Home> 井野セミナー 案内 > 第0回「顕微鏡レジンハンズオンセミナー」おつかれさまでした!

第0回「顕微鏡レジンハンズオンセミナー」おつかれさまでした!

日曜日に第0回 「顕微鏡レジンハンズオンセミナー」

が無事終わりました!

  

まず、多くの会社に協賛頂きセミナーを行うことができました。

・クラレノリタケデンタル

・カボ デンタルシステム

・トクヤマデンタル

・マイクロテック

・Ciメディカル

・ジーシー

・アルファー工房

 

ありがとうございました! 

 

 

 

セミナー室を作りかけのばたばたした中

DSC01801.jpg

ハンズオンセミナーを行いましたが、

IMG-6713.jpg

受講して頂いた先生からも

「大変よかった!」とアンケートを頂き一安心

  

U先生からのメールでは

嫁さんに過去のハンズオンで一番良い感じ」と言われたようです(笑)

 

 

セミナーの目標は、

コンサルタントのいう「口先だけの自費治療」ではなく、

患者さんも喜ぶ『技術を伴った自費治療』マスターです。

1級はよりリアル感を出すレジン充填

2級は段差のないレジン充填
 

で、セミナー後これをすぐに実践してくれ、  

昨日メールで頂いた「W先生」のセミナー受講後の一症例

w.jpg
さすがですね「グッド!」です。

 

目標は

「1級:受講後1週間後から自費メニュー」に

「2級:1~3カ月徹底的に手技を磨き、2~3ヶ月後から自費メニュー」に

 

W先生のように、ここまで出来れば1本5~6万はチャージしても全然いいと思います。   

「質」を伴わない治療を何度繰り返しても、技術の上達はないですし臨床の気づきも少ないですから、自費治療化して費用をチャージする分とことん「質」にこだわるべきかと私は思います。 

(銀が白くなれば自費治療ではダメだと思います) 

  

 

来年の正式な第1回コースは、これを1日でマスターしてもらいます。

多少、顕微鏡レジン充填を何度か経験してきてもらえると、気づきが大きいセミナーにしたいと思っています。

ですので、顕微鏡ユーザー(歯科医院に顕微鏡がある先生)であることが前提条件です。 

 

 

さて、今回の会で出た意見、私が思ったことを

受講生の意見

1位:もっと充填したい!(懇親会なくてもいいので充填の時間を長くしたいとのこと(⇒改善します

2位:後ろの席だとスクリーン、モニターが見にくい(⇒改善します)

3位:明日からすぐにやりたいので使った材料が欲しい(費用を出して買ってもいいのですぐに臨床導入したい⇒改善してもらいます

*レジンや充填器は事前に購入希望か聞いてもいいかもしれません。

追記:

今回材料屋さんに申し込むと時間がかかってスグに出来なかった。

 

 

私の意見

①:1回開催で8人が限界!(会場の広さ1人1人への実技アドバイスを行うには10人は無理でした)

②:結構疲れるので年3回が限界(Bikozu:あんまり日曜に仕事したくない)

 

改善点は多くあるので第0回セミナーを叩き台にして、

第1回はより実習時間を取り、滞りなくセミナーを進めたいと思います。

第1回の募集は

http://eedental.jp/ee_diary/2018/08/post-1798.html

講演日当日からとなります。

  

また、2019年は年に3回を予定しており、1回に8人で合計24名の募集となります。

  

 

たぶんバナゴン貯金の金額が貯まるまでか、

VW.jpg

飽きてやらなくなるかまでとなります。

器材も買ったし3年ぐらいは年3回開催(8人×年3回×3年=72名)すると思います。 

 

CR/Endodontist(クレドドンティスト)が行う

2019年 顕微鏡レジン

・顕微鏡で行う精度の高いレジン充填をマスターしたい先生

・レジンの自費化検討中の先生

・便宜形態に疑問を感じる間接法から直接法に移行したい先生

は、

 

よろしければ来年ご参加ください。
 

 

日曜日参加して頂いた先生、お疲れ様でした。

また貴重なご意見ありがとうございましたm(_ _ )m

 

Index of all entries

Home> 井野セミナー 案内 > 第0回「顕微鏡レジンハンズオンセミナー」おつかれさまでした!

購読
Powerd By

Return to page top