Home> なんとなくレジン > セラミッククラウンorダイレクトベニア!?

セラミッククラウンorダイレクトベニア!?

前歯の隙間を治したいという患者さん

eedental ku (2).jpg

話を聞くと、

1、あまり歯を削る方法は嫌!(私もすきっ歯の治療で歯を削る必要はないかと思います)

2、真ん中の隙間を埋めたい

3、側切歯が生えてなく、犬歯のとがった部分が気になるのとその空間が気になる

 

その希望を聞き、技工士さんにシュミレーションしてもらいました。

(セミナーや講演に行くとシュミレーションは自分でやりなさいと言われますが、どう考えても技工士さんの方が上手なので私はやっていません・・・)

DSC00068.jpg

どうやら、このぐらいの隙間であればレジンで十分治療は可能なようです(っ・∀・)っ

今回のポイントは犬歯をいかに側切歯に見せるか!という所です。

言わば、(側切歯+犬歯)÷2=側犬歯 を作る(具体化する)必要があります。 

模型ではバランスよくできそうなので、患者さんの了解を得て治療に

 

術前⇒術直後

EEdental ku.jpg

2時間近くかかったので歯の色が白く見えますが、

次の日の朝には色ももう少し調和していると思います(・∀・)

今回使用したレジンは全てフロアブルレジン、

・マジェステーLV OA2、

・マジェステーLV OA3

・マジェステーLV 乳歯色

・マジェステーES A1

・エンプレス フロー トランス30

・カラープラス ホワイト

の6色を使用

最近は前歯にはフロアブルレジンしか使用していませんね(-`ω´-,,)

 

模型との比較

EEdental ku (5).jpg

  

以前、高橋先生が「レジン充填を行う時は時間にゆとりがないといけない」と話されていましたが、

その通りだと今回思いました。

 

一応治療枠は2時間半取っておいたのですが、4本のダイレクトは久しぶりで、

ゆとりの中で必死にレジン充填をおこないました(p・Д・;)

(たぶん上手な先生は1時間ぐらいで仕上げれると思います)

  

 

次回、形態修整、最終研磨を行い終了です(´・ω・)ノ

Index of all entries

Home> なんとなくレジン > セラミッククラウンorダイレクトベニア!?

購読
Powerd By

Return to page top