Home> 歯内療法日記 > EEデンタル2018年 歯内療法専門医 根管治療傾向

EEデンタル2018年 歯内療法専門医 根管治療傾向

EEデンタル2016年 歯内療法専門医 根管治療傾向

http://eedental.jp/ee_diary/2017/01/ee2016.html 

2017年

http://eedental.jp/ee_diary/2018/05/ee2017.html

 

 

と同じ内容で、

1月にスタッフに集計してもらったのですが、

今年も放置してしまい、忘れていました(笑)

 

2017年 根管治療総本数:144本

抜髄:19本(前歯2本 小臼歯5本 大臼歯 12本)

感染根管:125本(前歯40本 小臼歯22本 大臼歯63本)

 

*治療本数は去年が186本⇒144本と2割程度減っています。

ここ数年で歯内療法歯科医院が増えてきているので相対的に減っているのかと思います。

去年の講演でも話させてもらいましたが、

保険医療機関での自費根管治療が禁止されない限り、歯内療法専門医だけで歯科医院経営するには厳しい環境かと思います。

私が開業した2007年前は「自費で歯内療法!?何考えてんだお前!!」みたいな風潮だったのですが。。。 

http://eedental.jp/ee_diary/2011/02/post-243.html 

 

数年前に厚生局に電話で「保険医療機関での自費根管治療ってありですか!?」

と尋ねたら「保険と自費の線引は時代時代で変わるので何とも言えない」

と超曖昧な回答を頂きました。

   

さて、話を戻して 

 

【外科】 

外科的歯内療法:12本

ヘミセクション・トライセクション:0本

【レスキュー】 

パーフォレーションリペア:10本

ファイル除去:9本

 

MTA根管充填:81本

感染根管で根尖径が#50以上のものに行っています、抜髄でのMTAの使用はまずしません。

 

【自分のエラー】

フレアーアップ:0本 

極端に少ない年となりました。 

*フレアーアップは間違った根管治療をしていると発現頻度が多くなるので、今の術式は大きく間違えたことをしているようではなさそうです。

 

私が起こした「ファイル破折」:2本(←ゼロにしようとは思っているのですが・・・)

私が起こした「パーフォレーション」:0本(←顕微鏡を使用すればそんなに起こるものではありませんね)

  

 

治療回数:平均約2回

前歯  1回37本 2回4本 3回4本 4回1本 5回3本

小臼歯 1回15本 2回7本 3回0本 4回1本

大臼歯 1回17本 2回40本 3回7本 4回3本 5回1本 6回1本 7回1本

約9割の歯は3回以内での通院、約1割の歯が4回以上の通院回数となっています。

  

 

例年とおおよそ同じ傾向だったかと思います!(・ω・)

Index of all entries

Home> 歯内療法日記 > EEデンタル2018年 歯内療法専門医 根管治療傾向

購読
Powerd By

Return to page top