環境になります。

術前の段差(隙間)を毎回綺麗に掃除するには相当時間を費やしていたはずです。

 

 

精度をこだわった補綴(被せ物)は予防にも繋がります!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

年配の患者さんの前歯の治療と 「入れ歯」

ありがたいことに

過去にかかった患者さんから「家族の治療もしてください」とお願いされることが増えてきました。
 

 

今回の患者さんは過去に私が治させてもらった患者さんのお母さん(81歳)

 

 

話を聞くと、さし歯が外れた為近くの歯科医院に行くと、

あまり説明もなく先生に他の被せ物も一気に外されたとのこと、

また仮歯を作ったがすぐに外れる。。。

  

来院して頂くと

2017 EEdental AS (1).jpg

上の前歯がない状態・・・

 

咬合面から

2017 EEdental AS (2).jpg

根管治療中なんですが、仮の蓋もありません・・・

これでは細菌が歯の中に侵入してしまいます。

 

  

咬み合わせから問題がありましたので、 

奥歯の咬み合わせを上げて、仮歯+入れ歯を改造して

 

そして今日前歯が揃いました!

2017 EEdental AS (3).jpg

術前時の歯の残り方(残存量)だと今回が最後の治療になるかと思います。

  

 

後は入れ歯(最終義歯)を作り直しておしまいです。

 

 

 

エンド専門医なのに入れ歯!?

 

年配の患者さんで特に簡単なケースには年に2~3ケース毎年作っています。

 

「治療用義歯」

IMG_0289.jpgIMG_0291.jpg

とか、

 

前歯の「入れ歯」

IMG_0282.jpgIMG_0287.jpg
入れ歯「20~25万」

 

入れ歯は親父の技工室にあった村岡秀明先生の本で勉強をしました。

  

後は、上手な入れ歯士(技工士)に作ってもらうことで、

専門外の歯科医師でも何とか咬めるものが作れています(・ω・)ノ

  

 

前歯綺麗に治ってよかったです。

2017 EEdental AS .jpg

ホント技工物(セラミック・入れ歯)は上手な技工士頼りです!(・з・)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

奥歯のレジン治療 全顎治療

「銀歯からレジン治療で白く自然な感じで」

http://eedental.jp/ee_diary/2017/08/post-1635.html 

 

術前⇒術後

2017 EEdental IM(7) .jpg

レジン治療12本 

セラミックブリッジ(ジルコニアベース)

 

OA3とクリアーレジンで見事に歯の色にマッチしました(笑)

 

 

定期的にメンテナンスに通ってくださいね( ・ω・)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

銀歯からレジン治療で白く自然な感じで

術後っす! 

2017 EEdental IM(5) .jpg

2017 EEdental IM(6) .jpg

セラミックブリッジ:1ユニット

レジン治療:12本 *レシピ:OA3+クリアー(+XW 乳歯色

 

術前写真はまたそのうち

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> EEデンタル こだわりアーカイブ

購読
Powerd By

Return to page top