Home> なんとなくレジン > 取れても神経保存で三度、レジンでトライ!

取れても神経保存で三度、レジンでトライ!

以前何度かブログにさせてもらった千葉県の女の子

 

2013年6月(外傷1回目)

http://eedental.jp/ee_diary/2013/06/post-792.html 

ここまで大きく前歯が折れても神経の保存は可能なのか!?

http://eedental.jp/ee_diary/2013/11/post-868.html 

↑2013年10月(外傷2回目)

 

 

そして、

2014年8月

食事をしたらレジンが取れてきたそうです。

EEdental hir1 (2).jpg

 

あらら、(p・Д・;)

 

幸い神経の方は前回のように露出していませんでしたので、

レントゲンで神経が無事か確認して、

EEdental hir1 (3).jpg

残ったレジンが神経をカバーしてくれています。

EEdental hir1 (4).jpg

 

 

お父さんに説明をして、神経の保存を考えたいとのことでしたので、

もう一度レジンで詰めてみることにしました。

 

 

治療すること1時間半

EEdental hir1 (8).jpg

 

  

前回の2回目の外傷時の所見がこれ(神経が露出しています)

EEdental hir1 (1).jpg 

前回は、この状態でレジンを支えてくれる部分が今回取れた歯はないので、

使っていれば接着面に疲労が起こり取れてきても不思議ではありません。

 

 

普通は神経を取ってしっかりした土台を入れ被せ物で綺麗に治すケースかもしれませんが、

10歳の女の子ですし、この年齢で神経を取ってしまうと一生歯が持たないので、

今は神経の成長を待ちたいので、取れること前提でレジン修復!と考えています。

(当然、取れない方がいいのですが、食事の為に咬んで使っていれば、そら取れますよ( ̄Д ̄;))

 

  

女の子が成人になりセラミック治療を希望されれば、その際に神経の治療などを行って、内側性の維持に頼ればいいかなと思っています。

 

 

所詮、どこまでつき詰めても歯の修復は義足・義手の類の人工物でのリペアでしかありませんが、

その歯が長く持つにはどうすればいいか考える歯科医院でありたいと思います。

hira.jpg

 

後、10年!

何とか持ってくれないかなぁ~d(・ω・ )

 

 

幸い今の所、神経の方は無事に経過しています。

hira2.jpg

 

 

外傷歯の覆髄法

http://eedental.jp/ee_diary/2011/04/post-274.html 

小児の外傷歯

http://eedental.jp/ee_diary/2012/08/post-585.html 

 

私は小児・外傷の治療は専門ではありませんが、神経の専門なので極たまにしています( ̄ω ̄;)

Index of all entries

Home> なんとなくレジン > 取れても神経保存で三度、レジンでトライ!

購読
Powerd By

Return to page top