Home> なんとなくレジン > 中途半端な歯科治療は害になることもある・・・

中途半端な歯科治療は害になることもある・・・

前歯のクイック矯正(セラミッククラウンで見た目を治す)などが代表的なものですが、

治療をしていると、この治療しなかった方がよかったんじゃない!?

と思える治療にたまに遭遇します。

 

 

偉そうに言っていますが、私の治療はなるべくそうならないようにはしているつもり・・・

です(p・Д・;)

 

 

今回の患者さんのおっしゃる不快感

・フロスが引っ掛かる、

and

・物が詰まりやすい

and

・歯間ブラシを入れる度に血が出る、(抜いた歯間ブラシが臭い)

and

・たまに歯茎が腫れてくる、

and

・違和感がたえずある

のがコチラ↓

EEdental ta (4).jpg

2本の銀歯

 

上から見ているとさほど大きな問題はなさそうなのですが、

レントゲンで診てみると、

EEdental ta (1).jpg

それは、それは・・・

問題がてんこ盛り!(ノω< ) 

 

患者さんに説明したもの

EEdental ta (2).jpg

問題のスタートは歯と歯の間に虫歯を作ってしまいインレー(銀歯)による治療を行う。

1、銀歯が全然合っていない 

⇒ 銀歯の段差に汚れが毎食詰まる

そうなると ⇒ プラークが停滞する(菌によって臭くなる)

そうなると ⇒ 汚れが取りにくい形状なので、日に日に汚れが歯石に変化

そうなると ⇒ 歯茎が腫れてくる、炎症で血が出る

 

また、銀の下にプラークが長く停滞することで2次カリエス(2次虫歯)に・・・

 

 

全ての根源は合っていない銀歯を入れたことによりスタートしている不快症状なのですヽ(´Д`ヽ)

 

 

その不適合な銀歯を外し、歯茎の中の歯石を取り、レジンで治療を行い

EEdental ta (3).jpg

このように段差のない白い歯に戻しました(^ω^ )/

 

 

患者さんは治療すれば、元の状態に戻ったかのような錯覚に陥りがちですが、

治療はあくまでもリペアであり、どんな材料を持ってきても人工物で補っている程度のものです。

 

 

ただ、治療したことにより病的な状況を作っているケースもありますので、注意してくださいね!(*`・з・)ノ

 

今回のケースは2週間もしっかり歯磨きしてもらえれば、健康な状態に回復すると思います。

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> なんとなくレジン > 中途半端な歯科治療は害になることもある・・・

購読
Powerd By

Return to page top